新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成」が立ち上がりました。

 

ゆらぎ・自由度を内包する個々の動く細胞が、周囲の「場」と相互作用しあうことで、いかにして細胞集団・組織に秩序がもたらされるかについて理解を深めることを目指します。仲嶋は、計画研究代表者として、大脳皮質の細胞がその誕生部位から最終配置部位に移動する過程の制御機構の解明を担当します。