脳プロの事後評価でA評価をいただきました

文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)の事後評価(A~Eの5段階)が科学技術・学術審議会脳科学委員会で行われました。私たちの分担研究については、中間評価に引き続きA評価(「研究課題の進捗状況及び得られた成果は大変優れている」)をいただくことができました(事後評価対象者12名中、A評価は3名)。胎生期の虚血が脳発生に与える影響の解明とその予防法の研究、統合失調症様症状の誘発が抑制性神経前駆細胞の前頭前野への移植によって予防できることの発見とそのメカニズムの研究などを行いました。