セミナー

形態形成セミナー

Alain Chédotal, Ph.D
INSTITUT DE LA VISION, INSERM UMRS 968

“3D analysis of axon guidance in transparent vertebrate embryos: of mice and men.”

日時:2016年8月2日(火)17:00~
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟3階 会議室3

Robo receptors play a major role in the control of axon guidance at the midline of the central nervous system. In vertebrates, a divergent Robo family member Robo3 is expressed by commissural axons of the mouse spinal cord and hindbrain before and during crossing of the ventral midline (the floor plate), and many commissures fail to develop in mice and humans lacking Robo3. We found that the Robo3 receptor fundamentally changed its mechanism of action during mammalian evolution. Interestingly, we found that the Netrin-1 receptor DCC does not exist in all vertebrates. Our results suggest that commissural axon guidance mechanisms may be more diverse across species than previously appreciated. This work might help understanding the emergence of specific sensory, motor and cognitive functions and why they differ between species. To facilitate the analysis of commissural systems in vertebrates, we have developed a new imaging method which combines whole-mount immunostaining, tissue clearing and light-sheet microscopy. I will present new applications of this method to provide the first comprehensive description of development in human embryos during the first trimester of gestation.

問い合わせ:松本 matsumoto@keio.jp

形態形成セミナー

丸山千秋先生
公益財団法人東京都医学総合研究所
神経回路形成プロジェクト 主席研究員

「哺乳類大脳新皮質の発生、進化におけるサブプレート層の役割」
The developing subplate layer is critical for switching the migration mode of newborn neurons and evolution of neocortical layer structure

日時:2014年8月1日(金)17:30~
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟3階会議室3


要旨
大脳新皮質のサブプレート(SP)層は、発生期に最も早く生まれて成熟するSPニューロンと、それを取り巻く細胞外基質から構成されています。SPニューロンは、胎生後期から新生仔期にかけて皮質-視床間の投射、および最初期の神経回路形成に重要な役割を果たしていることは知られてきました。しかしながら回路形成がおこる前の段階、すなわち胎生中期の新生ニューロン移動における役割については調べられていません。我々はこれまでにRP58転写抑制因子のKOマウスの解析で、RP58欠失ニューロンは多極性—双極性変換に障害が見られ、サブプレート層の直下で移動ができない状態になることを見出しています。ほかにもSP層を越えられない表現型を示すKOやノックダウンの遺伝子も多数報告があることから、SP層は移動ニューロンが乗り越えるべきバリアとなっている可能性が示唆されます。そのバリアを越えてロコモーションモードへとスイッチするためのシグナルは何なのか?この問いに対し、子宮内エレクトロポレーション、スライス培養のタイムラプスイメージング、および免疫組織染色法などを用いて、SPニューロンの、新生興奮性ニューロンの放射状移動における役割を解析しました。その結果、SPニューロンの神経活動および、NMDA受容体、PSD95を介したシグナル伝達が、遅生まれニューロンのロコモーションモードヘの変換に重要あることが示唆されました。さらにはロコモーションの移動モードを持たない爬虫類、鳥類などとの共通の祖先型脳から6層構造を持つ哺乳類新皮質への進化の過程でSP層が重要だったのではないかという仮説についても触れたいと思います。

形態形成セミナー

Víctor Borrell
Instituto de Neurociencias, CSIC & Universidad Miguel Hernández

“Mechanisms of expansion and folding of the mammalian cerebral cortex”

日時:2013年10月15日(火)14:30~16:00
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟1階ラウンジ

問い合わせ:松本 matsumotoyuko@a5.keio.jp

形態形成セミナー

Prof. Zoltan Molnar
Department of Physiology, Anatomy and Genetics, University of Oxford
"Evolution of cerebral cortical development"
日時:2013年6月25日(火)18:30~20:00
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟
1階ラウンジ

形態形成セミナー 鳥居和枝先生 

日時:平成25年2月22日(金)17:30〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟 2階 会議室2
鳥居和枝先生

Principal Investigator, Center for Neuroscience Research, Children's Research Institute, Children's National Medical Center
Assistant Professor, Department of Pediatrics, Pharmacology and Physiology
, The George Washington University School of Medicine and Health Sciences
Visiting Assistant Professor, Department of Neurobiology, School of Medicine, Yale University


Interaction of Heat Shock Signaling and Prenatal Environment in Neuropsychiatric Disorders.

