大学院生の松永友貴君と元特任助教の野田万理子さんが中心になって頑張った研究がProc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.に受理されました。

大脳皮質形成を制御する分子リーリンが神経細胞間の接着を一過的に高める機能を有することを、数理モデルと培養実験等を駆使して明らかにしました。

Reelin transiently promotes N-cadherin-dependent neuronal adhesion during mouse cortical development.  Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Kanehiro Hayashi, Arata Nagasaka, Seika Inoue, Takaki Miyata, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima.  Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., in press. (Y. Matsunaga and M. Noda are co-first authors)