ビデオ教材出演者募集中

ビデオ教材ができるまで

目的

ビデオ教材の対象は主に高校生や大学生です。10代後半から20代前半は最も精神疾患を持ちやすい年代であるにも関わらず、こころの健康・精神疾患の知識がほとんどなく、それを相談してよいのか、すべきなのか、ということが非常にわかりづらいためです。

精神疾患に偏見を持たないようにすることに最も効果的とされる方法は、実際に疾患を経験した当事者(以下、当事者)と会って、回復*までの道のりを聴くこととされています。しかし、この方法は大規模に実施できません。そこで今回、私たちは当事者の方が精神疾患からの回復までの道のりを語ったメッセージビデオを作成し、そのビデオを広く公開し、10代や20代の若者を中心に精神疾患に対する偏見の是正と知識の普及に貢献したいと考えています。

*ここでいう「回復」とは、治療の終了や、復学、進学、復職など、多岐にわたります。

具体的な流れ

  1. 応募者が本企画に応募されたあと、一度企画者と面接させていただき、
    本企画の目的や注意点などをご説明させていただきます。

    その際に、応募者がビデオ教材の中で特に話したいことなどもお聞きして、可能な限り組み込みたいと考えています。
  2. 応募者が本企画にご理解いただけた場合、契約書を取り交わします。
  3. 撮影までに、当日予定している服装をいくつか写真でとって送っていただき、衣装合わせをお願いいたします。
  4. 撮影日に、ビデオ撮影、写真撮影を行います。
    • 当日は、メイクが入る予定です。撮影や準備の時間を全て含めて2時間程度を考えていますが、緊張している場合など、半日程度のお時間をいただくことがあります。ビデオ教材への出演謝金として、撮影後に1万円(交通費込み)を口座振り込みさせていただきます。一都三県(東京、千葉、神奈川、埼玉)以外に在住の方は、往復最大2万5千円までの交通費を別途振り込みさせていただきます。
    • 撮影時期は、2017年1月~2017年6月を予定しております
  5. 本企画を契約した専門業者がビデオ教材等を編集し、企画者に納品します。
  6. ビデオ教材は、YouTube、専用のホームページ等を利用して公開します。
    • 公開方法は「限定公開」とします。具体的には、下記のようなアドレスを直接入力しないとみることができない仕組みです。 (例)https://www.youtube.com/watch?v=8JsKvt3Nakk
    • 専用ホームページには、本研究の説明、想定している利用目的を明記したうえで、YouTube動画を埋め込みます。
    • YouTubeでも、上記ホームページの概要を説明文書として明記します。
    • コンテンツを公開する前に、出演者の方々には内容をご確認いただきます。
    • コンテンツの取り下げ(YouTubeからの削除、もしくはすべて削除)は申し出ていただければいつでも行うようにします。
    • ただし、インターネットの特性上、公開した内容のキャッシュが残ってしまう等には対応できません。また、YouTubeの規約変更等で、「限定公開」という原則が変更・中止してしまう可能性はあります。
  7. 企画者の研究グループが、本メッセージを用いて、実際の効果検討を行います。
  8. 研究結果を踏まえたうえで、各年代(高校生・大学生・社会人)向けに、
    お薦めビデオ教材のコンテンツリストを作成します。

    希望のあった高校、大学等にHPを紹介したり、DVDなどで提供します。

応募方法

氏名、性別、年齢、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス等)、この応募を知ったきっかけ(紹介者)を、下記住所かメールアドレスにご連絡ください。

【送付先】 〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学 小池進介

PAGE TOP

Copyright © UTokyo Institute for Diversity & Adaptation of Human Mind [UTIDAHM]. All rights reserved.