主な口頭発表(Oral presentations)(since 2002)

Last updated: 17/10/18


2018

仲嶋一範
“大脳皮質神経細胞による層形成機構” (oral, invited)
シンポジウム:“脳・神経形成のメカニズム:細胞から回路・組織構築まで” (オーガナイザー:小川覚之、竹田扇)
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

2017

本田岳夫、仲嶋一範
dab1のハプロ不全は表層神経細胞の大脳皮質第一層への侵入とCA1錐体細胞層の分離を引き起こす(Haploinsufficiency of dab1 causes invasion of superficial-layer neurons into the cortical layer I and splitting of the CA1 pyramidal cell layer)” (poster)
2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)、神戸ポートアイランド(兵庫県神戸市)、2017年12月6-9日

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範
“マウス大脳新皮質形成におけるreelin-Nck2シグナルの役割” (poster)
2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)、神戸ポートアイランド(兵庫県神戸市)、2017年12月6-9日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Ayako Kitazawa, Keitaro Yoshida, Wei Shan, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Minkyung Shin, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Kenji F. Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima
“Analysis of cortical development in a newly established mouse model of extremely preterm infants with brain injuries” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2017 meeting, Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C. (U.S.A.), 2017年11月11-15日

Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, Kazunori Nakajima, Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki
“A novel ALS/FTD model mouse expressing cytoplasmic mutant FUS leads neurodegeneration via synaptic disruption” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2017 meeting, Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C. (U.S.A.), 2017年11月11-15日

出口貴美子、久保健一郎、仲嶋一範、井上健
“超早産児の神経病理の特徴” (oral)
超早産児発達神経症研究班キックオフ会、大宮ソニックシティ(埼玉県大宮市)、2017年10月13日

久保健一郎、出口貴美子、北澤彩子、井上健、仲嶋一範 
“超早産児の脳障害マウスモデルの作成と解析” (oral)
超早産児発達神経症研究班キックオフ会、大宮ソニックシティ(埼玉県大宮市)、2017年10月13日

久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋一範
マウスにおける神経発達障害モデルの作成とその解析 (Establishment and investigation of mouse models of neurodevelopmental disorders)
シンポジウム:“発達早期の要因による神経発達障害の形成メカニズムとその治療法開発〜動物実験からRCTまで〜” (オーガナイザー:山末英典、掛山正心)
第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会、札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)、2017年9月28−30日

Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, Kazunori Nakajima, Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki
“A novel ALS/FTD model mouse expressing cytoplasmic mutant FUS leads neurodegeneration via dendritic homeostasis disruption.”(selected as Best Research Paper) (oral)
XXII World Congress of Neurology (第23回世界神経学会議)/第58回日本神経学会学術大会、国立京都国際会館(京都府京都市)、2017年9月16−21日

Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima(北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範)
“Region-dependent differences in the migratory capacity of hippocampal CA1 and neocortical neurons during brain development” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Kazuhiro Ishii, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima (久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋一範)
“Investigation of cytological architectures in the brains of newly established mouse models with cognitive impairments (認知機能障害を伴うマウスモデルの作成とその脳における細胞構築の解析)” (oral)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Takao Honda and Kazunori Nakajima (本田岳夫、仲嶋一範)
“Dab1 haploinsufficiency causes reduction of layer I thickness and splitting of CA1 pyramidal cell layer” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima (井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範)
“Molecular mechanisms of neuronal aggregation caused by Reelin in the developing mouse neocortex” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Yuki Hirota, Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima (廣田ゆき、鶴重千加子、味岡逸樹、仲嶋一範)
“Enc1 controls neuronal migration and differentiation of excitatory neurons in the developing neocortex” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima (林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範)
“The Role of Nck as a downstream effector of the Reelin signaling” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Kazunori Nakajima
“Neuronal layer specification during development of the cerebral cortex” (invited)
Symposium: “Cortical development” (organizers: Chong-Hyun Kim and Seunghee Lee)
Korean Society for Brain and Neural Science (KSBNS), 20th Annual Meeting, Grand Hilton Seoul, Seoul (Korea), 2017年8月30-31日

Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Francois Guillemot
“Temporal control of Foxp2 expression by Neurogenin and Polycomb repressive complexes regulates specification of cortico-thalamic neurons” (oral)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima 
“Structural analyses of radial glial fibers in the developing reeler neocortex” (poster)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Visualization of neuronal migration and morphology in the entire cerebral cortex of developing mice (マウス大脳皮質全般にわたる神経細胞移動とその形態の可視化)” (poster)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

Takao Honda and Kazunori Nakajima
“Dab1 haploinsufficiency causes superficial shift of later-born cortical neuron positioning and splitting of the CA1 pyramidal cell layer (Dab1のハプロ不全は大脳新皮質遅生まれニューロンの脳表層側配置と海馬CA1錐体細胞層の分離を引き起こす)” (poster)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Keitaro Yoshida, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Shin Minkyung, Kenji F. Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima
“Establishment of a mouse model of extremely preterm infants with brain injuries and analysis of neuronal migration (脳障害を伴う超早産児マウスモデルの確立と神経細胞移動の解析)”(oral)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

Yuki Hirota, Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima
“Enc1 controls migration and differentiation of excitatory neurons in the developing neocortex”(oral)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Abnormal neuronal migration with ischemic brain injuries in extremely preterm infants underlies subsequent cognitive impairment” (oral)
12th European Paediatric Neurology Society (EPNS) Congress, Lyon Conference Center, Lyon (France) 2017年6月20-24日

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Molecular mechanisms of Reelin-induced neuronal aggregation in the developing mouse neocortex” (poster)
18th International Congress of Developmental Biology (ISDB), National University of Singapore (Singapore), 2017年6月18-22日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Mechanisms underlying the cognitive impairment in extremely preterm infants” (oral)
第59回日本小児神経学会学術集会、大阪国際会議場 (大阪府大阪市)、2017年6月15-17日

大石康二、仲嶋一範
“未成熟な大脳皮質ニューロンにおけるサブタイプ決定” (oral, invited)
シンポジウム: “時間による発生制御のメカニズム”(オーガナイザー:岸雄介、永樂元次)
第69回日本細胞生物学会大会、仙台国際センター(宮城県仙台市)、2017年6月13-15日

久保健一郎、仲嶋一範
“大脳皮質構造の形成機構とその変化によって生じる病態” (oral)
平成29年度研究会「神経科学の新しい解析法とその応用」「グリア細胞機能から迫る脳機能解明」、ホテルシーパレスリゾート(愛知県豊橋市)、 2017年5月26-27日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
“ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex” (poster)
Cortical Development Conference 2017, Mediterranean Agronomic Institute of Chania (MAICh) , Chania, Crete (Greece), 2017年5月17-20日

Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Areal differences in neuronal migration in the cerebral cortex of developing mice” (poster)
Cortical Development Conference 2017, Mediterranean Agronomic Institute of Chania (MAICh) , Chania, Crete (Greece), 2017年5月17-20日

Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Francois Guillemot
“Temporal control of cortico-thalamic neuron specification by regulation of Neurogenin activity and Polycomb repressive complexes (皮質視床投射ニューロンの時期特異的な産生は転写因子NeurogeninとPolycomb抑制複合体によって制御される)” (oral)
第50回日本発生生物学会大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2017年5月10-13日

Kazunori Nakajima
“Neuronal layer formation during cerebral cortical development” (oral, invited)
KBRI Special Seminar, Korea Brain Research Institute, Daegu (South Korea), 2017年4月28日

Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Yuki Kobayashi, Shigeyoshi Itohara, Kanehiro Hayashi, Kazunori Nakajima, Shintaro Otsuka, Michisuke Yuzaki, and Norihiro Suzuki
“Novel ALS/FTD model mice expressed cytoplasmic FUS in a toxic gain-of-function manner” (oral)
The 13th International Conference on Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases, Austria Centre, Vienna, Autria, 2017年3月29日-4月2日

廣田ゆき、久保健一郎、藤野貴広、山本徳男、仲嶋一範
“リーリン受容体ApoER2による大脳皮質ニューロン移動と停止の制御機構” (oral)
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会、長崎大学坂本キャンパス、長崎市(長崎県)、2017年3月28-30日

吉永怜史、北澤彩子、シン ミンギョン、久保健一郎、仲嶋一範
“哺乳類大脳皮質発生における神経細胞移動の領野別検討” (poster)
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会、長崎大学坂本キャンパス、長崎市(長崎県)、2017年3月28-30日

久保健一郎、出口貴美子、北澤彩子、石井一裕、シン ミンギョン、高嶋幸男、中山雅弘、伊藤雅之、井上健、仲嶋一範
“超早産児脳障害のモデルマウス脳における組織構築の解析” (oral)
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会、長崎大学坂本キャンパス、長崎市(長崎県)、2017年3月28-30日

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Molecular and morphological analyses of radial glial fibers during mouse neocortical development (発生期のマウス大脳皮質における放射状グリア線維についての分子的・形態的解析)” (poster)
第10回神経発生討論会、秋保リゾートホテルクレセント、仙台市(宮城県)、2017年3月10-11日

Kazunori Nakajima
“Neuronal layer formation during development of the cerebral cortex”(oral, invited)
NUS-KEIO JOINT SCIENTIFIC SYMPOSIUM “Frontiers of Translational Medicine –From Cradle to Ageing”, National University of Singapore, Singapore, 2017年1月10-11日

2016

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Investigation of the molecular mechanisms underlying Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex”(poster)
2016 The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting, Moscone Center, San Francisco, California, U.S.A., 2016年12月3-7日

Kei-ichi Katayama, Kanehiro Hayashi, Kazushige Sakaguchi, and Kazunori Nakajima
“Enhanced expression of Pafah1b causes overmigration of cerebral cortical neurons into the marginal zone” (poster)
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜市(神奈川県)、2016年11月30日-12月2日

大石康二、仲嶋一範, Francois Guillemot
“大脳皮質ニューロンのサブタイプ決定におけるポリコーム抑制複合体の役割” (poster)
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜市(神奈川県)、2016年11月30日-12月2日

Kazunori Nakajima
“Specification of neuronal layer identity during neocortical development”
シンポジウム: “神経細胞の誕生と初期神経回路形成の分子メカニズム(Generation of neuronal subtypes and initial steps of circuit formation)”(オーガナイザー:後藤由季子)
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜市(神奈川県)、2016年11月30日-12月2日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto,and Kazunori Nakajima
“ApoER2 controls neuronal migration in the intermediate zone and termination of migration in the developing cerebral cortex” (oral & poster)
The 28th CDB Meeting “Cilia and Centrosomes, Current Advances and Future Directions”, RIKEN CDB, 神戸(兵庫県), 2016年11月27-29日

 

ハズラ デバブラタ、久保健一郎、仲嶋一範
“子宮内電気穿孔法を用いたマウス脳内神経細胞における活動制御の試み”
日本解剖学会関東支部 第104回学術集会、横浜市立大学八景キャンパスYCUスクウェア、横浜(神奈川県)、2016年11月19日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Shin Minkyung, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima "Why does cognitive impairment frequently develop later in extremely preterm infants?”(poster) Cell Symposia: Big Questions in Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting, Paradise Point Resort & Spa,San Diego, California, U.S.A., 2016年11月10-11日

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima.
“Morphological analyses of radial glial cells in the developing mouse neocortex” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting, San Diego Convention Center, San Diego, U.S.A., 2016年11月12-16日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima.
"Erratic migration: a unique migratory behavior of astrocyte progenitors" (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting, San Diego Convention Center, San Diego, U.S.A., 2016年11月12-16日

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“リーリン分子により形成される神経細胞凝集を制御する分子メカニズム” (poster)
第51回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、新宿区(東京都)、2016年10月29日

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Morphological analyses of radial glial fibers in the developing reeler neocortex” (poster)
第51回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、新宿区(東京都)、2016年10月29日

仲嶋一範
“大脳皮質ニューロンの分化制御機構”(oral)
日本発生生物学会 秋季シンポジウム2016、三島市民文化会館(ゆうゆうホール)、三島(静岡県)、2016年10月19-21日

久保健一郎、出口貴美子、井澤栄一、井上健、仲嶋一範
“環境要因としての虚血ストレスが大脳皮質の発達に与える影響(Effects of ischemic stress on cerebral cortical development)”
シンポジウム:“生体防御・ストレス応答研究の新展開” (オーガナイザー:石井功)
フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー、昭和大学旗の台キャンパス、品川区(東京都)、2016年9月11日

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範
“Analysis of Reelin-Nck signaling in mouse neocortex”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“Erratic migration: a unique migratory behavior of astrocyte progenitors”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

廣田ゆき、鶴重千加子、味岡逸樹、仲嶋一範
“Involvement of Enc1 in neuronal migration and differentiation in the developing neocortex”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳新皮質においてリーリン分子により誘導される神経細胞凝集を担うシグナル伝達経路の探索”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

Kazunori Nakajima
“Cell-intrinsic and -extrinsic mechanisms that control the specification of neuronal layer identity during neocortical development”
International Symposium 2016: “Circuit Construction in the Mammalian Brain”, Osaka University, Suita (Osaka), 2016年8月8-9日

Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Francois Guillemot
“Subtype specification in cortical layers is regulated both in neural progenitors and postmitotic neurons(大脳皮質における特定の層への分化は神経系前駆細胞と最終分裂後のニューロンの両段階で制御される)”
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Investigation of the molecular mechanisms that regulate Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex(大脳新皮質においてリーリン分子により引き起こされる神経細胞凝集のシグナル伝達経路の探索)”(poster)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Function of the Reelin-Nck signaling pathway during mouse neocortical development (マウス大脳新皮質発生におけるReelin-Nckシグナル経路の役割)” (poster)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Experiment and modeling of the Reelin-dependent modification of intercellular adhesion among cells from the developing cerebral cortex (数理モデルと培養実験の併用によるリーリン依存的な大脳皮質細胞接着機構の検討)”
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
“Roles of ApoER2 in neuronal migration and termination of migration in the developing cerebral cortex(大脳皮質形成におけるApoER2による神経細胞移動とその停止制御)”(oral)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

