name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
資格価値
日時: 2012/03/19 09:56:50
名前: 鳥人

スレ立て失礼します。
ご意見いただければ幸いです。

先日、某本屋で医学書籍コーナーを見ていたところ
『絶対に役立つ!ナースのための最強の資格85』という本を見つけ立ち読みしていました。

そこには内視鏡や透析、呼吸などの認定資格のほか、専門看護師の資格などが書いてありました。
そして、そこに並んで『臨床工学技士』の文字が…。

我々の『臨床工学技士』という資格は、看護師が『サブ的に持っていると良い』という程度の資格なのでしょうか。
『単独としての資格価値が低い』と書かれているようなものではないですか?

施設ごとに、他職種から見た臨床工学技士の価値や認識にバラつきがあること、そしてそれは各施設ごとの臨床工学技士が努力し上げていかなければならないことだ、とは思います。
しかし、この本のように公に『サブ資格だ』と書かれると、末端で臨床工学技士の価値や認識を上げようとしている人間を踏みにじる行為に感じられて仕方ありません。

また、それに対し何も言わない技士会に対し、疑問と怒りを持っています。なんのための技士会か…それともこれを“有り”と考えているのか…?と。

冷静なご意見、ご感想が聞ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Page: 1 |

Re: 資格価値 ( No.1 )
日時: 2012/03/19 23:35:49
名前: ととろ

はじめまして。
私は本日、透析室ではないが某部署の師長に「MEって透析の穿刺していいの?」っていわれました・・・。
NsにMEについて聞いたことあるんですが看護師は何でもできる。MEにできて看護師にできないことはない(資格的に)ということで完全に自分達より下の立場の人達って思ってるようですよ。
ちなみにその方、准看護師ですがね。
実習も少ない准看護師は臨床工学技士自体知らない人、まだまだいますよ。
当院では「臨床工学士」「臨床工学師」「透析技士」いろいろな言われ方してます。
Re: 資格価値 ( No.2 )
日時: 2012/03/20 14:07:25
名前: soman

鳥人さんのご意見は、私も基本的には同意見です。
私は、ラッキーなことに他職種の方で臨床工学技士について自分たちより下に見ているといったことを感じる方と仕事をしたことがありません。しかし、そのような話は数多く聞きますし、そのような現実もあると思います。

鳥人さんのおっしゃられているように、一般的に販売されている本にそのような書かれているのは、非常に残念ですし間違っていますよね。
まず「公」というのは、おっしゃりたいことは分かりますがこの「公」をどこまで指すかも問題かもしれません。以前先輩から「国家試験の問題の中に臨床工学技師という文字があったぞ」といった話も聞いたことがあります。ととろさんの書かれているような資格の名称間違えは、どこにでもあるかもしれません。技士会からするといちいち全ての本について、訂正するのは無理だと考えているかもしれません。
鳥人さんにお聞きしたいのですが、
>また、それに対し何も言わない技士会に対し、疑問と怒りを持っています。なんのための技士会か…それともこれを“有り”と考えているのか…?と。
これは、本に対しての技士会への要望だと思いますが、技士会へは出版社へ訂正や謝罪をするよう連絡して欲しいと事務局等へ連絡していますでしょうか。技士会へのアプローチは、結構大変なので所属されている都道府県技士会の代表の方から、総会等で意見を出すしかないかもしれません。したがって、既に販売されているものであれば、それを回収するといったことにもならないと思いますし、新聞のように訂正広告を入れるわけにもいかないかもしれませんね。もし、連絡をしているにもかかわらず、全く動きがないということでしたら、技士会の動きが悪いと言うことでしょう。
後はご自分で、出版社へ問い合わせをしてみましたでしょうか。公的な技士会から問い合わせるのが影響力が大きいと思いますが、ご自分でも、悔しい思いをされたらご自分でも問い合わせとしてみてはいかがでしょうか?出版社もそんなことにはとりつがないかもしれませんが・・・もし、ご自分でも問い合わせをしているということでしたら、私の意見は聞き流してください。
はじめにも、記載しましたが当然このような間違った書かれ方をするのは、非常に心外ですので訂正して欲しいものです。しかし、やはりまだ一般からはマイナーな資格かもしれませんが、少しずつ一人一人の努力で認知度や地位向上も広がっていることは事実だと思います。ととろさんのおっしゃるような状況もあることもまた、事実です。こういうのは、時間が掛かるものですね。しかし、事故等が起これば信頼は、すぐに崩れます。責任と権限に付いても、技士会等で是非検討して頂けることは望んでいます。(話がずれてしましました・・・)
Re: 資格価値 ( No.3 )
日時: 2012/03/20 22:55:02
名前: 鳥人

