2015

金谷繁明先生の論文がPNASに受理されました

The COUP-TFII/Neuropilin-2 is a molecular switch steering diencephalon-derived GABAergic neurons in the developing mouse brain.
     Shigeaki Kanatani, Takao Honda, Michihiko Aramaki, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Mami Ishida, Daisuke H. Tanaka, Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Sayaka Kusuzawa, Takahiko Kawasaki, Tatsumi Hirata, Hidenori Tabata, Per Uhlén, and Kazunori Nakajima
     
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., in press.   

近年、統合失調症などの精神神経疾患において抑制性神経細胞の機能異常が注目されています。本研究では、間脳の一部である視索前野由来の抑制性神経細胞を可視化し、その詳細な移動経路を明らかにしました。そして、転写因子COUP-TFIIおよびその下流で発現が誘導される受容体Neuropilin2が目的地選択の分子スイッチとなり、発現を維持した細胞は扁桃体へ、消失した細胞は大脳皮質へ向かうことを発見しました。


金谷先生が仲嶋研究室でポスドク時代に主に行った研究です。
現在、先生はスウェーデンのカロリンスカ研究所に留学中です。

日本解剖学会関東支部第103回学術集会

日時:2015年11月7日(土)
会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 シンポジウムスペース
参加費:正会員・非会員 事前参加 2,000円、当日参加 2,500円、学生(大学院生含む) 無料

発表形式は原則としてすべて口頭発表となります。「演題申込書」「抄録投稿用紙」「事前参加申込書」に必要事項をご記入の上、E-mail (kanto103-group@keio.jp)にてお送りください。
演題申込締切:2015年9月1日(火)
演題抄録締切:2015年9月15日(火)
事前参加申込締切:2015年9月15日(火)

申込み
ポスター

本田先生の力作の論文が受理されました

Proper level of cytosolic Disabled-1, which is regulated by dual nuclear translocation pathways, is important for cortical neuronal migration.

     Takao Honda and Kazunori Nakajima Cereb. Cortex, in press.  

林先生の海馬の総説が発行になりました

Cellular dynamics of neuronal migration in the hippocampus
Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Ayako Kitazawa, and Kazunori Nakajima

Front. Neurosci.

http://www.frontiersin.org/Journal/Abstract.aspx?s=748&name=neurogenesis&ART_DOI=10.3389/fnins.2015.00135&utm_source=Email_to_authors_&utm_medium=Email&utm_content=T1_11.5e1_author&utm_campaign=Email_publication&field=&journalName=Frontiers_in_Neuroscience&id=136557

本田先生、久保先生が名古屋市立大学の河野先生と研究した論文がJournal of Neuroscienceに受理されました。仲嶋教授は責任著者の一人になっています

Importance of Reelin C-terminal region in the development and maintenance of the postnatal cerebral cortex and its regulation by specific proteolysis

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima*, and Mitsuharu Hattori*(T. Kohno, T. Honda, and K. Kubo are co-first authors) (K. Nakajima and M. Hattori contributed equally to this work and are the corresponding authors)  J. Neurosci., in press.

脳プロの事後評価でA評価をいただきました

文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)の事後評価(A~Eの5段階)が科学技術・学術審議会脳科学委員会で行われました。私たちの分担研究については、中間評価に引き続きA評価(「研究課題の進捗状況及び得られた成果は大変優れている」)をいただくことができました(事後評価対象者12名中、A評価は3名)。胎生期の虚血が脳発生に与える影響の解明とその予防法の研究、統合失調症様症状の誘発が抑制性神経前駆細胞の前頭前野への移植によって予防できることの発見とそのメカニズムの研究などを行いました。

石井一裕先生、廣田ゆき先生が、名大の永井拓先生たちと共同で行った研究が、Neurosci. Res.に受理されました

Reelin has a preventive effect on phencyclidine-induced cognitive and sensory-motor gating deficits. Kazuhiro Ishii, Taku Nagai, Yuki Hirota, Mariko Noda, Toshitaka Nabeshima, Kiyofumi Yamada, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima. Neurosci. Res., in press.  (K. Ishii, T. Nagai, and Y. Hirota are co-first authors)