Kazunori Nakajima
“Cell-extrinsic and -intrinsic mechanisms that control the neuronal layer identity in the developing neocortex(細胞外環境と細胞内機構による大脳新皮質ニューロンの層特異的分化制御)”
シンポジウム:“神経発達の分子基盤と精神疾患”(オーガナイザー:貝淵弘三、Orly Reiner)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

仲嶋一範
“大脳皮質の形成機構”
九州大学医学部組織学特論、九州大学病院キャンパス基礎研究B棟、福岡市(福岡県)、2016年7月8日

仲嶋一範
“環境因子が大脳皮質の発生・発達過程に与える影響”
九州大学精神科・特別セミナー、九州大学病院ウェストウィング棟、福岡市(福岡県)、2016年7月7日

仲嶋一範
“大脳皮質層構造の形成機構” 
京都大学医学部解剖学特別講義、京都大学医学部総合解剖センター、京都市(京都府)、2016年6月28日

仲嶋一範
“大脳皮質構築のメカニズム”
京都大学大学院医学研究科セミナー、京都大学医学部A棟、京都市(京都府)、2016年6月28日

Kimiko Deguchi,Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima,and Ken Inoue
"Reelin coupled with myelin may play a role in long term maintenance of myelin (リーリンは、ミエリンの長期維持の役割を果たしている" (oral) 
第58回日本小児神経学会学術集会、京王プラザホテル新宿、新宿(東京都)、2016年6月3-5日

Kimiko Deguchi, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Reelin coupled with myelin may play a role in long-term maintenance of myelin”(poster)
21st Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2016), Palais des Congrès d’Antibes Juan les Pins, Antibes-Juan les Pins, France, 2016年5月11-14日

Koji Oishi, Nao Nakagawa, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Michihiko Aramaki, Shinji Hirano, Nobuhiko Yamamoto, Yumiko Yoshimura, and Kazunori Nakajima (presenter: K. Nakajima)
“Identity of neocortical layer 4 neurons is specified through correct positioning into the cerebral cortex”(poster)
21st Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2016), Palais des Congrès d’Antibes Juan les Pins, Antibes-Juan les Pins, France, 2016年5月11-14日

廣田ゆき、久保健一郎、藤野貴広、山本徳男、仲嶋一範
“ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex” (oral)
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会、ビッグパレットふくしま、郡山(福島県)、2016年3月28-30日

田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“グリア前駆細胞の移動様式と血管との関連” (oral)
シンポジウム:“形作りのダイナミクスとその制御機構の探索 ~新たな発生原理の解明を目指して” (オーガナイザー:田畑秀典、久保田義顕)
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会、ビッグパレットふくしま、郡山(福島県)、2016年3月28-30日

仲嶋一範
“大脳皮質ニューロンの移動制御機構” (oral)
シンポジウム:“形作りのダイナミクスとその制御機構の探索 ~新たな発生原理の解明を目指して” (オーガナイザー:田畑秀典、久保田義顕)
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会、ビッグパレットふくしま、郡山(福島県)、2016年3月28-30日

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Analysis of the molecular mechanisms that underlie Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex)” (poster)
第9回神経発生討論会・難治疾患共同研究拠点共同開催学術集会、東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫記念講堂、東京、2016年3月18-19日

Takao Honda and Kazunori Nakajima
“Analysis of the role of Dab1 nucleo-cytoplasmic transport for migration of excitatory neurons (Dab1の核細胞質間輸送が興奮性神経細胞の移動に果たす役割の解明)” (poster)
第9回神経発生討論会・難治疾患共同研究拠点共同開催学術集会、東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫記念講堂、東京、2016年3月18-19日

Kazunori Nakajima
“Control of cell migration in the developing cerebral cortex”
Symposium: “Neuroscience III: Mechanisms of cerebral cortical development" (Chair: Kazunori Nakajima, Carlos Ibanez)
7th Asia Pacific International Congress of Anatomists, National University of Singapore, Singapore, 2016年3月17-20日

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori
"C-terminal region of Reelin is required for development and maintenance of the postnatal cerebral cortex and its functions are regulated by
specific proteolysis" (poster)
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」第3回国際シンポジウム「Neocortical Organization 3」、東京大学小柴ホール、東京、2016年2月11-12日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
"ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex" (poster)
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」第3回国際シンポジウム「Neocortical Organization 3」、東京大学小柴ホール、東京、2016年2月11-12日

Hidenori Tabata, Tsuyoshi Hachiya, Koh-ichi Nagata, Yasubumi Sakakibara, and Kazunori Nakajima
"Functional screening of the candidate genes involved in the expansion of the subventricular zone in primates using mouse embryos" (poster)
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」第3回国際シンポジウム「Neocortical Organization 3」、東京大学小柴ホール、東京、2016年2月11-12日

2015

仲嶋一範
“動く細胞たちが脳を作るメカニズム”(oral, invited)
独立行政法人科学技術振興機構グローバルサイエンスキャンパス事業 高校生対象講演、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年12月26日

Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Experiment and modeling of the Reelin-dependent modification of intercellular adhesion among cerebral cortical cells” (poster)
2015 American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Diego Convention Center, San Diego, U.S.A., 2015年12月12-16日

田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“皮質脳室帯由来グリア前駆細胞のダイナミックな移動様式(Dynamic behavior of glia progenitors derived from the cortical ventricular zone)” (oral)
ワークショップ:“細胞のふるまいの制御から解き明かす大脳皮質形成機構”(オーガナイザー:仲嶋一範、丸山千秋)
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015)、神戸ポートアイランド、神戸(兵庫県)、2015年12月1-4日

仲嶋 一範
“マウス発生期脳において移動ニューロンの進む方向と目的地を制御するメカニズム”
ワークショップ:“細胞のふるまいの制御から解き明かす大脳皮質形成機構”(オーガナイザー:仲嶋一範、丸山千秋)
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015)、神戸ポートアイランド、神戸(兵庫県)、2015年12月1-4日

北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“発生期のマウス海馬及び大脳新皮質における特異的な細胞移動様式についての解析”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

本田岳夫、仲嶋一範
“Dab1核細胞質間シャトリングの大脳新皮質層形成における役割の解明”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

久保健一郎、石井一裕、遠藤俊裕、吉田慶太朗、ベナー聖子、伊藤亨子、相澤秀紀、荒巻道彦、山中章弘、田中光一、高田則雄、田中謙二、三村將、遠山千春、掛山正心、仲嶋一範
“異所性灰白質は離れた脳部位の神経活動に影響を与えて行動の異常を引き起こす”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳皮質神経細胞接着の制御とその数理モデル”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

本田岳夫、仲嶋一範
“二つの核移行経路による細胞質Dab1量の適切な調節が興奮性神経細胞移動に重要である” (poster)
第50回慶應ニューロサイエンス研究会「システムとしての脳の理解と介入」(オーガナイザー:仲嶋一範、吉田一成)、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年10月31日

久保健一郎、石井一裕、遠藤俊裕、吉田慶太朗、ベナー聖子、伊藤亨子、相澤秀紀、荒巻道彦、山中章弘、田中光一、高田則雄、田中謙二、三村將、遠山千春、掛山正心、仲嶋一範
“異所性皮質の作成による大脳皮質組織構築変化の病態理解” (poster)
第50回慶應ニューロサイエンス研究会「システムとしての脳の理解と介入」(オーガナイザー:仲嶋一範、吉田一成)、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年10月31日

Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima.
"Neuronal heterotopias affect the activities of distant brain areas and lead to behavioral deficits" (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2015 meeting, McCormick Place, Chicago, U.S.A., 2015年10月17-21日

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori.
"Importance of Reelin C-terminal region in the development and maintenance of the postnatal cerebral cortex and its regulation by specific proteolysis “ (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2015 meeting, McCormick Place, Chicago, U.S.A., 2015年10月17-21日

Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima
“Application of the in utero electroporation technique to the study of the pathological mechanism of focal heterotopias in the brain” (poster)
Cell Symposia: Engineering the Brain – Technologies for Neurobiological Applications, Drake Hotel, Chicago, USA , 2015年10月15-16日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima(田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範)
“Interaction between glia and blood vessels during cortical development”(oral)
シンポジウム:“The ins and outs of neuro-vascular interactions”(オーガナイザー:石崎泰樹、澤本和延)
第58回日本神経化学会大会、大宮ソニックシティ、大宮(埼玉県)、2015年9月11-13日

Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima(久保健一郎、石井一裕、遠藤俊裕、吉田慶太朗、ベナー聖子、伊藤亨子、相澤秀紀、荒巻道彦、山中章弘、田中光一、高田則雄、田中謙二、三村將、遠山千春、掛山正心、仲嶋一範)“Analyses of the pathological roles of the altered brain cytoarchitectures with ectopic neurons”(oral)
第58回日本神経化学会大会、大宮ソニックシティ、大宮(埼玉県)、2015年9月11-13日

Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima(松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範)
“Modeling and analysis and of intercellular adhesion between cells from the developing cerebral cortex”(神経化学教育口演)(oral)
第58回日本神経化学会大会、大宮ソニックシティ、大宮(埼玉県)、2015年9月11-13日

本田岳夫、仲嶋一範
“二つの核移行経路による細胞質Dab1量の適切な調節が大脳皮質ニューロンの移動に重要である(Proper level of cytosolic Disabled-1, which is regulated by dual nuclear translocation pathways, is important for cortical neuronal migration)”(poster)
第38回日本神経科学大会、神戸国際会議場・神戸国際展示場、神戸(兵庫県)、2015年7月28-31日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima(田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範)
" Blood vessel-guided cell migration during late cortical plate development (皮質形成後期に見られる血管に沿った細胞移動)" (oral)
第38回日本神経科学大会、神戸国際会議場・神戸国際展示場、神戸(兵庫県)、2015年7月28-31日

河野孝夫、本田岳夫、久保健一郎、中野良美、土屋綾香、村上達郎、阪野英幸、仲嶋一範、服部光治
"巨大分泌蛋白質リーリンのC末端領域を介した大脳皮質形成機構" (oral)
第61回日本薬学会東海支部総会・大会、名古屋市立大学、名古屋(愛知県)、2015年7月4日

仲嶋一範
"動く細胞による大脳皮質の形成機構"
「神経科学序説」講義、横浜市立大学大学院生命医科学研究科、横浜市(神奈川県)、2015年6月23日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima (発表者:仲嶋)
"Blood vessel-guided cell migration in the developing cerebral cortex (発生期大脳皮質における血管に沿った細胞移動の解析)"
第48回日本発生生物学会大会、つくば国際会議場、つくば(茨城県)、2015年6月3-5日

仲嶋一範
“環境因子が脳の発達や機能に与える影響とその保護”
シンポジウム:“From the bench: Bedsideを見据えた脳発達基礎医科学の新展開”(オーガナイザー:黒田公美、佐藤真)
第57回日本小児神経学会学術集会、帝国ホテル 大阪、大阪(大阪府)、2015年5月28-30日

Mai Yamakawa, Daisuke Ito, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Mariko Noda, and Kazunori Nakajima, and Norihiro Suzuki
“Evidence of a link between TDP-43 and dipeptide repeat protein in c9FTD/ALS”(oral)
ホットトピックス:“運動ニューロン疾患の分子病態・治療法開発の最先端”(オーガナイザー:丸山博文、勝野雅央)
第56回日本神経学会学術大会、朱鷺メッセ、新潟(新潟県)、2015年5月20-23日

久保健一郎、石井一裕、仲嶋一範
“統合失調症とGABA作動性神経細胞” (oral, invited)
シンポジウム:“統合失調症のエンドフェノタイプを俯瞰する” (オーガナイザー:橋本亮太)
第10回日本統合失調症学会、都市センターホテル、東京、2015年3月27-28日

Kazunori Nakajima
“Cell migration in the developing cerebral cortex”
EMBO Workshop:“Cortical development in health and disease”
Weizmann Institute of Science, Rehovot, Israel, 2015年4月26-29日

松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範
“発生期大脳皮質における神経細胞接着制御機構の解析”
第8回神経発生討論会、九州大学 病院キャンパス内 コラボステーションI、福岡(福岡県)、2015年3月19-20日

Kazunori Nakajima
“Mechanisms of cerebral corticogenesis by migrating neurons (動く細胞が作る大脳皮質の形成機構)”
シンポジウム:“大脳皮質の発生・発達を問う「生理」と「解剖」の層状連携シンポ”(オーガナイザー:宮田卓樹、大木研一)
第92回日本生理学会大会 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会、神戸国際会議場・展示場、神戸(兵庫県)、2015年3月21-23日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Michihiko Aramaki, Kiyofumi Yamada, Ken Inoe, Kazunori Nakajima “Analyses of the effects of embryonic ischemia on brain development (胎児期の虚血が脳の構造と機能に及ぼす影響)” (oral,invited)
シンポジウム:“周産期ストレスと脳機能”(オーガナイザー:鯉淵典之、西真弓)
第92回日本生理学会大会 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会、神戸国際会議場・展示場、神戸(兵庫県)、2015年3月21-23日

仲嶋一範
“動く細胞が見せる大脳皮質層形成のメカニズム”
九州大学大学院医学研究院生体制御学講座系統解剖学分野セミナー
九州大学病院キャンパス、福岡(福岡県)、2015年3月18日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Kei-ichi Katayama, Takao Honda, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
“Distinct localization patterns of Reelin receptors ApoER2 and VLDLR in developing mouse cerebral cortex”(poster)
第49回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年2月21日

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳新皮質形成におけるNck2の機能”(poster)
第49回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年2月21日