>とろろ さん
ご意見、ありがとうございます。
私の周りは、こちらを下に見る人も上に見る人も両方います。
『自分達の知らないことを知っているから上』『自分達のできることができないから下』なのだとか・・・。
バカバカしい話ですよね。お互いそれぞれの専門家としてベースに持っている知識・技術に差があって当たり前なのに・・・。

個人的には、あんまり良くは無いのかもしれませんが、『臨床工学技士』という文字の表記間違いはあまり気にする方ではありません。TVドラマでの表記ミスを日臨工が・・・という話を聞いて笑ってしまった方です、すみません。
ただ、独立職種として否定する、ダブルライセンスを推奨するような表記には怒りを感じます。

>soman さん
基本的に同意していただき、また、建設的なご意見もいただき、ありがとうございます。
出版社、総会・・・一瞬頭をよぎりましたが、私自身そこまで自分の意見に自信を持っているわけではありません・・・。
私が感じた疑問や怒りが、一般的な考え方から逸脱したものかそうでないかを知りたいと思い、スレ立てさせてもらいました。

たしかにおっしゃる通り、出版物の表記をいちいち検査し指摘して行くのは無理な話だと思いました。
ただ、これはただの表記間違いではなく、独立職種としての存在を否定し、ダブルライセンスを推奨している表記ではないでしょうか?
『看護師が持っていると良い二つ目の資格』と書かれてしまっている状況・・・技士会は知らないだけなのか、もしかしたらこれを“有り”と考えているのでしょうか・・・?
Re: 資格価値 ( No.4 )
日時: 2012/03/22 22:51:21
名前: soman

鳥人さん、コメントありがとうございます。

>私が感じた疑問や怒りが、一般的な考え方から逸脱したものかそうでないかを知りたいと思い、スレ立てさせてもらいました。
決して逸脱している考えでは無いと、私は言えると思いますしごもっともなご意見だと、ほとんどの臨床工学技士は感じていることと思います。

>『看護師が持っていると良い二つ目の資格』と書かれてしまっている状況・・・技士会は知らないだけなのか、もしかしたらこれを“有り”と考えているのでしょうか・・・?
技士会の回し者ではありませんが、さすがにそんなことは思っていないと思いますが・・・私の考えが甘いのでしょうかね。
やはり、技士会から出版社へ指摘してもらうのが、一応筋だとは思いますね。

私は天然のお人好しなので、そう書かれるのは自分の努力不足だな・・・と納得してしまう方なので、鳥人さんのようにアグレッシブな姿勢を見習おうと、感じました。
刺激を頂き、感謝しています。
ありがとうございます。
Re: 資格価値 ( No.5 )
日時: 2012/03/31 14:08:32
名前: イカワタ大好き


逆に言うと、検査技師・放射線技師等よりも、CEの方が持っていると役に立つという事になります。それだけ看護師にとって身近な存在になってきたのではないでしょうか。私が就職した頃は、「CE?何それ、役に立つの?」って感じで、「とりあえず准看っ取ってきて。」と言われ、准看護学院へ通うのが就職の条件でした。准看取れてラッキーな部分もありましたが、その分屈辱も味わいました。
あと、看護学校卒業して、あと一年で取れる医療国家資格はというと、CEしかないのでは?(違っていたらすみません)これがサブ的に取れる手ごろな資格と思わせる原因かと思います。

私はCEと准看護師のダブルライセンスですが、看護師がCE持っているより、CEが看護資格持っているほうが、役に立つのではないでしょうか。この場合、CEがメインで看護資格はサブです。
2つ以上資格を持っていると、メイン以外はサブとしてみてしまいます。

看護師で威張っている人がいるようですが、看護師だから威張っているのではなく、個人の性格だと思います。(と思いたい)CEでも威張っている人いますから。

私は看護師もCEも資格価値は同じで、立場も「対等」だと思っています。なので、看護部の圧力に、日々「こんにゃろう!」と思いながら仕事しています。
Re: 資格価値 ( No.6 )
日時: 2012/04/02 11:22:40
名前: ジョニー

臨床工学技士がドライバーを持っている姿を見ている看護師はなりたいとは思わないです。臨床しかしていない技士を見ていれば「私でもなれる」と思うでしょう。以前、国家資格取得が経過処置だったころ、ある看護婦が言いました。
「電気、機械が苦手な私でも取れたわ!!」。みなさんどう思います。問題はここではないでしょうか。

Page: 1 |