PHISEM

News & Topics

2017.03.24

H29 PHISEM説明会(駒場)の教室が1312に決まりました

4月20日木曜16時50分より開始予定の、H29 PHISEM説明会(駒場)の教室が13号館1312に決まりました。1号館となっていますが、13号館です。よろしくお願いいたします。

2017.02.20

HPを更新しました。

平成29年度のPHISEM体制について更新しました。

4月13日、20日の本学学生向け説明会について、掲載しました。

2017.01.11

こころの総合人間科学演習について

こころの総合人間科学演習の詳細が以下のように決まりました。履修登録していないが、参加したいという方は歓迎いたします。

(履修になるかどうかは各学部の教務課にご相談ください。単位認定に必要な手続きを小池までご教示ください)

 

演習の目的: 受講者自身の研究発表を行い、所属の異なる学生同士での意見交換を通して他学部・分野の実際を知り、こころの多様性と適応についての多面的な視点を得ることを目指す。こころの総合人間科学のほかの講義(概論、特論)と連携して、相互理解を深める。

 

とき: 1月30日月曜~2月2日水曜 10時~16時ごろ
上記のうち、半日程度は空きあり
途中、臨床発達精神医学実習の発表あり

 

ところ: 東京大学本郷キャンパス

 

成績評価: 演習への参加、発表1件、発表者への質疑応答

 

発表: 口頭(スライド可)30分、質疑応答30分
前提知識がない学生にもわかりやすく説明できるように
卒業論文発表でも、研究計画でも、レビューでも可能

 

発表内容: 学部2,3年生 今後行う卒業研究の計画について (たとえば、こころの総合人間科学教育 プログラムで履修した内容を参考に)

 

学部4年生,大学院生 これまで実施した研究と、今後の方針について

2016.07.26

平成28年度臨床発達精神医学演習のガイダンスについて

平成28年度 臨床発達精神医学演習のガイダンスについて、詳細が決まりました。履修予定の方で、まだガイダンスに参加されていない方はいずれか1回にご出席ください。

こころの総合人間科学

2016.07.09

ホームページをUTIDAHM内に移動し、改訂しました。

PHISEMの概要

「こころの総合人間科学」Program for Human Integrative Science and Education of Mind (PHISEM) は平成28年度、東京大学に発足した部局横断型の教育プログラムです。

学内のこころの科学に関わる教員が結集し、部局を超えた最先端のこころの総合人間科学教育を行っています。 分野を超えた教育により多面的な視野を養い、基礎的視点と臨床的視点の両輪を備えた、こころの多様性と適応を総合的に科学できる人材の育成を目指しています。

PHISEMの概要

PHISEMの構成・修了条件

主にPHISEM独自の概論や実習から成る選択必修科目と各学部から開講される選択科目から構成されます。
修了要件は、選択必修科目6単位以上、選択必修科目と選択科目を合わせて12単位以上の取得です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

PHISEMの構成・修了条件

PHISEM開講科目

平成28年度は選択必修科目7科目、選択科目30科目が開講されます。
開講科目は年度毎に更新される可能性があるため、修了を目指す際にはお気をつけください。

PHISEM開講科目

こころの総合人間科学

こころの総合人間科学概論、同特論、同演習の3つは、こころの多様性と適応について総合的に研究を行う人材育成のための要となる科目です。
その他、実習3科目(脳認知科学、臨床発達精神医学、進化認知科学)、講義1科目(精神医学)と合わせて7科目がPHISEMの選択必修科目となっています。

こころの総合人間科学

PAGE TOP

Copyright © UTokyo Institute for Diversity & Adaptation of Human Mind [UTIDAHM]. All rights reserved.