仲嶋一範
“動く細胞がつくる大脳皮質の構築機構”
メディカルイノベーションセンターセミナー
京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター、京都(京都府)、2015年2月6日

2014

西村嘉晃、鹿内弥磨、星野幹雄、大島登志男、鍋島陽一、水谷健一、永田浩一、仲嶋一範、川内健史
“発生期のマウス大脳皮質においてCdk5とJNKは異なる様式で神経細胞に特徴的な移動パターンを決定する(Cdk5 characterizes migrating neurons-specific features, cytoplasmic dilation formation and nuclear elongation, in the developing cerebral cortex)” (poster)
第37回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2014年11月25-27日

北澤彩子、久保健一郎、林周宏、松永友貴、石井一裕、仲嶋一範
“発生中のマウス海馬における神経細胞の新規移動様式の解析”
シンポジウム“神経組織の構造と発生のダイナミズム”
日本解剖学会関東支部 第102回学術集会、東京医科大学、東京、2014年11月22日

Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Wengtin Ling, Kazunori Nakajima, Masaki Kakeyama, Chiharu Tohyama
“Activation of AhR signaling pathway regulates dendritic growth in the developing mice” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2014 Meeting, Washington Convention Center, Washington, D.C., U.S.A., 2014年11月15-19日

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori
“The novel function of Reelin in the dendrite development and layer formation in the postnatal brain”
Society for Neuroscience, Neuroscience 2014 Meeting, Washington Convention Center, Washington, D.C., U.S.A., 2014年11月15-19日

仲嶋一範
“大脳皮質形成におけるリーリンの機能(Reelin functions in cortical development)”
シンポジウム:“細胞外マトリックスのダイナミクスから見た器官の形成・機能・疾患”(オーガナイザー:五十嵐道弘、武内恒成)
第87回日本生化学会大会、国立京都国際会館、京都(京都府)、2014年10月15-18日

吉永怜史、大久保宇啓、佐々木慎二、塗谷睦生、小川雪乃、安井正人、田畑秀典、仲嶋一範(Satoshi Yoshinaga, Takahiro Ohkubo, Shinji Sasaki, Mutsuo Nuriya, Yukino Ogawa, Masato Yasui, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima)
“発生期大脳皮質の多極性移動ニューロンのダイナミックな動きを制御するメカニズム” (poster)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, Toshihiro Endo, Seico Benner, Taku Nagai, Wei Shan, Kimiko Deguchi, Ken Inoue, Kiyofumi Yamada, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima
“Abnormal brain cytoarchitecture as one of the micro-endophenotypes of neuropsychiatric disorders (精神疾患のマイクロエンドフェノタイプとしての微細な脳組織構築の異常)” (oral, invited)
シンポジウム“マイクロエンドフェノタイプから考える精神疾患研究”(オーガナイザー:喜田聡、加藤忠史)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

西村嘉晃、鹿内弥磨、星野幹雄、大島登志男、鍋島陽一、水谷健一、永田浩一、仲嶋一範、川内健史“Cdk5は移動神経細胞に特異的な"dilation"の形成と核の形態変化を制御する(Cdk5 and JNK differentially regulate cortical neuronal migration and unique morphological changes)” (oral)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

廣田ゆき、久保健一郎、本田岳夫、藤野貴広、山本徳男、仲嶋一範(Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima)“リーリン受容体ApoER2とVLDLRの大脳皮質形成過程における発現と機能(Reelin receptors ApoER2 and VLDLR are expressed in distinct spatio-temporal patterns in developing mouse cerebral cortex)”(poster)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範(Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takeshi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima)
“数理モデルと再凝集培養系を用いた大脳皮質神経細胞の接着様式の解析(Analysis and modeling of intercellular adhesion between cells from the cerebral cortex)”(oral)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範(Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima)
“大脳新皮質においてリーリン分子により誘導される神経細胞凝集を担うシグナル伝達経路の探索(Investigation of signal pathways that control Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex)”(oral)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範(Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima)
“マウス発生期大脳新皮質におけるNck2の役割(The function of Nck2 in the neocortex during mouse development)”(poster)
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

仲嶋一範
“動く細胞たちによる大脳皮質形成機構とその破綻”
第7回神経化学の若手研究者育成セミナー
第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会、奈良県文化会館・奈良県新公会堂、奈良(奈良県)、2014年9月29日-10月1日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koichi Nagata, Kazunori Nakajima
“The unique migratory properties of glial progenitors derived from the cortical ventricular zone(皮質脳室帯由来グリア前駆細胞がとる特徴的な移動様式)”
第37回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2014年9月11-13日

Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, Kanehiro Hayashi, Yuki Matsunaga, Kazuhiro Ishii, and Kazunori Nakajima
“A Novel Migration Mode of CA1 Pyramidal Neurons in the Mouse Hipppocampus (マウス海馬CA1錐体細胞の新しい移動形式)”
第37回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2014年9月11-13日

Mariko Noda, Hiroaki Takagi, Shigeaki Kanatani, and Kazunori Nakajima
“Analysis of migratory profiles of interneurons in the developing cerebral cortex” (oral & poster)
新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の形成」第4回若手の会、火の国ハイツ、熊本(熊本県)、2014年9月4-5日

松永友貴, 野田万理子, 村川秀樹, 三浦岳, 久保健一郎, 仲嶋一範
“大脳皮質神経細胞接着の制御機構とそのモデル” (oral & poster)
新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の形成」第4回若手の会、火の国ハイツ、熊本(熊本県)、2014年9月4-5日

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳新皮質においてリーリン分子により誘導される神経細胞凝集はどのシグナル伝達系によって制御されているか?” (poster)
新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の形成」第4回若手の会、火の国ハイツ、熊本(熊本県)、2014年9月4-5日

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“The function of downstream effectors on Reelin-induced neuronal aggregation”(poster)
第48回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2014年8月9日

松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範
“発生期大脳新皮質における神経細胞接着制御機構の解析”(poster)
第48回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2014年8月9日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Abnormal neuronal migration with ischemic brain injury in extremely preterm infants underlies subsequent cognitive impairment”(poster)
Joint Meeting of the 20th Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN) and the 5th Annual NeuroDevNet Brain Development Conference, Hilton Montreal Bonaventure, Montreal, Canada, 2014年7月19-24日

Kanehiro Hayashi, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, Yuki Matsunaga, Kazuhiro Ishii, and Kazunori Nakajima
“Climbing mode of migration: a novel migration mode of pyramidal neurons in the developing hippocampus”
Joint Meeting of the 20th Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN) and the 5th Annual NeuroDevNet Brain Development Conference, Hilton Montreal Bonaventure, Montreal, Canada, 2014年7月19-24日

仲嶋一範
“大脳皮質の構造が作られるメカニズム”
新潟大学神経解剖学セミナー、新潟大学医学部、2014年6月27日

出口貴美子、久保健一郎、永井拓、Shan Wei、山田清文、仲嶋一範、井上健
“超早産児の高次脳機能障害に結びつくメカニズムの解明;虚血性脳傷害モデルマウスを用いた解析【第4報】”
第56回日本小児神経学会学術集会、アクトシティ浜松、浜松(静岡県)、2014年5月29-31日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koichi Nagata, Kazunori Nakajima
“The migration of glial progenitors derived from the cortical ventricular zone”
Cortical Development Conference 2014, Crete, Greece, 2014年5月22-25日

Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, Kanehiro Hayashi, Yuki Matsunaga, Kazuhiro Ishii, and Kazunori Nakajima
“Hippocampal pyramidal neurons switch from a multipolar migration mode to a novel “climbing” migration mode during development”
Cortical Development Conference 2014, Crete, Greece, 2014年5月22-25日

Mayumi Okamoto, Takashi Namba, Tomoyasu Shinoda, Kosei Takeuchi, Kazunori Nakajima, Toshihiko Fujimori, Masahiro Ueda, Shigeo Hayashi, Kozo Kaibuchi, and Takaki Miyata
" TAG-1–assisted progenitor elongation streamlines nuclear migration to optimize subapical crowding " (poster)
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会、自治医科大学キャンパス、下野(栃木県)、2014年3月27-29日

林周宏、北澤彩子、久保健一郎、松永友貴、石井一裕、仲嶋一範
"マウス発生期における海馬錐体細胞の新規移動様式" (oral: 発表者仲嶋)
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会、自治医科大学キャンパス、下野(栃木県)、2014年3月27-29日

野田万理子、高木拓明、金谷繁明、仲嶋一範
“発生期大脳新皮質における抑制性神経細胞移動過程のライブイメージングと細胞動態の統計的解析”(poster)
第47回慶應ニューロサイエンス研究会(主催:鈴木則宏、仲嶋一範)、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2014年3月22日

Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, Kanehiro Hayashi, Yuki Matsunaga, Kazuhiro Ishii, and Kazunori Nakajima
“Hippocampal pyramidal neurons migrate by a novel climbing mode during development”(poster)
第47回慶應ニューロサイエンス研究会(主催:鈴木則宏、仲嶋一範)、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2014年3月22日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, Kazunori Nakajima
“Abnormal cortical architectures and neuropsychiatric disorders”
シンポジウム“胎生期・周産期環境変化と精神機能発達 〜脳構造発達の観点より〜”(オーガナイザー:田熊一敞、永井拓)
第87回日本薬理学会年会、東北大学百周年記念会館川内萩ホール・仙台国際センター、仙台(宮城県)、2014年3月19—21日

Mariko Noda, Hiroaki Takagi, Shigeaki Kanatani, and Kazunori Nakajima
“Amoeboid-like movement of tangentially migrating cortical interneurons in a social context: Time-lapse analysis and quantification of cell migration characteristics”(poster)
第7回神経発生討論会、大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館、吹田(大阪府)、2014年3月13-14日

田畑秀典、佐々木恵、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“大脳皮質アストロサイトの産生と移動様式”(poster)
第7回神経発生討論会、大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館、吹田(大阪府)、2014年3月13-14日

2013

Kazunori Nakajima
“Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral cortex”
Special Interest Subgroup: “Cellular and Molecular Mechanisms Involved in Migration and Polarization of Cortical Neurons During Development”
2013 The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting, New Orleans Memorial Convention Center, New Orleans, LA, U.S.A., 2013年12月14-18日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Reelin signaling controls the migratory process of excitatory neurons via its receptors in the developing cortex(発生期大脳皮質においてリーリンシグナルは受容体を介して神経細胞移動を制御する)” 
第36回日本分子生物学会年会、神戸ポートアイランド、神戸(兵庫県)、2013年12月3-6日

岩澤佑治、廣田ゆき、仲嶋一範
“Functions of VLDLR in cortical development”
日本解剖学会関東支部 第101回学術集会、昭和大学旗の台キャンパス、東京、2013年11月30日

仲嶋一範
“動く細胞たちが織りなす脳の形づくり”
学校法人桐朋学園 桐朋中学・高等学校、国立(東京都)、2013年11月19日

Mariko Noda, Shigeaki Kanatani, and Kazunori Nakajima
“Amoeboid-like movement of tangentially migrating cortical interneurons in a social context: Time-lapse analysis and quantification of cell migration characteristics” (poster)
新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の形成」 第3回若手の会、ラフォーレ那須、那須(栃木県)、2013年11月10-11日

Hidenori Tabata, Yasubumi Sakakibara, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima
“Functional screening of the genes involved in the production of progenitor cells in the subventricular zone in mice” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2013 Meeting, San Diego Convention Center, San Diego, California, U.S.A., 2013年11月9-13日

Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Analysis of the mouse model of human heterotopia caused by ectopic expression of Reelin” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2013 Meeting, San Diego Convention Center, San Diego, California, U.S.A., 2013年11月9-13日

田畑秀典、八谷剛史、永田浩一、榊原康文、仲嶋一範
"Screening for candidate genes involved in the production of mouse subventricular zone proliferative cells and an estimation of their changes in evolutionary pressure during primate evolution." (ハイライトトラックに選出) (oral)
日本バイオインフォマティクス学会2013年年会、タワーホール船堀、東京、2013年10月29日

礪波一夫、秦勝志、尾嶋孝一、小野弥子、栗原由紀子、仲嶋一範、栗原裕基、反町洋之
“非プロテアーゼ型カルパインCAPN6の筋組織発生・再生における新規生理機能の解析(A novel physiological function of Calpain-6, a non-proteolytic calpain, in skeletal muscle development and regeneration)” (oral and poster)
第86回日本生化学会大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2013年9月11-13日

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Tatsuro Murakami, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori
“The novel proteolytic cleavage of Reelin near C-terminus regulates postnatal neuronal development” (poster)
第86回日本生化学会大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2013年9月11-13日

仲嶋一範
“記念講演:脳ができるときの神経細胞たちの振る舞い”
平成25年度「めんたるぷれい」全国指導者研修大会、ワイズ企画(知能教育教材出版)、AP東京八重洲通り、東京、2013年8月6日

Mariko Noda, Kanehiro Hayashi, Yuki Hirota, Takao Honda, Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Amoeboid-like moving of tangential migrating cortical interneurons in a social context: Time-Lapse analysis and quantification of cell migration characteristics” (poster)
数理生物学サマーレクチャーコース
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター、神戸(兵庫県)、2013年7月29-31日

Kazuo Tonami, Shoji Hata, Koichi Ojima, Yasuko Ono, Tomokazu Amano, Yukiko Kurihara, Kazunori Nakajima, Hiroki Kurihara, and Hiroyuki Sorimachi
“Calpain-6 is a suppressor of skeletal muscle development and regeneration” (oral and poster)
2013 FASEB Science Research Conferences “Biology of Calpains in Health and Disease”, Vermont Academy, Saxtons River, Vermont, U.S.A., 2013年7月21-26日

