News & Topics

2017.06.29

実験参加者募集(高校生)

小池研究室では高校生の研究協力者を募集しています。

 

東大駒場キャンパス(京王井の頭線駒場東大前駅下車すぐ)にて1時間(アンケート回答とビデオ教材の視聴)の予定で、謝金は3,000円になります。

 

現在、以下の集合時間で研究参加者を募集しています。


平成29年7月24日(月) 13時, 13時30分, 14時, 14時30分, 15時, 15時30分, 16時

 

平成29年7月26日(水) 10時, 10時30分, 11時, 11時30分, 12時, 12時30分, 13時

 

 

参加希望の方は、氏名、性別、年齢、生年月日、メールアドレスを、

 

skoike-adm@umin.ac.jp

もしくは

skoike.adm@gmail.com

 

までお送りください。ご応募をお待ちしております。

 

<注意点>

・6月に行った研究の一部を実施するため、すでにご参加いただいた方は今回ご応募いただけません。

 

・また、多くの方のご協力が必要となりますので、ぜひ周りの方にもお声がけいただけますと幸いです。

—————————-
同様の内容でFacebookページにも投稿しています。
Facebookを使用されている方は、ぜひ「シェア」ボタンから周りの方へ広めていただけますと幸いです。
Facebook URL

 

また、同じくTwitterでも同様の投稿をしています。
こちらも使用されている方は、ぜひ「リツイート」ボタンから周りの方へ広めていただけますと幸いです。
Twitter URL

—————————–

 

2017.06.23

Daeyeol Lee先生ご講演

Daeyeol Lee先生(Yale大学)による意思決定の神経基盤に関するご講演が下記の要領で開催されます。
比較的、一般向けにお話をしてくださる予定ですので、学部生の皆さまもぜひご参加ください。

 

第十回山川健次郎記念レクチャー

 

平成29年7月19日(水)17:00~19:00
東京大学本郷キャンパス 法学政治学系総合教育棟404教室

 

Reward and Uncertainty in the Prefrontal Cortex

 

Daeyeol Lee, PhD
Dorys McConnell Duberg Professor of Neuroscience and
Professor of Psychology and of Psychiatry, Yale University

 

詳細はこちらから

2017.05.25

研究課題「バーチャルリアリティー技術を用いた気分変化調査」 の軽微修正

研究課題「バーチャルリアリティー技術を用いた気分変化調査」 にご協力いただいた皆様

 

・ 個人情報保護法および厚生労働省倫理指針の改訂に伴い、本研究の倫理審査書類を一部改訂しました。

・ 未成年の研究参加者について、研究参加者本人のみならず、その親権者または未成年後見人も本研究の同意が撤回できる旨を明記しました。

・ 今後、当該倫理委員会が認めた、解析目的の追加や解析研究機関の追加など、軽微な変更については、研究参加者の皆様から再度文書で同意を得ることなく、変更内容を当研究室のHPに随時掲載して、周知することとしました。

 

改訂された研究説明文書は、添付PDFの下線部分になります。

ご協力、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

研究責任者 小池進介

2017.05.25

研究課題「当事者インタビュー動画のスティグマ軽減効果」 の軽微修正

研究課題「当事者インタビュー動画のスティグマ軽減効果」 にご協力いただいた皆様

 

・ 個人情報保護法および厚生労働省倫理指針の改訂に伴い、本研究の倫理審査書類を一部改訂しました。

・ 未成年の研究参加者について、研究参加者本人のみならず、その親権者または未成年後見人も本研究の同意が撤回できる旨を明記しました。

・ 今後、当該倫理委員会が認めた、解析目的の追加や解析研究機関の追加など、軽微な変更については、研究参加者の皆様から再度文書で同意を得ることなく、変更内容を当研究室のHPに随時掲載して、周知することとしました。

 

改訂された研究説明文書は、添付PDFの下線部分になります。

ご協力、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

研究責任者 小池進介

2017.05.25

研究課題「社会関係の発展が精神疾患の予防につながることを検討する縦断研究」 の軽微修正

研究課題「社会関係の発展が精神疾患の予防につながることを検討する縦断研究」 にご協力いただいた皆様

 

・ 研究代表者の異動に伴い、研究代表者等を改訂しました。

・ 個人情報保護法および厚生労働省倫理指針の改訂に伴い、本研究の倫理審査書類を一部改訂しました。

・ 未成年の研究参加者について、研究参加者本人のみならず、その親権者または未成年後見人も本研究の同意が撤回できる旨を明記しました。

・ 今後、当該倫理委員会が認めた、解析目的の追加や解析研究機関の追加など、軽微な変更については、研究参加者の皆様から再度文書で同意を得ることなく、変更内容を当研究室のHPに随時掲載して、周知することとしました。

 