The developing human brain, when exposed prenatally to various types of environmental challenges, displays increased susceptibility to late-onset neuropsychiatric dysfunction, though the mechanism remains obscure. We recently found that exposure of the human and mouse embryonic cerebral cortex to the challenges such as alcohol and methylmercury activates HSF1 mediated Heat Shock Signaling. In addition, Hsf1 deficiency causes the emergence of structural abnormalities in the mouse cortex upon in utero exposure to subthreshold levels of these challenges, and increases seizure susceptibility after birth. Furthermore, neural progenitor cells differentiated from human induced pluripotent stem cells of Schizophrenia patients show higher variability in the level of challenge-induced HSF1 activation. Altogether, our findings uncover the role of HSF1 in conferring tolerance to prenatal environmental perturbations in the normal cerebral cortex, thereby securing a lowered manifestation of neuropsychiatric disorders, and suggest that HSF1 malresponse may be a key component of the pathogenesis of these disorders.

CORTICAL DEVELOPMENT SEMINAR

日時:2012年11月26日(月)16:30~19:30
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟一階ラウンジ


"Migrating transient signaling neurons and patterning of the cerebral cortex"
Prof. Alessandra Pierani
Director of Research, INSTITUT JACQUES-MONOD CNRS UMR 7592, Université Paris Diderot

"Genetic control of cellular diversity and neural circuit formation in the developing mouse telencephalon"
Prof. Kenneth Campbell
Division of Developmental Biology, Cincinnati Children's Hospital Medical Center

ポスター2(120815R-3)

形態形成セミナー 新井洋子先生 『Function of the Dbx1 transcription factor and Cajal-Retzius neurons in mammalian brain development and evolution』

日時:平成24年7月6日(水)13:30〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟 6階 会議室6


Dr. Alessandra Pierani's laboratory, Universite Paris Dederot, Paris, France

新井 洋子 先生
                    
Function of the Dbx1 transcription factor and Cajal-Retzius neurons in mammalian brain development and evolution

Œ形態形成/新井先生120706

形態形成セミナー 野田万理子先生 『MFG-E8を介したミクログリアの神経保護作用の解析』



日時:平成24年3月7日(水)14:30〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟 2階 会議室2


               名古屋大学 環境医学研究所 神経免疫分野

                     野田 万理子 先生
                    
            『MFG−E8を介したミクログリアの神経保護作用の解析』

野田万里子先生セミナーポスター

形態形成セミナー 稲垣直之先生 『神経細胞の対称性の破れと極性形成のメカニズム』



日時:平成24年2月28日(火)16:00〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟 1階ラウンジ


            奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科

                     稲垣 直之 先生
                    
            神経細胞の対称性の破れと極性形成のメカニズム』

形態形成セミナー 林周宏先生 『Cdk5を基盤とした精神疾患発症機構の解明』



日時:平成24年2月24日(金)16:30〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟 1階ラウンジ


            武蔵野大学 薬学部   林 周宏 先生
                    
       Cdk5を基盤とした精神疾患発症機構の解明』

形態形成セミナー 掛山正心先生 『前頭葉機能と環境化学物質:ダイオキシン発達期曝露によるラット・マウスの行動異常』



日時:平成24年2月15日(水)17:00〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟3階 会議室3


             東京大学大学院 医学系研究科 疾患生命工学センター 健康環境医工学部門

                             掛山 正心 先生


              『前頭葉機能と環境化学物質:ダイオキシン発達期曝露によるラット・マウスの行動異常』

形態形成セミナー 服部光治先生 『脳の形成におけるリーリンの機能とその制御機構解明を目指して』

 

日時:平成23年12月27日(火)13:30〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟3階会議室


             名古屋市立大学大学院薬学研究科・病態生化学分野
    
                         服部 光治 教授


         「脳の形成におけるリーリンの機能とその制御機構解明を目指して」

形態形成セミナー 今井眞一郎先生 『長寿遺伝子SIRT1の視床下部における機能:脳は加齢と寿命の制御センターか?』

         

日時:平成23年12月16日(金)11:30〜 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟4階会議室

      今井 眞一郎先生
      Dr. Shin-ichiro Imai
    
      Department of Developmental Biology,
      Washington University School of Medicine

         
「The function of hypothalamic SIRT1:Is the brain a control center for aging and longevity in mammals?」

システム生物学の講演会

生命をシステムとして見るーゆらぐ分子が生命現象を担えるのはなぜか?