Satoshi Yoshinaga, Takahiro Ohkubo, Shinji Sasaki, Mutsuo Nuriya, Yukino Ogawa, Masato Yasui, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima
“A phosphatidylinositol lipids system, lamellipodin and Ena/VASP regulate dynamic morphology of multipolar migrating cells in the developing cerebral cortex.” (poster)
第46回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2013年6月29日

Ling Wengtin, Toshihiro Endo, Wataru Miyazaki, Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, Masaki Kakeyama, Chiharu Tohyama
“Perinatal Exposure to Bisphenol A Affects Cortical Development and Induces Impulsive Behavior in Mice)” (poster)
11th World Congress of Biological Psychiatry, World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP), Kyoto International Conference Center, Kyoto, 2013年6月 23-27日

岡本麻友美、難波隆志、篠田友靖、佐合健、斉藤加奈子、榊原明、川口綾乃、仲嶋一範、上田昌宏、林茂生、藤森俊彦 、貝淵弘三、宮田卓樹
“形態依存的な神経前駆細胞の核移動は神経上皮の混雑を防ぎ、大脳組織形成を確実にする(Interkinetic nuclear migration through TAG-1 assisted progenitor elongation prevents neuroepithelial overcrowding and ensures neocortical histogenesis)”(poster)

第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

渕上孝裕、佐藤裕、冨田裕也、高野哲也、宮内伸也、土屋幸憲、斎藤太郎、久保健一郎、仲嶋一範、福田光則、服部光治、久永眞市
“神経細胞におけるDab1を介したCIN85とReelin受容体ApoER2・VLDLRの相互作用(Dab1-mediated interaction of multi-adaptor protein CIN85 with Reelin-receptors, ApoER2 or VLDLR, in neurons)”(poster)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

石井一裕、久保健一郎、仲嶋一範
“リーリンの強制発現による異所性灰白質マウスモデル(Mouse model of subcortical heterotopia caused by ectopic expression of Reelin)”(poster)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

本田岳夫、仲嶋一範
“大脳新皮質層形成に必須のDab1はImportin依存性または非依存性に核移行する(Dab1, an essential protein for the neocortical development, translocate into nucleus by Importin-dependent or -independent manner.)”(poster)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

廣田ゆき、久保健一郎、仲嶋一範

“リーリンシグナルは受容体を介して神経細胞移動を制御する (Reelin signaling is involved in the migratory process of cortical neurons in addition to their layer formation in developing cerebral cortex.)”(oral)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

久保健一郎、関根克敏、山川眞以、石井一裕、野田万理子、廣田ゆき、本田岳夫、林周宏、仲嶋一範


“発生期大脳皮質においてリーリンはそのシグナル下流分子を通して神経細胞の凝集を誘導する(Reelin induces neuronal aggregation through its downstream molecules in the developing cortex)”(poster)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

田畑秀典、榊原康文、永田浩一、仲嶋一範


“脳室下帯分裂細胞の産生調節に関わる分子の探索(Screening of the genes involving in the production of progenitor cells in the subventricular zone)”(oral)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

林周宏、北澤彩子、久保健一郎、仲嶋一範
“マウス発生期における海馬神経細胞の移動様式(Migration mode of hippocampal neurons during mouse development)”(oral)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

仲嶋一範
“大脳皮質層構造の形成機構(Mechanisms of layer formation in the cerebral cortex)” (oral, symposium)
シンポジウム“大脳新皮質構築と回路形成機構 - 哺乳類特有の脳構造はどのように作られるのか?(Symposium: Neocortical Development and Circuit Formation - How is the Mammalian-Specific Brain Structure Formed?)” (オーガナイザー:仲嶋一範、花嶋かりな)
第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2013)、国立京都国際会館、京都、2013年6月20-23日

Hidenori Tabata, Satoshi Yoshinaga, Yasubumi Sakakibara, Koh-ichi Nagata, Kazunori Nakajima
“Histological organization of mouse and primate subventricular zone in the developing cerebral neocortex” (poster)
Neuro2013 Satellite Symposium “Molecular & Cellular Mechanisms of Brain Development & Evolution”, Kyoto Prefecural University Library Hall, Kyoto, 2013年6月19日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Dawna Armstrong, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Abnormal neuronal migration with ischaemic brain injuries may cause cognitive dysfunction in extremely preterm infants” (oral)
23nd Meeting of the European Neurological Society (ENS), Convention Centre Gran Via, Barcelona, Spain, 2013年6月8-11日

河野孝夫、本田岳夫、久保健一郎、中野良美、村上達郎、仲嶋一範、服部光治
“脳の形成を司る細胞外因子リーリンのプロテオリシスによる機能制御機構の解明”(oral)
平成25年度 生理学研究所 研究会「シナプス恒常性維持の分子基盤とその破綻」、生理学研究所、岡崎(愛知県)、2013年6月6-7日

Mayumi Okamoto, Takashi Namba, Tomoyasu Shinoda, Ken Sagou, Kanako Saito, Akira Sakakibara, Ayako Kawaguchi, Kazunori Nakajima, Masahiro Ueda, Shigeo Hayashi, Toshihiko Fujimori, Kozo Kaibuchi, and Takaki Miyata
“Interkinetic nuclear migration through TAG-1-assisted progenitor elongation prevents neuroepithelial overcrowding and ensures neocortical histogenesis” (oral and poster)
第46回日本発生生物学会年会、くにびきメッセ(島根県立産業交流会館)、松江(島根県)、2013年5月28-31日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Regulation of migratory behavior of excitatory neurons by the Reelin signaling via its receptors” (poster)
24th Biennial International Society for Neurochemistry (ISN) Meeting, Cancun Convention Center, Cancun, Mexico, 2013年4月20-24日

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima
“Function of Reelin Signaling via its Receptor in Migrating Neurons in Developing Cerebral Cortex” (poster)
The 25th CDB Meeting “Cilia and Centrosomes, from Fertilization to Cancer”, RIKEN CDB, 神戸, 2013年6月17-18日

Mayumi Okamoto, Takashi Namba, Tomoyasu Shinoda, Ken Sagou, Kanako Saito, Akira Sakakibara, Ayako Kawaguchi, Kazunori Nakajima, Masahiro Ueda, Shigeo Hayashi, Toshihiko Fujimori, Kozo Kaibuchi, and Takaki Miyata.
“Interkinetic nuclear migration based on neuroepithelial-cell elongation ensures brain histogenesis through ‘crowd control’” (poster)
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会、サンポートホール高松・かがわ国際会議場、高松(香川県)、2013年3月28-30日

廣田ゆき、久保健一郎、仲嶋一範
“神経細胞移動における受容体を介したリーリンシグナルの機能”
第45回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2013年1月26日

林周宏、北澤彩子、久保健一郎、仲嶋一範
“マウス発生期における海馬神経細胞の動態”
第45回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2013年1月26日

2012

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Tatsuro Murakami, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori
“The novel function of Reelin in dendrite orientation of cortical upper-layer neurons.(大脳皮質上層神経細胞の樹状突起配向におけるリーリンの新規機能)”
第85回日本生化学会大会、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡(福岡県)、2012年12月14-16日

Kazunori Nakajima
“Evolution and functional significance of inhibitory interneurons in the cerebral cortex”
ワークショップ:“Functions and dysfunctions of inhibitory neurons(抑制性ニューロンの機能と病態)”(オーガナイザー:有賀純、仲嶋一範)
第35回日本分子生物学会年会、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡(福岡県)、2012年12月11-14日

仲嶋一範
“動く細胞がみせる大脳皮質層形成のメカニズム”
奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科セミナー、奈良(奈良県)、2012年12月7日

仲嶋一範
“大脳皮質の形作りのしくみ”
奈良先端科学技術大学院大学動物科学特論講義、奈良、2012年12月7日

Kazunori Nakajima
“Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral neocortex” Symposium “Cell migration and histogenesis”(organizer: Woong Sun).
Annual Meeting of Korean Associations of Anatomists, Buyeo, Korea, 2012年10月17-20日

Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, Yukiko Itou, Hidenori Aizawa, Kohichi Tanaka, and Kazunori Nakajima
"Analysis of subcortical heterotopia in the postnatal mouse neocortex caused by ectopic expression of Reelin" (poster)
第55回日本神経化学会大会・第11回アジア太平洋神経化学会 合同大会(The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry, The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry)、神戸コンベンションセンター、神戸(兵庫県)、2012年9月30-10月2日

Kanehiro Hayashi, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
"Analysis of the development of the mouse hippocampus" (poster)
第55回日本神経化学会大会・第11回アジア太平洋神経化学会 合同大会(The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry, The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry)、神戸コンベンションセンター、神戸(兵庫県)、2012年9月30-10月2日

Ken-ichiro Kubo, Katsutoshi Sekine, Yuki Hirota, Mai Yamakawa, Mariko Noda, Kazuhiro Ishii, Ayako Kitazawa, Kanehiro Hayashi, Takao Honda, and Kazunori Nakajima
“How does Reelin regulate neuronal layer formation in the developing cortex?” (oral)
Young Investigator Colloquium
第55回日本神経化学会大会・第11回アジア太平洋神経化学会 合同大会(The 11th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry, The 55th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry)、神戸コンベンションセンター、神戸(兵庫県)、2012年9月30-10月2日

田畑秀典、八谷剛史、榊原康文、仲嶋一範
“マウス大脳皮質発生過程における脳室下帯分裂細胞の産生と維持の調節 (Regulation of the production and maintenance of the progenitors in the subventricular zone during the mouse cortical development)”(oral)
第35回日本神経科学大会、名古屋国際会議場、名古屋(愛知県)、2012年9月18-21日

廣田ゆき、久保健一郎、仲嶋一範
“神経細胞移動における受容体を介したリーリンシグナルの機能 (Functions of the Reelin signaling via its receptors in neuronal migration)”(poster)
第35回日本神経科学大会、名古屋国際会議場、名古屋(愛知県)、2012年9月18-21日

河野孝夫、本田岳夫、久保健一郎、村上達郎、中野良美、本間夏美、仲嶋一範、服部光治
“リーリンの新規機能調節機構の解明(Novel regulatory mechanism of the Reelin functions)”(poster)
第35回日本神経科学大会、名古屋国際会議場、名古屋(愛知県)、2012年9月18-21日

川内健史、西村嘉晃、鹿内弥磨、永田浩一、仲嶋一範
“大脳皮質形成におけるロコモーション様式およびターミナルトランスロケーション様式の神経細胞移動の制御機構(Molecular and cellular mechanisms for the locomotion mode and terminal translocation mode of neuronal migration)”(oral)
第35回日本神経科学大会、名古屋国際会議場、名古屋(愛知県)、2012年9月18-21日

本田岳夫、仲嶋一範
“大脳新皮質構築を制御するDab1の核移行メカニズムの解析(Analysis of the nucleocytoplasmic shuttling of Dab1, an essential protein for the neocortical development)”(poster)
第35回日本神経科学大会、名古屋国際会議場、名古屋(愛知県)、2012年9月18-21日

仲嶋一範“大脳皮質神経細胞社会の形成機構” 東京大学大学院医学系研究科 医学共通講義VII「神経科学入門」、東京、2012年9月11日

Kazunori Nakajima“Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral cortex” The 4th Biennial Symposium on Brain and Mind Research in the Asia-Pacific (APRU*-BMAP 2012/FIRST 2012 Symposium) “Diseases and Evolution of the Brain and Mind”, Mita Campus, Keio University, Tokyo, 2012年8月29-31日 (*Association of Pacific Rim Universities)

Kazunori Nakajima“Development of the cerebral cortex”,Keio-Karolinska-Peking Joint Summer School 2012, Shinanomachi Campus, Keio University, Tokyo, 2012年8月3日

仲嶋一範“動く神経細胞の挙動を制御するメカニズム”「神経糖鎖生物学」「血管と神経」「動く細胞と秩序」3領域合同シンポジウム 「細胞外と細胞内クロストーク」、包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 2012年度夏のワークショップ、仙台国際センター、仙台(宮城県)、2012年7月24-27日

Shigeaki Kanatani, Daisuke H. Tanaka, Takao Honda, Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Sayaka Kusuzawa, Michihiko Aramaki, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima“Novel two-step migratory profile of cortical interneurons from the preoptic area and its regulation by the COUP-TFII / Nrp2 pathway” EMBO Workshop on Cortical Interneurons in Health and Disease, Hotel H10 Punta Negra, Mallorca, Spain, 2012年6月24-27日

本田岳夫、仲嶋一範 “大脳新皮質構築を制御するDab1の核移行メカニズムの解析” 第44回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2012年6月2日

田畑秀典、佐々木恵、竹林浩秀、池中一裕、仲嶋一範“マウス大脳皮質後期発生過程におけるアストロサイトの産生と移動様式”第44回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2012年6月2日

Takeshi Kawauchi, Yoshiaki V. Nishimura, Mima Shikanai, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima“Cdk5 plays multiple roles in cortical neuronal migration and morphological changes” 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会、神戸、2012年5月28-31日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Hidenori Tabata, Takashi Namba, John G.Parnavelas, Kazunori Nakajima, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino, Carina Hanashima“The role of Robo1 in the morphological development of cortical upper-layer pyramidal neurons ” 第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会、神戸、2012年5月28-31日

出口貴美子、久保健一郎、仲嶋一範、井上健 “超早産児の虚血性脳傷害モデルマウスを用いた解析;第3報” 第54回日本小児神経学会総会、札幌、2012年5月17-19日

仲嶋一範"移動神経細胞による大脳皮質の層形成"シンポジウム“大脳皮質の形成機構“(オーガナイザー:仲嶋一範)第117回日本解剖学会総会・全国学術集会、甲府、2012年3月26-28日

