Hippocampal Pyramidal Neurons Switch from a Multipolar Migration Mode to a Novel “Climbing” Migration Mode during Development
Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, Kanehiro Hayashi, Yuki Matsunaga, Kazuhiro Ishii, and Kazunori Nakajima
J. Neurosci., 34(4): 1115-1126 (2014).

Pasted Graphic
マウス発生期の大脳新皮質と海馬神経細胞の移動様式の相違の概略図(本文Figure. 8より改変)。 マウス発生期において大脳皮質神経細胞は脳室帯付近で分化後、multipolar migration→locomotion→terminal translocationと移動様式を変え表層下まで移動する。一方、海馬CA1神経細胞は分化後、大脳新皮質神経細胞と同様にmultipolar migration様式をとるが、その後は大脳新皮質神経細胞とは異なりclimbing modeによって移動する。

Supplemental movies(本文には掲載出来なかったムービー一覧)

movie S1
Movie S1. Time-lapse imaging of multipolar cells labeled with GFP showed that they were exhibiting characteristic "multipolar movement".
ムービーS1. 蛍光タンパク質GFPで可視化した海馬神経細胞の多極性移動 (multipolar migration)の様子(リアルタイム タイムラプスイメージング)。海馬神経細胞は複数の突起を頻繁に伸縮させながら、ゆっくりと移動している。

movie S2
Movie S2. Time-lapse imaging of the GFP-labeled cells in the SO. A cell was in a transitional state between a bipolar morphology and the multipolar morphology. The movie corresponds to Figure 5C.
ムービーS2. 海馬上昇層における海馬神経細胞の動態(リアルタイム タイムラプスイメージング)。海馬神経細胞は多極性形態と双極性形態の間を彷徨し、進行方向を表層へ変えて移動している。本文Figure 5Cの動画。

movie S3
Movie S3. The GFP-labeled multipolar cells transformed into spindle-shaped bipolar cells and gradually migrated toward the SP and enter it. The movie corresponds to Figure 5D.
ムービーS3. 海馬神経細胞の多極性形態から双極性形態への変遷および海馬錐体細胞層内へと移動する様子(リアルタイム タイムラプスイメージング)。神経細胞は双極性形態へと変遷後、複数の先導突起を伸縮させながら、時々進行方向を変え移動している。本文Figure 5Dの動画。

movie S4
Movie S4. Time-lapse imaging of a hippocampal cell migrating through the SP. The movie corresponds to Figure 5E.
ムービーS4. 海馬錐体細胞層内を移動する海馬神経細胞の動態(リアルタイム タイムラプスイメージング)。海馬神経細胞は複数の分岐をもつ複数の先導突起を十分伸長させた後、細胞体を最初の突起分岐点まで移動し、その後、突起を再度伸展させ移動している。本文Figure 5Eの動画。


movie S5
Movie S5. Time-lapse imaging of a neocortical cell migrating through the CP. The movie corresponds to Figure 6A.
ムービーS5. 大脳新皮質皮質板内を移動する神経細胞の動態 (locomotion)(リアルタイム タイムラプスイメージング)。大脳新皮質神経細胞は海馬神経細胞とは異なり、一本の先導突起(先端は分岐している)を伸ばしてほぼ直線上に移動している。本文Figure 6Aの動画。



Movie S6. Time-lapse imaging of migrating cells labeled with sparse-cell labeling.
ムービーS6. "まばらうち子宮内電気穿孔法"によってラベルした海馬神経細胞の動態 (climbing mode)(リアルタイム タイムラプスイメージング)。各個の海馬神経細胞の形態変化の様子がはっきりと観察できる。

movie S7
Movie S7. Time-lapse imaging of migrating cells and the radial fibers labeled with different colors by sequential in utero electroporation. The movie corresponds to Figure 7E.
ムービーS7. "連続子宮内電気穿孔法"によって可視化した海馬神経細胞(グリーン)と放射状グリア線維(マジェンタ)の動態 (climbing mode)(リアルタイム タイムラプスイメージング)。海馬神経細胞は伸長させた先導突起で複数の放射状グリア線維を把持しながら表層へと移動する(climbing mode)。本文Figure 7Eの動画。