日時:2011年10月6日(木)9:00~16:15
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 新教育研究棟 講堂3

第1部 9:00~10:30、10:45~12:15
「細胞の1分子生物学 – ゆらぎと細胞機能 –」 
上田昌宏・大阪大学大学院生命機能研究科特別研究推進講座 特任教授

第2部 13:00~14:30、14:45~16:15
「– シグナル伝達のシステム生物学 – 生命をシステムとしてとらえる」 
黒田真也・東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 教授

形態形成セミナー Professor John L.R. Rubenstein



日時:平成23年9月13日(火) 17:00

場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟1階ラウンジ


     Professor John L.R. Rubenstein
   
     Nina Ireland Distinguished Professor in Child Psychiatry

     Nina Ireland Laboratory of Developmental Neurobiology
     Center for Neurobiology and Psychiatry, Department of Psychiatry
     University of California, San Francisco (UCSF)

             
Cortical Interneuron Development

形態形成セミナー Dr.Xiaobing Yuan



日時:平成23年9月17日(土) 18:30

場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟3階会議室


      Dr. Xiaobing Yuan
      Investigator

      Laboratory of Neural Circuit Development
      Institute of Neuroscience, Shanghai Institutes for Biological Sciences(SIBS)
      Chinese Academy of Sciences (CAS)

             「The role of guidance receptors in cortical radial migration

形態形成セミナー Dr. Christine Métin



日時:平成23年3月10日(木) 
18:00~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟3階会議室


        Dr. Christine Métin

        Charg
ée de Recherche 1ere Classe, INSERM
        Team leader in Institut du Fer
à Moulin, INSERM U839
   
           「Role of microtubules and acto-myosin in the tangential migration of
            cortical interneurons」

形態形成セミナー 尾内隆行先生



日時:平成23年1月22日(土) 13:30~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟5階会議室


      Dr. Takayuki Onai

     Marine Biology Research Division
     Scripps Institution of Oceanography
     University of California San Diego


          「Opposing Nodal/Vg1 and BMP signals mediate axial
         patterning in embryos of the basal chordate amphioxus.

形態形成セミナー 三島百合子先生



日時:平成22年12月3日(金)13:30~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟3階会議室


       Dr. Yuriko Mishima

       University of Chicago, RIKEN BSI
  

           「Overlapping function of Lmx1a and Lmx1b in anterior hindbrain
           roof plate formation and cerebellar growth


形態形成セミナー 三好悟一先生



日時 : 平成22年12月6日(月)14:30~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟4階会議室

       Dr. Goichi Miyoshi

       Neuroscience Program and the Department of Cell Biology,
       Smilow Research Center, New York University School of
       Medicine


            「Genetic regulation of the development of cortical
            interneurons and principal cells」

形態形成セミナー 小川雪乃先生「哺乳類概日振動ネットワークにおける時計遺伝子の発現位相差の解析」



日時 : 平成22年10月29日(金)17:00~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟4階 会議室4

             慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科先端生命科学プログラム

                      小川 雪乃 先生

               「
哺乳類概日振動ネットワークにおける時計遺伝子の発現位相差の解析

形態形成セミナー 北澤彩子先生「DRG培養上清液を用いたマウスES細胞の神経細胞への分化誘導に関する研究」 



日時:平成22年10月22日(金) 15:00〜       
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟3階会議室

         東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター

                    
北澤 彩子 先生

           「DRG培養上清液を用いたマウスES細胞の神経細胞への分化誘導に関する研究」



詳細はこちらのPDFファイルをご覧下さい。
DRG培養上清液を用いたマウスES細胞の神経細胞への分化誘導に関する研究

形態形成セミナー 坂本泰久先生



日時:平成22年10月21日(木)17:00~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟2階会議室

        Dr. Yasuhisa Sakamoto
      
        Institut Pasteur, Cell polarity and migration group 
 
           「
The regulation of intermediate filaments: a new function for the
           tumor suppressor Adenomatous Polyposis Coli


形態形成セミナー 神谷篤先生



日時:平成22年8月30日(月)13:30~
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟1階ラウンジ

          Dr. Atsushi Kamiya

          Assistant Professor
          Johns Hopkins University, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences

              「
Animal models of major mental disorders for gene pathways and circuitry: Genetic risk factors in proliferation,       migration and other developmental cellular processes

形態形成セミナー 関口清俊先生



日時:平成22年8月27日(金)17:30~ 
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス総合医科学研究棟1階ラウンジ