川内健史、仲嶋一範 “齧歯類終脳の外套発生過程における細胞内小胞輸送の役割” シンポジウム:“メンブレントラフィック研究の新展開“(オーガナイザー:和栗聡、原田彰宏) 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会、甲府、2012年3月26-28日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Hidenori Tabata, Takashi Namba, John G.Parnavelas, Kazunori Nakajima, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino, Carina Hanashima“Robo1 controls the migration and laminar distribution of cortical upper-layer pyramidal neurons (大脳皮質錐体細胞の神経細胞移動と層形成におけるRobo1の役割)” 第5回神経発生討論会、福井、2012年3月15-16日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Hidenori Tabata, Takashi Namba, John G.Parnavelas, Kazunori Nakajima, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino, Carina Hanashima“Robo1 controls the migration and laminar distribution of cortical upper-layer pyramidal neurons” 1st International Symposium “Neocortical Organization”, Okazaki, 2012年3月10-13日

Chiaki Ohtaka-Maruyama, Shinobu Hirai, Akiko Miwa, Julian lk-Tsen Heng, Hiroshi Shitara, Rie Ishii,Choji Taya, Hitoshi Kawano, Masataka Kasai,Kazunori Nakajima, and Haruo Okado“RP58 Controls Neuronal Migration by Negative Feedback Regulation of Ngn2 Transcription in the Developing Cortex” 1st International Symposium “Neocortical Organization”, Okazaki, 2012年3月10-13日

仲嶋一範 “大脳皮質発生における移動神経細胞のダイナミクス” 新学術領域研究「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成」公開シンポジウム:“動く細胞と場を読む”、名古屋、2012年1月27日

関根克敏、川内健史、本田岳夫、久保健一郎、仲嶋一範“リーリンシグナルによる神経細胞移動終了過程と細胞配置機構の解析”第43回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2012年1月14日

石井一裕、久保健一郎、仲嶋一範“リーリンの強制発現によって誘導される皮質下異所性灰白質の生後の解析”第43回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2012年1月14日

2011

Sayaka Kusuzawa, Takao Honda, Shigeaki Kanatani, Daisuke H. Tanaka, and Kazunori Nakajima(楠澤さやか、本田岳夫、金谷繁明、田中大介、仲嶋一範) “Lgi1, an epilepsy-related secreted protein, localizes to the cell nucleus in embryonic inhibitory interneurons” 第34回日本分子生物学会年会、横浜、2011年12月13-16日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Masayuki Sekiguchi, Hidenori Tabata, Takashi Namba, Keiji Wada, John G. Parnavelas, Kazunori Nakajima, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino, Carina Hanashima (権田裕子、William D. Andrews、関口正幸、田畑秀典、難波隆志、和田 圭司、John G. Parnavelas、仲嶋一範、高坂新一、内野茂夫、花嶋かりな) “Robo1 controls the laminar distribution and dendritic development of cortical upper-layer neurons(Robo1は大脳皮質上層錐体細胞の層構造形成および形態形成を調節している)”  第34回日本分子生物学会年会、横浜、2011年12月13-16日

仲嶋一範“大脳新皮質形成の分子・細胞機構”第27回Wakoワークショップ「記憶の形成と障害〜基礎から臨床まで」、東京、2011年11月22日

Sayaka Kusuzawa, Shigeaki Kanatani, Jeffrey Golden, Daisuke H. Tanaka, Kazunori Nakajima“ Molecular mechanisms involved in the caudal migratory stream in developing mouse telencephalon”Society for Neuroscience, Neuroscience 2011 Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2011年11月12-16日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Hidenori Tabata, Takashi Namba, Kazunori Nakajima, John G. Parnavelas, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino and Carina Hanashima “Robo1 regulates the migration and laminar distribution of upper-layer pyramidal neurons”Society for Neuroscience, Neuroscience 2011 Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2011年11月12-16日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Masayuki Sekiguchi, Hidenori Tabata, Takashi Namba, Keiji Wada, John G. Parnavelas, Kazunori Nakajima, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino, and Carina Hanashima“Robo1 regulates the laminar distribution and morphological development of upper-layer pyramidalneurons” Cellular development: Biology at the interface (RIKEN CDB)、神戸、2011年9月29日-10月1日

本田岳夫、仲嶋一範“Analysis of the nucleocytoplasmic shuttling of Dab1 required for cortical structure formation(脳の皮質形成を制御するDab1の核移行メカニズムの解析)” 第54回日本神経化学会大会、加賀、2011年9月26-28日

久保健一郎、本田岳夫、関根克敏、石井一裕、田畑秀典、仲嶋一範“The analyses of Reelin-induced neuronal aggregation in the developing neocortex(発生期大脳新皮質においてリーリンによって誘導される神経細胞凝集の解析)”第54回日本神経化学会大会、加賀、2011年9月26-28日

仲嶋一範“子宮内胎児脳電気穿孔法を用いた大脳皮質形成機構の解析(Analyses of cerebral cortical development using in utero electroporation)”ランチョンセミナー:「エレクトロポレーション法が開拓する新しい脳機能研究(Frontiers of brain research developed by electroporation)」第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

久保健一郎、富田憲司、石井一裕、仲嶋一範“Disc1の海馬層構造形成における役割の解析 (The analysis of the role of Disc1 in the hippocampal layer formation in vivo)”第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

関根克敏、本田岳夫、川内健史、久保健一郎、仲嶋一範“発生期大脳皮質の皮質板の最表層は神経細胞移動様式の変化と"inside-out"型の層構造形成に重要である (The outermost region of the cortical plate is crucial for both the switch of the radial migration mode and the "inside-out" lamination of the neocortex)”第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

田畑秀典、八谷剛史、榊原康文、仲嶋一範“霊長類進化過程で大脳皮質発達に寄与した遺伝子の機能的、生物情報科学的探索(Functional and bioinformatic screening for the genes involved in the expansion of cerebral cortex during the primate evolution)”第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

川内健史、仲嶋一範“ロコモーション様式による神経細胞移動の細胞生物学的理解”シンポジウム「神経細胞極性形成と神経細胞移動」(オーガナイザー:村上富士夫、見学美根子)第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

石井一裕、久保健一郎、仲嶋一範“リーリンの強制発現は生後脳に皮質下異所性灰白質を引き起こす(Ectopic expression of Reelin causes subcortical heterotopia in the postnatal mouse neocortex)”第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

楠澤さやか、金谷繁明、Jeffrey Golden、田中大介、仲嶋一範“抑制性介在ニューロンのCaudal Migratory Streamにおける細胞移動様式の解析(Molecular mechanisms involved in the caudal migratory stream of cortical interneurons)”第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月14-17日

西村嘉晃、星野幹雄、永田浩一、仲嶋一範、川内健史“ライブイメージングを用いた発生期大脳皮質における神経細胞移動の制御機構の解析”シンポジウム「分子と細胞のイメージング」(オーガナイザー:瀬藤光利、永田浩一)第43回日本臨床分子形態学会総会、大阪、2011年9月9-10日

Sayaka Kusuzawa, Shigeaki Kanatani, Jeffrey Golden, Daisuke H. Tanaka, and Kazunori Nakajima“Mechanisms involved in the caudal migratory stream of inhibitory interneurons in developing mouse telencephalon” 2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ、神戸、2011年8月21-24日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Masayuki Sekiguchi, Hidenori Tabata, Takashi Namba, Keiji Wada, John G. Parnavelas, Kazunori Nakajima, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino, and Carina Hanashima“Robo1 controls the laminar distribution and morphological development of upper-layer pyramidalneurons”2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ、神戸、2011年8月21-24日

大石康二、荒巻道彦、仲嶋一範“ニューロン移動後の大脳皮質層の分化・特異化機構の解析”第42回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2011年6月11日

鳥居健一、大石康二、仲嶋一範“The function of chromatin remodeling factor BAF57 in callosal axondevelopment”第42回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2011年6月11日

出口貴美子、久保健一郎、仲嶋一範、井上健“新たな超早産児の虚血性脳傷害モデルマウスを用いた解析;続報”第53回日本小児神経学会総会、横浜、2011年5月26-28日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Hirohide Takebayashi, Kazuhiro Ikenaka, and Kazunori Nakajima“Migration profile of glial progenitors derived from the cerebral cortical ventricular zone”Conference on “Frontiers in Cell Migration & Mechanotransduction”, Bethesda, MD, U.S.A., 2011年5月24-26日

Yuko Gonda, William D. Andrews, Hidenori Tabata, Takashi Namba, Kazunori Nakajima, John G. Parnavelas, Shinichi Kohsaka, Shigeo Uchino and Carina Hanashima “The role of Robo1 in the migration and morphological development of neocortical pyramidal neurons”Cortical Development Meeting 2011 “Neural stem cells to neural circuit”,Chania, Greece, 2011年5月19-22日

Shigeaki Kanatani, Daisuke H. Tanaka, Takao Honda, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “Preoptic area is a novel source of the caudal migratory stream of interneurons in the developing cortex” Cortical Development Meeting 2011 “Neural stem cells to neural circuit”, Chania, Greece, 2011年5月19-22日

Hidenori Tabata, Tsuyoshi Hachiya, Yasubumi Sakakibara, and Kazunori Nakajima(田畑秀典、八谷剛史、榊原康文、仲嶋一範) “Screening for the genes that are involved in the production of non-surface-dividing cells during neocortical development and their evolutionary analyses”第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会、横浜、2011年3月28-30日

堀金慎一郎、竹本-木村さやか、安達-森島亜希、上田-石原奈津美、鈴木敢三、野中美応、岡村理子、西村嘉晃、川内健史、仲嶋一範、奥野浩行、尾藤晴彦“カルシウム/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼI経路による大脳皮質錐体細胞移動の制御”第84回日本薬理学会年会、横浜、2011年3月22-24日

Kazunori Nakajima“Layer formation in the developing cerebral cortex”Karolinska Institute, Stockholm, Sweden, 2011年2月24日

仲嶋一範“進化の最高傑作”大脳皮質の形づくり(高校1年生向け)、栄光学園、鎌倉、2011年2月9日

仲嶋一範 動く細胞たちが作る脳という細胞社会 ―正常とその“破綻”― (一般向け公開)、栄光学園、鎌倉、2011年2月9日

2010

仲嶋一範“大脳皮質の層構造形成機構”愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所共同セミナー、愛知、2010年12月20日

Sayaka Kusuzawa, Shigeaki Kanatani, Daisuke H. Tanaka, Jeffrey Golden, and Kazunori Nakajima(楠澤さやか、金谷繁明、田中大介、Jeffrey Golden、仲嶋一範)“Molecular mechanisms regulating the caudal migratory stream in the developing mouse telencephalon”第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)、神戸、2010年12月7-10日

西村嘉晃、永田浩一、鍋島陽一、星野幹雄、仲嶋一範、川内健史“ロコモーション様式で移動する神経細胞の形態変化を制御する機構の解析”第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)、神戸、2010年12月7-10日

川内健史、関根克敏、鹿内弥磨、富田憲司、久保健一郎、鍋島陽一、星野幹雄、仲嶋一範“エンドサイトーシス経路によるN-カドヘリンの細胞内輸送を介した神経細胞移動の制御機構”第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)、神戸、2010年12月7-10日

Hisayuki Hashimoto, Shinsuke Yuasa, Shugo Tohyama, Tomohisa Seki, Toru Egashira, Kojiro Yae, Dai Kusumoto, Masaki Kodaira, Fumiyuki Hattori, Naoto Muraoka, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Asako Sakaue-Sawano, Atsushi Miyawaki, and Keiichi Fukuda “Novel method 'Fucci' elucidated the cardiomyocyte cell cycle dynamics in various life stages”米国心臓病学会議, Chicago, 2010年11月17日

Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Mima Shikanai, Kaori Chihama, Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, Yo-ichi Nabeshima, Mikio Hoshino “Endocytic pathways by Rab-GTPases regulate cerebral cortical development through the trafficking of N-cadherin” Society for Neuroscience, Neuroscience 2010 Meeting (40th Annual Meeting), San Diego, U.S.A., 2010.11.13-17

吉永怜史、 大久保宇啓、佐々木慎二 、田畑秀典、塗谷睦生、安井正人、仲嶋一範“大脳皮質発生において多極性移動細胞のダイナミックな突起伸縮を制御するメカニズム”第41回慶應ニューロサイエンス研究会「大脳皮質形成とその障害メカニズム」(オーガナイザー:高橋孝雄、仲嶋一範)、東京、2010年11月6日

金谷繁明、田中-原田大介、田畑秀典、仲嶋一範“視索前野由来の大脳皮質抑制性神経細胞は内側および尾側基底核原基由来細胞の両方の特徴を持つ”第41回慶應ニューロサイエンス研究会「大脳皮質形成とその障害メカニズム」(オーガナイザー:高橋孝雄、仲嶋一範)、東京、2010年11月6日

出口貴美子、久保健一郎、仲嶋一範、井上健“新たな超早産児の虚血性脳傷害のモデルマウスの解析:神経前駆細胞の移動障害”第55回日本未熟児新生児学会・学術集会、神戸、2010年11月5-7日

Kazunori Nakajima“Neuronal migration and layer formation”Brain Science Training Program, RIKEN Brain Science Institute, Wako, 2010年10月4日

大石康二、刀川夏詩子、佐々木慎二、仲嶋一範“大脳皮質第IV層形成におけるProtocadherin20の機能解析(Specification of neocortical layer IV fate by Protocadherin20 through regulation of neuronal positioning)”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

西村嘉晃、関根克敏、地濱香央里、永田浩一、仲嶋一範、星野幹雄、鍋島陽一、川内健史“発生期大脳皮質においてロコモーション細胞の形態変化を制御する分子機構の解析(Dissecting the factors involved in the morphological changes of locomoting neurons in the developing cerebral cortex)”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

川内健史、関根克敏、鹿内弥磨、地濱香央里、富田憲司、久保健一郎、仲嶋一範、鍋島陽一、星野幹雄“エンドサイトーシス経路を介したN-Cadherin細胞内輸送による発生期大脳皮質の神経細胞移動の制御機構(Endocytic recycling pathways regulate cortical neuronal migration through N-cadherin trafficking) ”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

