管理人の気まぐれ(^^ゞ日記

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用] [最初〜日記ログ一覧 ヤバイです。管理人の性格が・・・]

  ネットで見つけた話 「上司とソリが合わない人必見!」
2014年02月23日 (日)

hare.gif 上司となぜかソリが合わない、上司からなぜか嫌われることが多いなら、こんな共通点に自分があてはまっていないか、一度自分を見直してみてはいかがでしょうか? もしかすると、上司が嫌がる人のこんな共通点を持っているかもしれませんよ・・・という文章を見つけた。とてもいいポイントをつかんでいると思うので備忘録として残しておくことにした。

■仕事ができないのは、他人の責任だと思っている

いい仕事ができなくて悩んでいる真面目な人もいれば、いい仕事ができないのは「誰かのせい」だと考え、それをいいことに「できないのはしょうがないことだ」と、努力を怠る人もいます。実力がないのにそれに気付かず言うことは一人前・・・そんな部下は、やはり上司からは嫌われやすいもの。

環境は自分で変えるのが難しいものですが、どんな環境でも工夫ひとつで、少しでも仕事がこなしやすくなったり、スピードアップがはかれたりするもの。仕事とは、そんな工夫の積み重ねといえます。環境が悪いのではなく、自分の工夫が不足しているのかもしれないと考えて、少しでも「いい仕事」の実現に挑みましょう。

■本当は仕事に興味がないくせに、発言だけは一人前

仕事中、ほとんどの時間を上の空で過ごしている癖に、他人のミスとなると喜々として指摘したり、他人の失敗をあげつらったりするのに一生懸命な人も、やはり上司からは嫌われやすいもの。こんな人に限って、したり顔で上司にすり寄ってくるため、困ったものです。

他人のミスや他人の失敗にしか興味がない人は、裏を返せばそれだけ自分に自信がないということ。最初から「努力なんて意味がない」と努力を放棄しており、それを証明するために、努力する他人の足をひっぱるのです。こんな人は、相手にするだけ時間のムダと思われがち。他人のミスより、自分を見直す癖をつくりましょう。

■失敗したのに黙っている、ミスを見なかった振りをする、反省できない

明らかに「やっちゃった……」と青ざめた顔をしているのに、何もなかった振りを装おうとする人や、同僚とひそひそ相談するだけで、自分には何も言ってこないような人も、上司からの信頼を失いがちです。

報連相を怠ると、ただでさえ小さくない問題やトラブルが、さらに大きくなってしまいます。それを処理するのは他でもない上司でしかないのに、「怒られるのが怖い」「ミスを知られるのが嫌だ」という自分本位の考えで、問題やトラブルをなかったことにしようとする、こんな部下の行為は、上司から見ると許せない行為です。後で恐ろしいことになることが多いため、「やっちゃった」ときはすぐに上司に報告しましょう。

■チームワークよりもプライベートを大切にする

大きなプロジェクトに取り組むときなど、チームワークで一丸となって仕事に当たらなければならないときに、一人だけプライベートを大切にして、昼休憩の時間にうるさかったり、チームメンバーが気に入らないと文句を言ったりする人は、やはり嫌われやすいもの。
会社という組織にいる以上は、チームで動くのが当たり前。チームワークをないがしろにしていると、孤立無援の状態に追い込まれやすいので、ぜひ注意してください。

■口は災いの元

同僚や他部署の人にこそこそと上司の悪口を言いふらす人。こういうつまらない話は絶対に上司の耳に入ります。ましてや飲んだ席での悪口は本心だと思われるので致命的です。そういう人は絶対に信頼されないので出世どころか立場が危うくなります。文句を言わずにまじめに働くことです。

上司に嫌われやすい人は、同僚からも嫌われやすく、あっという間に職場に味方がいなくなった……なんてことにもなりがちです。

上司・部下の間柄とはいえ、それもひとつの人間関係。ぜひこんな嫌われる共通点があるなら、日頃の態度を改めてみましょう。

という内容でした。自分を省みて客観的に自分を見つめ直してみることも大切だと思います。私も然り・・・

- WebCalen -