       大阪大学蛋白質研究所教授  

                関口清俊先生

          「
細胞外マトリックスの多様性とその細胞識別機構

形態形成セミナー Robert F. Hevner先生




日時:11月30日(月)午後5時から6時半
場所:総合医科学研究棟一階ラウンジ

『T-box Transcription Factors in Cortical Neurogenesis and the Response to Injury』

          Robert F. Hevner

            Professor
            Neurological Surgery and Pathology, University of Washington

In previous studies, we have found that glutamatergic neurogenesis in the embryonic cerebral cortex, as well as the adult hippocampus and developing cerebellum, involves a conserved transcription factor (TF) cascade from Pax6 to Tbr2 to Tbr1 in stem-like progenitors, intermediate neuronal progenitors (INPs) and postmitotic neurons, respectively. More recently, we were surprised to observe Tbr2 expression in progenitor cells of the adult subependymal zone (SEZ) and rostral migratory stream (RMS), regions thought to produce only GABAergic neurons for the olfactory bulb. To determine if Tbr2 was expressed in the GABAergic progenitors, we examined a variety of lineage markers in relation to Tbr2. Unexpectedly, we found that Tbr2 was expressed in a novel subset of progenitors distinct from the GABAergic lineage, and instead contributing to adult neurogenesis of Tbr1+ glutamatergic periglomerular neurons in the adult olfactorybulb. Moreover, under experimental conditions of induced ischemic stroke or neuronal photo ablation, Tbr2+ progenitors and daughter cells were recruited from the SEZ into the cerebral cortex, where they differentiated into Doublecortin (DCX) expressing neuroblasts, potentially providing a source of new pyramidal neurons. These findings indicate that: (1) In all regions studied so far, Tbr2+ progenitors in diverse brain areas and ages produce only glutamatergic, and not GABAergic neurons; (2) adult neurogenesis in the SEZ-RMS-olfactory bulb system includes a minority (5-15%) glutamatergic lineage, unrecognized in prior studies; and (3) Tbr2+ SEZ progenitors may account for previous observations of pyramidal neuron production in the adult cerebral cortex, and may provide an important source of glutamatergic neurons for therapeutic purposes.

連絡先:仲嶋一範(慶應医・解剖学) phone: 03-3353-1211 内線62601 e-mail: kazunori
参加自由
共催:グローバルCOEプログラム『In vivoヒト代謝システム生物学拠点』

形態形成セミナー  野村真先生



September 11(Fri),2009
17:00〜18:00
胎生期および成体哺乳類脳において多様な神経細胞を作り出すメカニズム
野村 真 先生
カロリンスカ研究所・細胞分子生物学部門
慶應医・解剖学教室 形態形成セミナー
日時:2009年9月11日(金)午後5時〜
場所:総合医科学研究棟1階ラウンジ
完 成した哺乳類の脳は、数千億の神経細胞とその10 倍以上の数のグリア細胞によって構築されている。神経細胞はその形態・遺伝子発現様式・生理学的特徴によって様々な種類に分類することができる。哺乳類脳 のこうした多様な神経細胞はどのようにして産み出されるのだろうか?我々は2つの異なるアプローチによって、哺乳類脳の神経細胞の多様性をもたらす分子・ 細胞生物学的基盤を明らかにすることを試みた。講演では、まず1)哺乳類大脳皮質に特徴的な層構造ならびに錐体細胞を産み出す機構について、比較発生学的 解析からの成果を紹介する。我々は、哺乳類大脳皮質構築に必須な分子であるリーリンに着目し、リーリンの発現が鳥類脳で極めて低いことを見出した。さら に、鳥類脳にリーリンの発現を異所的に誘導すると、鳥類脳の放射状グリア(神経幹細胞)の繊維の配向、ならびに産生される神経細胞の形態が“哺乳類様”に 変化することを見出した。従って、哺乳類型大脳皮質の獲得にリーリンの発現様式の変化が関わっている可能性が示唆される。講演の後半では、哺乳類成体脳に おいて、多様な神経細胞を産生する機構について紹介する。我々は、遺伝学的手法を用いて、成体脳側脳室には2つの異なる神経幹・前駆細胞が存在すること、 これらの細胞集団は嗅球の異なる介在神経細胞へと分化することを見出した。講演を通して、哺乳類脳の多様な神経細胞を作り出す時間的・空間的な制御機構に ついて議論したい。
連絡先:仲嶋一範(慶應医・解剖学)
phone: 03-3353-1211 内線62601 e-mail: kazunori
参加自由
共催:グローバルCOEプログラム『In vivoヒト代謝システム生物学拠点』