久保健一郎、本田岳夫、関根克敏、石井一裕、富田憲司、田畑秀典、仲嶋一範“大脳皮質発生におけるリーリン分子の機能の再解析 (Refocusing on the role of Reelin in cerebral cortical development)”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会 (Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

関根克敏、川内健史、久保健一郎、本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質形成過程におけるRap1依存的な神経細胞移動の局面 (Phases of neuronal migration regulated by Rap1 in the developing cerebral cortex) ”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経科学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

田畑秀典、佐々木恵、竹林浩秀、池中一裕、仲嶋一範“皮質脳室帯に由来するグリア前駆細胞の移動様式(The migration of glial progenitors derived from the cortical ventricular zone) ”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

田中―原田大介、大岩亮、佐々木えりか、仲嶋一範“外套GABA作動性介在神経細胞の哺乳類大脳新皮質への適応における進化発生基盤(Evolutionary developmental basis in the adaptation of pallial GABAergic interneurons to mammalian layered neocortex)”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質層形成を制御するDab1の核移行メカニズムの解析(Analysis of the nuclear translocation mechanism of Dab1 required for layer formation of the cerebral cortex)”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

権田裕子、関口正幸、田畑秀典、難波隆志、和田圭司、仲嶋一範、花嶋かりな、内野茂夫、高坂新一“Robo1は大脳皮質錐体細胞の形態形成を調節している(Robo1 regulates the morphological development of pyramidal neurons in mouse neocortex) ”第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010)、神戸、2010年9月2-4日

Katsutoshi Sekine, Takeshi Kawauchi, Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, and Kazunori Nakajima "Molecular mechanisms of Reelin-Dab1 signaling in the mammalian neocortical development" Global COE program Center for Human Metabolomic Systems Biology Workshop, Yokohama, 2010年8月21-22日

Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima "Ectopic expression of Reelin caused subcortical heterotopia in the postnatal mouse neocortex" Global COE program Center for Human Metabolomic Systems Biology Workshop, Yokohama, 2010年8月21-22日

Sayaka Kusuzawa, Daisuke Tanaka-Harada, Shigeaki Kanatani, Jeffrey A. Golden, and Kazunori Nakajima " Molecular mechanisms regulating the caudal migratory stream in developing mouse telencephalon " Global COE program Center for Human Metabolomic Systems Biology Workshop, Yokohama, 2010年8月21-22日

金谷繁明、田中-原田大介、田畑秀典、仲嶋一範“視索前野由来の大脳皮質抑制性神経細胞は内側/尾側基底核原基の両方の特性を示す”包括脳ネットワーク夏のワークショップ、札幌、2010年7月27-30日

仲嶋一範“大脳皮質形成のメカニズム”東京慈恵会医科大学DNA医学研究所15周年夏期セミナー特別講演、東京、2010年7月10日

Sonja Rakic, Anna Cariboni, Clare Faux, David Hunt, Tom Jacobs, Anastasia Liapi, Shigeaki Kanatani, Francesca Chiara, Kazunori Nakajima, Margareta Nikolic, John Parnavelas. “Cyclin-dependent kinase 5 mediates ErbB4-dependent migration of cortical interneurons.” Federation of European Neuroscience Society, 7th FENS Forum of European Neuroscience, Amsterdam, Netherlands, 2010年7月3-7日

Daisuke Tanaka-Harada, Ryo Oiwa, Erika Sasaki, and Kazunori Nakajima(田中―原田大介、大岩亮、佐々木えりか、仲嶋一範)“Critical evolutionary step for pallial GABAergic interneurons to adapt to mammalian layered neocortex(外套GABA作動性介在神経細胞が哺乳類大脳新皮質に適応するための決定的進化過程)”第43回日本発生生物学会大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)、京都、2010年6月20-23日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, D.L. Armstrong, Kazunori Nakajima, Ken Inoue “Abnormal neuronal migration with ischemic brain injuries may cause cognitive dysfunction in extremely preterm infants”18th Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2010), Estoril, Portugal, 2010年6月6-9日

田畑秀典、佐々木恵、仲嶋一範“大脳皮質の後期発生過程に見られるグリア前駆細胞の移動様式”第40回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2010年5月29日

西村嘉晃、関根克敏、地濱香央里、永田浩一、仲嶋一範、星野幹雄、鍋島陽一、川内健史“大脳皮質形成過程におけるロコモーション移動を制御する分子機構の解析”第74回日本生化学会中部支部例会、名古屋、2010年5月29日

出口貴美子、久保健一郎、仲嶋一範、井上健“周産期脳障害による高次脳機能障害のマウスモデルの開発 Model mouse of cognitive dysfunction due to ischemic brain injury in extremely premature”第52回日本小児神経学会総会、福岡、2010年5月20-22日

川内健史、関根克敏、鹿内弥磨、仲嶋一範、鍋島陽一、星野幹雄“Rabファミリー低分子量G蛋白質依存性エンドサイトーシス経路が大脳皮質形成に果たす役割”ワークショップ “メンブレントラフィック(I)”第62回日本細胞生物学会大会、大阪、2010年5月19-21日

Hisayuki Hashimoto, Shinsuke Yuasa, Shugo Tohyama, Tomohisa Seki, Toru Egashira, Yohei Ohno, Dai Kusumoto, Kojiro Yae, Masaki Kodaira, Hidenori Tabata, Asako Sakaue, Kazunori Nakajima, Atsushi Miyawaki, and Keiichi Fukuda “Novel method 'Fucci' elucidated the native cell-cycle dynamics in developing and ischemic cardiomyocytes” XXth World Congress of the International Society for Heart Research, Kyoto, 2010年5月13-16日

鳥居健一、大石康二、仲嶋一範"脳梁交連軸索形成におけるクロマチンリモデリング因子の役割(The function of chromatin remodeling factors in callosal axon development) "第115回日本解剖学会総会・全国学術集会、盛岡、2010年3月28-30日

田畑秀典、佐々木恵、仲嶋一範"哺乳類大脳皮質形成後期において分裂を伴い速く移動する細胞集団の解析(Investigation of the cell population that migrates quickly and divides during the late cortical plate development) "第115回日本解剖学会総会・全国学術集会、盛岡、2010年3月28-30日

吉永怜史、大久保宇啓、佐々木慎二、田畑秀典、仲嶋一範"大脳皮質発生において多極性移動神経細胞は2種類の異なる突起を伸長・退縮させる(Multipolar migrating neurons in the developing cerebral cortex have two distinct types of processes) "第115回日本解剖学会総会・全国学術集会、盛岡、2010年3月28-30日

金谷繁明、田中大介、本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範“COUP-TFII発現領域に由来する大脳皮質抑制性神経細胞の解析”第4回神経発生討論会(担当幹事:仲嶋一範)、岡崎、2010年3月19-20日

権田裕子、関口正幸、田畑秀典、和田圭司、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一“大脳皮質錐体細胞における軸索ガイダンス分子Roundabout1(Robo1)の役割”第4回神経発生討論会(担当幹事:仲嶋一範)、岡崎、2010年3月19-20日

西村嘉晃、関根克敏、地濱香央里、鍋島陽一、仲嶋一範、星野幹雄、川内健史“発生期大脳皮質におけるロコモーション様式の神経細胞移動に関わる制御因子の解析”第4回神経発生討論会(担当幹事:仲嶋一範)、岡崎、2010年3月19-20日

権田裕子、関口正幸、田畑秀典、和田圭司、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一“軸索ガイダンス分子Roundabout (Robo)1の大脳皮質錐体細胞における機能解析”第31回 国立精神・神経センター神経研究所 研究所発表会、小平、2010年3月9-10日

田畑秀典、仲嶋一範“2種類の前駆細胞によるマウス大脳皮質錐体神経細胞産生の定量的解析”(poster)定量生物学の会 第二回年会、大阪、2010年1月9-11日

2009

仲嶋一範“大脳皮質の形づくりのしくみ”東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科特別講義、東京、2009年12月15日

馬場敦、内田貴之、ハビエ ペレス・マルチネス、日比輝正、宮田卓樹、ファン ルーク、仲嶋一範、服部光治 (Atsushi Baba, Takayuki Uchida, F. Javier Perez-Martinez, Terumasa Hibi, Takaki Miyata, Juan M. Luque, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori)“リーリンは移動初期の神経細胞を標的とする (Downregulation of functional Reelin receptors in projection neurons implies that primary Reelin action occurs at early/premigratory stages)” (poster) 第32回日本分子生物学会年会、横浜、2009年12月9-12日

大石康二、刀川夏詩子、佐々木慎二、仲嶋一範 (Koji Oishi, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, and Kazunori Nakajima)“Protocadherin20 is essential for positioning and laminar fate specification of neocortical layer IV neurons”第32回日本分子生物学会年会、横浜、2009年12月9-12日

小林和馬、佐々木慎二、本田岳夫、久保健一郎、仲嶋一範 (Kazuma Kobayashi, Shinji Sasaki, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima)“哺乳類大脳皮質発生における樹状突起形成の分子メカニズム (Molecular mechanism of dendrite development in the mammalian cortex in vivo)”第32回日本分子生物学会年会、横浜、2009年12月9-12日

権田裕子、関口正幸、田畑秀典、和田圭司、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一 (Yuko Gonda, Masayuki Sekiguchi, Hidenori Tabata, Keiji Wada, Kazunori Nakajima, Shigeo Uchino, and Shinichi Kohsaka)“大脳皮質錐体細胞の発達段階におけるRoundabout1(Robo1)の役割 (Role of Roundabout1 (Robo1) in the development of pyramidal neurons in the mouse neocortex)”第32回日本分子生物学会年会、横浜、2009年12月9-12日

西村嘉晃、関根克敏、地濱香央里、仲嶋一範、星野幹雄、鍋島陽一、川内健史(Yoshiaki V. Nishimura, Katsutoshi Sekine, Kaori Chihama, Kazunori Nakajima, Mikio Hoshino, Yo-ichi Nabeshima, and Takeshi Kawauchi)"発生期の大脳皮質において、Cdk5, Fyn, PKCdeltaは神経細胞移動のそれぞれ異なる段階を制御する (Cdk5, Fyn and PKCdelta regulate differential steps of neuronal migration during the developing cerebral cortex) " 第32回日本分子生物学会年会、横浜、2009年12月9-12日

Kazunori Nakajima“The caudal migratory stream : a migratory stream of interneurons derived from the caudal ganglionic eminence in the mouse brain”(oral, invitation) 2nd International Symposium: “Novel Approaches for Neurological and Psychiatric Disorders”, Nagoya University Global COE Program “Integrated Functional Molecular Medicine for Neuronal and Neoplastic Disorders”, Nagoya, 2009.11.26-27

仲嶋一範“大脳皮質の移動神経細胞のダイナミクス”頭部形成研究会、修善寺、2009年11月16-18日

小林和馬、本田岳夫、久保健一郎、仲嶋一範 “Molecular mechanism of dendrite development in the mammalian cortex in vivo(哺乳類大脳皮質発生における樹状突起形成の分子メカニズム)”(poster) 第39回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2009年10月31日

錦見満暁、大石康二、田畑秀典、仲嶋一範 “Role of EphA3 in the Projection of Mediolaterally Arranged Callosal Neurons (脳梁交連線維系ニューロンの領域依存的な走行の違いにおけるEphA3の役割)”(poster) 第39回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2009年10月31日

小林和馬、本田岳夫、久保健一郎、仲嶋一範“大脳皮質形成における樹状突起形成の分子メカニズム”日本解剖学会関東支部第97回学術集会、所沢、2009 年10月24日

仲嶋一範“子宮内胎児脳電気穿孔法の確立とそれを用いた神経細胞移動の解析”シンポジウム:“遺伝子抑制と遺伝子導入法の展開からみえるもの ~新技術から医薬応用に向けての新しい研究展開~”第82回日本生化学会大会、神戸、2009年10月21-24日

Koji Oishi, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Kazunori Nakajima“Regulation of cortical laminar formation by cadherin family proteins”Society for Neuroscience, Neuroscience 2009 Meeting (39th Annual Meeting), Chicago, U.S.A., 2009.10.17-21

Takemoto-Kimura S., Adachi-Morishima A., Ageta-Ishihara N., Suzuki K.,Nonaka M., Okamura M., Nishimura Y.V., Kawauchi T., Nakajima K., Okuno H.,Bito H. “A pivotal role of a CaMKK-Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase I cascade in the radial migration of layer 2/3 cortical pyramidal neurons”Society for Neuroscience, Neuroscience 2009 Meeting (39th Annual Meeting), Chicago, U.S.A., 2009.10.17-21

Ishizuka K., Kamiya A., Oh E., Robinson J., Mitsuma N., Furukori K., Seshadri S., Huang B., Kubo K., Nakajima K., Katsanis N., Sawa A. “Phosphorylation of DISC1 activates a molecular switch from cell proliferation to neuronal migration in the developing cortex”Society for Neuroscience, Neuroscience 2009 Meeting (39th Annual Meeting), Chicago, U.S.A., 2009.10.17-21

Daisuke H. Tanaka and Kazunori Nakajima“Migratory pathways of avian MGE-derived GABAergic interneurons in the mammalian neocortex: implications for the evolutional adaptation in GABAergic interneuron migration”International Symposium “Construction and Reconstruction of the Brain”, Awaji, 2009年10月8-10日

Koji Oishi, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, and Kazunori Nakajima“Regulation of positioning and laminar fate specification of layer IV neurons by Protocadherin20”International Symposium “Construction and Reconstruction of the Brain”, Awaji, 2009年10月8-10日

Ken-ichiro Kubo, Kenji Tomita, Katsutoshi Sekine, Takao Honda, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima“Investigation of the role of Reelin in vivo using in utero electroporation system”International Symposium “Construction and Reconstruction of the Brain”,Awaji, 2009年10月8-10日