改訂された研究説明文書は、添付PDFの下線部分になります。

ご協力、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

研究責任者 小池進介

2017.02.20

HPを更新しました。

主にメンバー、業績について、アップデートしました。

2016.11.10

偏見・差別を是正するビデオ作成に協力していただける若い当事者の方を募集しています。

http://plaza.umin.ac.jp/~UTIDAHM/ishigaki-koike/mental-health/video/

 

小池研では、当事者の方が精神疾患からの回復までの道のりを語ったメッセージビデオを作成し、そのビデオを広く公開し、10代や20代の若者を中心に精神疾患に対する偏見の是正と知識の普及に貢献したいと考えています。

2016.11.10

偏見・差別を是正するビデオ作成に協力していただける若い当事者の方を募集しています。

http://plaza.umin.ac.jp/~UTIDAHM/ishigaki-koike/mental-health/video/

 

私たちは当事者の方が精神疾患からの回復までの道のりを語ったメッセージビデオを作成し、そのビデオを広く公開し、10代や20代の若者を中心に精神疾患に対する偏見の是正と知識の普及に貢献したいと考えています。

2016.10.21

新・社会心理学コロキウム 11月25日(金)

新・社会心理学コロキウム「本郷-駒場合同セミナー」のご案内です。
事前の登録などは一切不要で、自由にご参加いただけます。

 

――――――――――――――――――――――――――――――
平成28年度の3回目となる今回のコロキウムでは、International Congress of Psychology 2016を通じて絆を深めた総合文化研究科・認知行動科学・長谷川研究室(駒場)と人文社会系研究科・社会心理学研究室(本郷)の2研究拠点が、合同セミナーを開催します。セミナーでは、それぞれの拠点で展開されている、今が「旬」のカッティングエッジの研究について、忌憚のない活発な議論が行われます。トークとポスターの2セッションを通じて両拠点間の研究交流を進め、分野の壁を超えた連携について洞察や示唆を得ることが目的です。どうぞ奮ってご参加ください。

 

◆日時:11月25日(金)午後1時~5時45分
◆場所:東京大学本郷キャンパス 法文2号館 教員談話室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html
◆プログラム: 以下からご確認ください。
http://www.utokyo-socpsy.com/events.html

2016.09.16

9月22日シンポジウムについて

UTIDAHMシンポジウム「学際的人間行動科学研究の新展開」

について、詳細をお伝えいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

とき: 2016年9月22日(木・祝) 13時より17時まで

ところ: 東京大学 本郷キャンパス 医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂

 

式辞

13:00~ 開会挨拶 来賓祝辞
13:20~ 講演

  1.  「モデル生物研究から心を生み出す神経基盤を探求する」 榎本和生(理学系研究科)
  2.  「時間の知覚と皮質間ネットワーク」 四本裕子(総合文化研究科)
  3.  「精神疾患へのスティグマ」 小池進介(こころの多様性と適応の統合的研究機構)
  4.  「開発経済学におけるフィールド実験の革命」 澤田康幸(経済学研究科)
    16:10~  ポスター発表
    16:40~  閉会挨拶 ポスター賞表彰

UTIDAHMでの研究の推進

イメージ

東京大学こころの多様性と適応の統合的研究機構(UTIDAHM)では、こころに関する分野横断的な研究「こころの総合人間科学」を推進しています。
シンポジウムの主催や共催、国際交流や国際共同研究を通して、「こころの総合人間科学」の研究分野としての発展と国際拠点の形成を進めています。

駒場キャンパス研究用MRI機器の利用について

駒場キャンパス研究用MRI機器の利用について

平成27年より総合文化研究科付属進化認知科学研究センター運営のもと、研究用MRIが稼動し
ています。
神経科学、精神医学、心理学など、様々な分野の研究者が利用しています。
東京大学所属の方であれば、申請と審査の後、どなたでも利用することが可能です。
利用希望の方はリンク先をご覧ください。

駒場キャンパス研究用MRI機器の利用について

石垣・小池研

石垣・小池研は、平成28年4月に新しく開設された研究室です。
東京大学こころの多様性と適応の統合的研究機構(UTIDAHM)の理念に沿った分野横断的なこころの科学研究を実施しています。

石垣・小池研

社会的発達と適応、その多様性についての研究

ロンドン大学(英国)、タンペレ大学(フィンランド)など国内外の機関との共同研究により、社会性の非定型発達や文化差、多様性に関する研究を行っています。
自閉スペクトラム症の児童、成人の方々を対象にした研究は2004年から継続しており、現在も武蔵野東学園、茨城大学、東京学芸大学などとの共同研究により実施しています。
様々な社会的特性を見せる人たちがそれぞれこの世界をどのように捉え、どのように感じているのか、まずは科学的知見を通して理解したいと考えています。

社会的発達と適応、その多様性についての研究

PAGE TOP

Copyright © UTokyo Institute for Diversity & Adaptation of Human Mind [UTIDAHM]. All rights reserved.