関根克敏君が大学院生時代に行った研究がNeuron誌に掲載されました。

2012年春に大学院博士課程を卒業した関根克敏君の論文です。
2011年に筆頭著者としてJ. Neurosci.の表紙を飾った論文の内容と合わせて作成したThesisが、関根君の博士論文になりました。

Reelin controls neuronal positioning by promoting cell-matrix adhesion via inside-out activation of integrin α5β1.
     Katsutoshi Sekine, Takeshi Kawauchi, Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Joachim Herz, Mitsuharu Hattori, Tatsuo Kinashi, and Kazunori Nakajima.
     Neuron,  76 (2), 353-369 (2012).