Takayuki Uchida, Atsushi Baba, F. Javier Perez-Martinez, Terumasa Hibi, Takaki Miyata, Juan M. Luque, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori“Downregulation of functional Reelin receptors in projection neurons implies
that primary Reelin action occurs at early/premigratory stages”International Symposium “Construction and Reconstruction of the Brain”,Awaji, 2009年10月8-10日

Kazunori Nakajima“Migratory behavior of progenies of apical progenitors and basal progenitors in the developing cerebral cortex” International Symposium “Construction and Reconstruction of the Brain”, Awaji, 2009年10月8-10日

味岡逸樹、Justina McEvoy, 仲嶋一範、Michael Dyer“マウス網膜発生におけるRbファミリーの役割(The role of the Rb family during mouse retinal development)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

岡戸晴生、大高ー丸山千秋、杉谷善信、福田裕子、石田礼子、平井志伸、三輪昭子、高橋亜紀代、青木克己、持田慶司、鈴木治、本田岳夫、仲嶋一範、小川正晴、寺島俊雄、松田潤一郎、川野仁、葛西正孝“転写抑制因子RP58は大脳皮質の細胞分裂パターンとニューロン生存に必須である(The transcriptional repressor RP58 is crucial for cell-division patterning and neuronal survival in the developing cortex)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

丹羽美苗、神谷篤、村井里菜、久保健一郎、Hanna Jaaro-Peled、陸玲玲、尾崎紀夫、仲嶋一範、野田幸裕、澤明、鍋島俊隆“発生期大脳皮質におけるDisrupted-in-Schizophrenia-1の発現異常はドパミン作動性神経系機能異常を伴う精神疾患表現型を発現する(Disturbance of Disrupted-in-Schizophrenia-1 during neurodevelopment develops phenotypes of psychiatric disorders related to dysfunction of the dopaminergic system)”シンポジウム:“統合失調症”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

久保健一郎、本田岳夫、富田憲司、関根克敏、田畑秀典、仲嶋一範“発生中大脳皮質におけるリーリン分子の生物学的機能の解明(The Investigation of the biological role of Reelin in the developing neocortex)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

権田裕子、田畑秀典、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一“軸索ガイダンス分子Robo1の大脳皮質形成過程における役割(The role of Roundabout1 (Robo1) in the layer formation, axonal and dendritic outgrowth in the developing mouse neocortex)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

川内健史、西村嘉晃、仲嶋一範、鍋島陽一、星野幹雄“Cdk5 and p27kip1 regulate the migration and morphological changes of G0-arrested neurons”シンポジウム:“神経前駆細胞の細胞周期進行が脳形成に持つ意義の解明に向けて”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

佐々木慎二、仲嶋一範 “大脳新皮質発生におけるBMPシグナルの役割 (Role of the BMP signal in the developing cerebral neocortex)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

田中大介、仲嶋一範“鳥類の外套GABA作動性介在神経細胞の哺乳類大脳新皮質でのふるまい:外套GABA作動性神経細胞における大脳新皮質への進化的適応についての暗示(Behavior of avian pallial GABAergic interneurons in the mammalian neocortex: implications for the evolutional adaptation to the neocortex in pallial GABAergic interneurons)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

関根克敏、川内健史、久保健一郎、本田岳夫、仲嶋一範“発生期大脳皮質の神経細胞移動におけるRap1の機能解析(Functional analysis of Rap1 for neuronal migration in the cerebral cortical development)”第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月16-18日

Kazunori Nakajima“The caudal migratory stream : a migratory stream of interneurons derived from the caudal ganglionic eminence in the mouse brain”Workshop: “Advances in neural development/regeneration/synaptic functions:implications in cell therapy” (Organizers: Nancy Y. Ip and Kazunori Nakajima)The 22nd Biennial Joint Meeting of the International Society for Neurochemistry (ISN) and the Asian Pacific Society for Neurochemistry(APSN), Busan, Korea, 2009.8.23-28

Itsuki Ajioka, Kazunori Nakajima, and Michael A. Dyer“Differentiated horizontal interneurons can proliferate and form metastatic retinoblastoma”Young Investigator Colloquia: “Cell Cycle and Neurogenesis”The 22nd Biennial Joint Meeting of the International Society for Neurochemistry (ISN) and the Asian Pacific Society for Neurochemistry(APSN), Busan, Korea, 2009.8.23-28

金谷繁明、仲嶋一範“COUP-TFIIは尾側基底核原基に優位に発現し、尾側細胞移動経路を制御する”自然科学研究機構生理学研究所研究会:「神経科学の新しい解析法とその応用」、岡崎、2009年7月16-18日

仲嶋一範“発生期大脳皮質の移動神経細胞のダイナミクス”慶應義塾大学医学部生理学教室Brain Club、東京、2009年7月8日

関根克敏、川内健史、久保健一郎、本田岳夫、仲嶋一範“Reelin-Dab1 signal regulates the local “inside-out” lamination through terminal translocation (Reelin-Dab1シグナルはterminal translocationによって局所での"inside-out"様式の層構造形成を制御する)”シンポジウム:“何がどのように細胞移動と軸索ガイダンスを制御するのか?”(オーガナ
イザー:五嶋良郎、仲嶋一範) 第52回日本神経化学会大会、渋川(伊香保)、2009年6月22-24日

本田岳夫、山崎真弥、長澤寿磨、阿部学、崎村建司、仲嶋一範“Analysis of the role of Dab1-nucleocytoplasmic shuttling for layer formation of cerebral cortex (Dab1の核細胞質間シャトリングが大脳皮質層形成に果たす役割の解明)”第52回日本神経化学会大会、渋川(伊香保)、2009年6月22-24日

味岡逸樹、仲嶋一範、Micheal A. Dyer“The Role of Epigenetic Modifier for Neuronal Differentiation during Retinogenesis (網膜神経細胞の分化に対するエピジェネティック因子の役割)”シンポジウム:“エピジェネティクスからの精神疾患解明への挑戦”(オーガナイザー:福永浩司)第52回日本神経化学会大会、渋川(伊香保)、2009年6月22-24日

川内健史、関根克敏、仲嶋一範、鍋島陽一、星野幹雄 “エンドサイトーシスを起点とする膜輸送経路による神経細胞移動の制御” 第61回日本細胞生物学会大会、名古屋、2009年6月2-4日

関根克敏、川内健史、久保健一郎、本田岳夫、仲嶋一範“哺乳類大脳皮質形成過程において神経細胞の移動終了過程を制御するDab1のリン酸化部位の同定”第114回日本解剖学会全国学術集会、岡山、2009年3月28-30日

本田岳夫、徳永亮、仲嶋一範“大脳皮質発生過程におけるDab1の核細胞質間シャトリングの生物学的意義の解明”第114回日本解剖学会全国学術集会、岡山、2009年3月28-30日

仲嶋一範“細胞たちによる脳の形作りのしくみ”社団法人畜産技術協会附属動物遺伝研究所セミナー、西白河、2009年3月18日

関根克敏、川内健史、久保健一郎、本田岳夫、仲嶋一範“inside-out様式の大脳皮質層構造形成過程における神経細胞移動終了過程の役割”第38回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2009年3月14日

Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Asuka Uto, Atsushi Kamiya, Akira Sawa, and
Kazunori Nakajima“The analysis of the role of DISC1 in the cortical neuronal migration”第38回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2009年3月14日

関根克敏、川内健史、久保健一郎、本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質形成過程における神経細胞移動終了過程の制御機構”第3回神経発生討論会、岡崎、2009年3月12-13日

大石康二、刀川夏詩子、佐々木慎二、仲嶋一範“細胞外環境による大脳皮質層形成メカニズムの解析”第3回神経発生討論会、岡崎、2009年3月12-13日

川内健史、関根克敏、西村嘉晃、鍋島陽一、仲嶋一範、星野幹雄 "神経細胞移動における膜輸送経路の関与" 第3回神経発生討論会、岡崎、2009年3月12-13日

錦見満暁、大石康二、仲嶋一範“脳梁交連線維系ニューロンの領域依存的な軸索走行”第3回神経発生討論会、岡崎、2009年3月12-13日

本田岳夫、仲嶋一範“Dab1の核細胞質間シャトリングが大脳皮質層形成に果たす役割の解明”第3回神経発生討論会、岡崎、2009年3月12-13日

権田裕子、田畑秀典、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一“大脳皮質の層構造形成および神経回路形成過程におけるRoundabout(Robo)1の発現機能解析”第30回 国立精神・神経センター神経研究所 研究所発表会、小平、2009年3月10-11日

川内健史、西村嘉晃、鍋島陽一、星野幹雄、仲嶋一範 "細胞骨格制御分子の活性及び代謝調節による神経細胞の分化・成熟の制御機構"生命科学系GCOEネットワーク・フォーラム2009、東京、2009年2月14日

2008

Yoshiaki Nishimura, Kazunori Nakajima, Yo-ichi Nabeshima, Mikio Hoshino, and Takeshi Kawauchi(西村嘉晃、仲嶋一範、鍋島陽一、星野幹雄、川内健史)"Possible involvement of Cdk5 and JNK in the migration and morphological changes of locomoting neurons during cerebral cortical development(神経細胞特異的な移動様式であるロコモーション移動を制御する分子機構の解析)"第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸、2008年12月9-12日

Yuko Gonda, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Shigeo Uchino, Shinichi Kohsaka (権田裕子、田畑秀典、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一)“Expression pattern of Roundabout1 (Robo1) in the developing mouse forebrain(発達期のマウス前脳におけるRoundabout1(Robo1)の発現分布様式)”第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸、2008年12月9-12日

Takahiro Okubo, Shinji Sasaki, and Kazunori Nakajima (大久保 宇啓、佐々木 慎二、仲嶋 一範)“Analyses of the actin regulatory protein in the developing cerebral cortex(発生期大脳皮質におけるアクチン制御因子の解析)”第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸、2008年12月9-12日

Koji Oishi, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, and Kazunori Nakajima (大石康二、刀川夏詩子、佐々木慎二、仲嶋一範)“Role of Pcdh20 in cortical lamination (Pcdh20による大脳皮質層形成メカニズムの解析)”第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)、神戸、2008年12月9-12日

宇都飛鳥、久保健一郎、金谷繁明、仲嶋一範“大脳皮質抑制性神経細胞におけるDISC1の機能解析”日本解剖学会関東支部第96回学術集会、つくば、2008年11月22日

佐々木恵、田畑秀典、仲嶋一範“マウス胎生後期大脳皮質の中間帯で見られる新たな細胞移動様式”日本解剖学会関東支部第96回学術集会、つくば、2008年11月22日

錦見満暁、大石康二、仲嶋一範“大脳皮質交連ニューロン軸索の脳梁通過時の領域依存的な制御”日本解剖学会関東支部第96回学術集会、つくば、2008年11月22日

Atsushi Kamiya, Minae Niwa, Rina Murai, Yukihiro Noda, Ken-ichiro Kubo,Hanna Jaaro-Peled, Saurav Seshadri, Kazunori Nakajima, Toshitaka Nabeshima,and Akira Sawa“Genetic disturbance of cortical development: exploring novel animal models for schizophrenia via in utero gene transfer”Society for Neuroscience, 38th Annual Meeting, 2008.11.15-19, Washington,D.C., U.S.A.

Joseph W. Yip, Shinji Sasaki, and Kazunori Nakajima“Netrin effects on migration of sympathetic preganglionic neurons in the spinal cord”Society for Neuroscience, 38th Annual Meeting, 2008.11.15-19, Washington,D.C., U.S.A.

仲嶋一範“神経細胞移動・リーリンと脳形成”名古屋大学大学院医学系研究科グローバルCOEプログラム「ニューロサイエンスコース」、名古屋、2008年11月7日

Yuko Gonda, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Shigeo Uchino, Shinichi Kohsaka(権田裕子、田畑秀典、仲嶋一範、内野茂夫、高坂新一)“Expression profile of Roundabout1 (Robo1) in the developing mouse neocortex(マウス前脳におけるRobo1の発現様式)”第51回日本神経化学会大会、2008.9.11-13、富山

Yoshiaki V. Nishimura, Kazunori Nakajima, Yo-ichi Nabeshima, Mikio Hoshino, and Takeshi Kawauchi(西村嘉晃、仲嶋一範、鍋島陽一、星野幹雄、川内健史)“Chemical inhibitor screening for molecules regulating morphological changes of locomoting neurons in the developing cerebral cortex(大脳皮質形成過程においてロコモーション様式で移動する神経細胞の形態変化を制御する分子の探索)”第51回日本神経化学会大会、2008.9.11-13、富山

Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Kenji Tomita, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima(久保健一郎、本田岳夫、富田憲司、田畑秀典、仲嶋一範)“The analysis of the role of Reelin signaling in the developing neocortex(発生中大脳皮質におけるリーリンシグナルの役割の解析)”第51回日本神経化学会大会、2008.9.11-13、富山

Toshitaka Nabeshima, Minae Niwa, Rina Murai, Yukihiro Noda, Ken-ichiro Kubo, Atsushi Kamiya, Hanna Jaaro-Peled, Kazunori Nakajima, and Akira Sawa(鍋島俊隆、丹羽美苗、村井里菜、野田幸裕、久保健一郎、神谷篤、Hanna Jaaro-Peled、仲嶋一範、澤明)“Transient knockdown of DISC1 in the developing cerebral cortex leads to dopaminergic disturbance and schizophrenia-like deficits in young adult mice(大脳皮質発達時にDISC1を一過性にノックダウンするとドパミン作動性神経系の機能障害と統合失調症様の障害を成熟マウスに惹起する)”Symposium:"Animal models of neuropsychiatric disorders ? from C. elegans to monkey -(精神神経疾患のモデル動物―線虫からサルまで)"(Organizers:Tsukasa Koyama and Akemichi Baba <小山司、馬場明道>)第51回日本神経化学会大会、2008.9.11-13、富山

