金谷繁明先生の論文がPNASに受理されました

The COUP-TFII/Neuropilin-2 is a molecular switch steering diencephalon-derived GABAergic neurons in the developing mouse brain.
     Shigeaki Kanatani, Takao Honda, Michihiko Aramaki, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Mami Ishida, Daisuke H. Tanaka, Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Sayaka Kusuzawa, Takahiko Kawasaki, Tatsumi Hirata, Hidenori Tabata, Per Uhlén, and Kazunori Nakajima
     
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., in press.   

近年、統合失調症などの精神神経疾患において抑制性神経細胞の機能異常が注目されています。本研究では、間脳の一部である視索前野由来の抑制性神経細胞を可視化し、その詳細な移動経路を明らかにしました。そして、転写因子COUP-TFIIおよびその下流で発現が誘導される受容体Neuropilin2が目的地選択の分子スイッチとなり、発現を維持した細胞は扁桃体へ、消失した細胞は大脳皮質へ向かうことを発見しました。


金谷先生が仲嶋研究室でポスドク時代に主に行った研究です。
現在、先生はスウェーデンのカロリンスカ研究所に留学中です。