高沖英二、高詰佳史、内藤文恵、今西宣晶、平岡芳樹、仲嶋一範、平田幸男、仲村勝、藤井多久磨、谷本伸弘、佐藤徹、天野隆弘、相磯貞和“立体視を含む多次元医学教育コンテンツの開発”第40回日本医学教育学会総会および学術大会、東京、2008年7月25-26日

今西宣晶、平岡芳樹、相磯貞和、高詰佳史、高沖英二、天野隆弘、仲嶋一範“解剖学実習にハイビジョン立体ビデオシステムを取り入れた試み”第40回日本医学教育学会総会および学術大会、東京、2008年7月25-26日

Shigeaki Kanatani, Masato Yozu, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima“Screening of the molecules that regulate the migratory stream from the caudal ganglionic eminence in the developing mouse telencephalon.”第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Asuka Uto, Atsushi Kamiya, Akira Sawa, and Kazunori Nakajima “The analysis of the role of DISC1 in the brain layer formation in vivo”第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Shinji Sasaki, Hidenori Tabata, Kashiko Tachikawa, and Kazunori Nakajima “Molecular mechanisms that regulate the behavior of multipolar migration neurons in the developing cerebral neocortex” 第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Ken-ichiro Kubo, Kenji Tomita, Kazuma Kobayashi, Asuka Uto, Takao Honda, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima “The application of the in utero gene transfer system to investigate the role of Reelin in the developing neocortex”第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Koji Oishi, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, and Kazunori Nakajima “Regulation of cortical laminar formation by cadherin family proteins”第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Yoshiaki V. Nishimura, Kazunori Nakajima, Mikio Hoshino, Yo-ichi Nabeshima, Takeshi Kawauchi “Search for molecules regulating morphological changes of migrating neurons using real-time imaging of cortical slices”第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, and Kazunori Nakajima “A novel migration mode observed in the intermediate zone during the late cortical development” 第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Takuya Maeda, and Kazunori Nakajima “Identification and analyses of molecules that are induced beneath the marginal zone in the developing cerebral cortex”第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Kazunori Nakajima“Mechanisms that control neuronal migration in the developing cerebral cortex”シンポジウム:"神経ネットワーク構築における細胞移動のダイナミズム(Dynamics of cell migration in neuronal network formation)"(オーガナイザー:高橋淑子、仲嶋 一範)第31回日本神経科学大会、東京、2008年7月9-11日

Kazunori Nakajima“Mechanisms of layer formation in the developing cerebral cortex”Keio Global COE Program International Symposium “Mechanisms of Cerebral Cortical Development” (Organizers: Kazunori Nakajima and Jeffrey Golden), Tokyo, 2008年7月8日

Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima“Investigation of the roles of Reelin on the cortical layer development”Global COE Program -Center for Human Metabolomic Systems Biology- Summer School 2008, Tokyo, 2008年7月7-11日

Koichi Kosaka, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima“Cell and molecular mechanisms of layer formation in the retina”Global COE Program -Center for Human Metabolomic Systems Biology- SummerSchool 2008, Tokyo, 2008年7月7-11日

Takeshi Kawauchi, Mikio Hoshino, Yo-ichi Nabeshima, and Kazunori Nakajima“Molecular analysis for Cdk5 pathway and cortical neuronal migration”Global COE Program -Center for Human Metabolomic Systems Biology- Summer School 2008, Tokyo, 2008年7月7-11日

Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Kenji Tomita, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “Investigation of the roles of Reelin on the development of the cerebral cortex”第37回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2008年6月21日

大石 康二, 刀川 夏詩子, 佐々木 慎二, 仲嶋 一範“細胞間接着による大脳皮質層形成機構の解明”第37回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2008年6月21日

原田尚子、小山田吉孝、桑名俊一、中谷理恵、徳田百合子、刀川夏詩子、本田岳夫、仲嶋一範、石坂彰敏"新生ラット摘出脳幹脊髄標本の吸息性および呼息性ニューロンにおけるTASK-1の発現"第48回日本呼吸器学会学術講演会、神戸、2008年6月15-17日

Y. Kubota, K. Kimura, Y. Fujishiro, K. Kamifukumoto, T. Iwasaki, N. Imanishi, K. Nakajima, S. Aiso, K. Omae, S. “Effectiveness of a push-pull ventilation system for lowering the formaldehyde concentration in a dissection laboratory”American Industrial Hygiene Association (AIHce) 2008, Minneapolis, MN, U.S.A., 2008年5月31日-6月5日

Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Kenji Tomita, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima“Investigation of the roles of Reelin on the cortical layer development”Cortical Development Meeting 2008, Crete, Greece, 2008年5月22-25日

Takayuki Uchida, Atsushi Baba, Terumasa Hibi, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori“Regulated expression and downregulation of functional Reelin receptors indicates complex actions of Reelin during brain development”Cortical Development Meeting 2008, Crete, Greece, 2008年5月22-25日

Kazunori Nakajima“Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral cortex”Symposium:“Cell Behavior in 3D”(invited) American Association of Anatomists (AAA) Annual Meeting / Experimental Biology 2008 (EB 2008) Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2008年4月5日-9日

今西宣晶、相磯貞和、仲嶋一範、久保田裕仁、上福元清隆 “慶應大学における解剖実習室空気環境改善対策” 第113回日本解剖学会全国学術集会、大分、2008年3月27-29日

田畑秀典、佐々木恵、仲嶋一範"大脳後期発生過程に見られる新規移動様式、不軌道性移動の解析"第113回日本解剖学会全国学術集会、大分、2008年3月27-29日

森本桂子、滝上紘之、前田卓哉、味岡逸樹、刀川夏詩子、佐々木慎二、本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範"大脳皮質興奮性ニューロンの移動における髄膜の役割"第113回日本解剖学会全国学術集会、大分、2008年3月27-29日

Takayuki Uchida, Terumasa Hibi, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori "Where Does Reelin Work? Localization of Functional Reelin Receptors in the Developing Mouse Brain as Revealed by Reelin-Alkaline Phosphatase Fusion Probe"RIKEN CDB Symposium: "Turning neurons into a nervous system", Kobe, 2008年3月24日-26日

Yoshimi Nakano, Takao Kohno, Terumasa Hibi, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori "Functions of The Highly Conserved C-terminal Region of Reelin and Its Regulation by Proteolysis"RIKEN CDB Symposium: "Turning neurons into a nervous system", Kobe, 2008年3月24日-26日

西村嘉晃、仲嶋一範、星野幹雄、鍋島陽一、川内健史 "移動神経細胞の形態変化の経時的観察とその制御因子の探索" 第2回神経発生討論会、岡崎、2008年3月13-14日

Kazunori Nakajima“Identification of molecules preferentially expressed in restricted regions in the developing telencephalon”自然科学研究機構基礎生物学研究所研究会:「大脳皮質の発生と可塑性II」、岡崎、2008年3月7日-8日

topTakeshi Kawauchi, Mikio Hoshino, Yo-ichi Nabeshima, and Kazunori Nakajima“Molecular analysis for Cdk5 pathway and cortical neuronal migration”Global COE Program -Center for Human Metabolomic Systems Biology- Workshop,Tokyo, 2008年2月29日-3月1日

topKoichi Kosaka, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima“Cell and molecular mechanisms of layer formation in the retina”Global COE Program -Center for Human Metabolomic Systems Biology- Workshop,Tokyo, 2008年2月29日-3月1日

topKashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Takuya Maeda, and Kazunori Nakajima“Identification and analyses of molecules that are induced beneath the marginal zone in the developing cerebral cortex”Global COE Program Workshop -Center for Human Metabolomic Systems Biology-,Tokyo, 2008年2月29日-3月1日

Kazunori Nakajima“Neuronal migration in the developing cerebral cortex - Development and application of in utero electroporation"
自然科学研究機構基礎生物学研究所研究会:「遺伝子導入法の神経研究への応用」、岡崎、2008年2月8-9日

Kazunori Nakajima“Dynamics of cerebral cortical development”熊本大学発生医学研究センターグローバルCOEリエゾンラボ研究会(Global COE
Liaison Laboratory regular seminar)、熊本、2008年1月30日

2007

仲嶋一範“大脳皮質発生における神経細胞移動と層形成の制御機構”シンポジウム:"神経発生素過程の生体制御"(オーガナイザー:三浦正幸、仲嶋一範)第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会(BMB2007)、横浜、2007年12月11-15日

金谷繁明、星野直哉、大石康二、田畑秀典、仲嶋一範“新たに誕生した神経細胞が好んで進む方向を規定する因子の同定”科学技術振興機構 生物の発生・分化・再生領域第6回公開シンポジウム、東京、2007年11月20日

Ken-ichiro Kubo, Atsushi Kamiya, Akira Sawa, and Kazunori Nakajima “The analysis of the role of DISC1 in the neuronal migration of the neocortex in vivo"Society for Neuroscience, 37th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2007年11月3-7日

Takao Honda and Kazunori Nakajima“Mouse Disabled1 (Dab1), an essential component in layer formation of cerebral cortex, is a nucleocytoplasmic shuttling protein.”Society for Neuroscience, 37th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2007年11月3-7日

Shigeaki Kanatani, Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “Screening and functional analyses of the molecules that are preferentially expressed in the caudal ganglionic eminence in the developing mouse brain.”Society for Neuroscience, 37th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2007年11月3-7日

T. Uchida, A. Baba, T. Miyata, K. Nakajima, M. Hattori “Localization of functional reelin receptors as revealed by alkaline phosphatase-Reelin fusion protein.”Society for Neuroscience, 37th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2007年11月3-7日

Y. Nakano, T. Kohno, T. Hibi, S. Kohno, A. Baba, K. Mikoshiba, K. Nakajima, M. Hattori “The extremely conserved C-terminal region of Reelin is not necessary for secretion but is required for efficient activation of downstream signaling.”Society for Neuroscience, 37th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2007年11月3-7日

Kazunori Nakajima“Dynamics of neuronal migration and layer formation in the developing cerebral cortex”Developmental Biology Special Seminar, The Children's Hospital of Philadelphia, University of Pennsylvania School of Medicine, Philadelphia, PA, U.S.A., 2007年11月1日

佐々木恵、田畑秀典、仲嶋一範“大脳皮質の後期発生過程に出現する第四の移動様式”第36回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2007年10月27日

佐々木慎二、田畑秀典、刀川夏詩子、平田幸男、仲嶋一範“発生期大脳新皮質における多極性移動神経細胞に発現する分子の解析”第36回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2007年10月27日

仲嶋一範“脳の発生過程における神経細胞のダイナミクス”生命科学イメージングシンポジウム ~分子動態から発生・疾患の解明へ~(主催:東京大学大学院薬学系研究科、ライカマイクロシステムズ株式会社)、東京、2007年10月16日

大島登志男, 平澤基之, 田畑秀典, 岩里琢治, 糸原重美, 仲嶋一範, Ashok Kulkarni, 御子柴克彦“Cdk5は大脳皮質神経細胞の放射状移動時の多極性-双極性変換に必要である”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質層形成を制御するマウスDab1は核-細胞質間をシャトリングする”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“発生期大脳皮質の皮質板上層部で優位に発現する分子の検索と機能解析”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

久保健一郎、神谷篤、澤明、仲嶋一範“新皮質の形成においてDISC1が果たす役割の解析”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

大石康二、刀川夏詩子、佐々木慎二、仲嶋一範“細胞間接着による大脳皮質層形成機構の解析”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

仲嶋一範“発生期大脳皮質における神経細胞移動と層形成の制御”シンポジウム:"細胞内外シグナルの連携による神経細胞移動の制御"(オーガナイザー:五嶋良郎、仲嶋一範)第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

権田裕子、櫻井準、田畑秀典、平田幸男、味岡逸樹、仲嶋一範“IGFBPL-1は発生期脳において新たに誕生した神経細胞の局在部位に強く発現する傾向を有する"第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

佐々木慎二、田畑秀典、刀川夏詩子、平田幸男、仲嶋一範“発生期大脳新皮質における多極性移動神経細胞の挙動を制御する分子の検索と解析”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

内野茂夫、福村怜子、田畑秀典、平澤孝枝、服部功太郎、湯浅茂樹、仲嶋一範、高坂新一“大脳皮質形成過程におけるNMDA受容体を介した細胞移動の分子基盤”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

中野良美、河野孝夫、日比輝正、河野志織、馬場敦、御子柴克彦、仲嶋一範、服部光治“脳形成に必須の分泌タンパク質リーリンの分泌と機能における、C末端領域の機能解析”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

内田貴之、馬場敦、宮田卓樹、仲嶋一範、服部光治“リーリンとアルカリフォスファターゼの融合タンパク質を用いた、リーリン受容体の機能的発現部位の決定”第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2007)、横浜、2007年9月10-12日

Y. Kubota, K. Kimura, Y. Fujishiro, K. Kamifukumoto, T. Iwasaki, N.Imanishi, K. Nakajima, S. Aiso, K. Omae, S. Tanaka, H. Miyauchi.“Formaldehyde Level and Exposure Prevention Measure in Dissection Laboratories”American Industrial Hygiene Association (AIHce) 2007, Philadelphia, U.S.A., 2007年7月2-7日 <AIHce2007 Winner: Engineering Control and Technology, Aerosols, IEQにて1st place受賞>

仲嶋一範“大脳皮質構造の発生分化機構"聖マリアンナ医科大学フロンティア医科学大学院セミナー、川崎、2007年7月11日

仲嶋一範“大脳皮質神経細胞構築のダイナミクス”国立精神神経センター神経研究所セミナー、小平、2007年7月3日

田畑秀典、仲嶋一範“皮質脳室帯に由来する2つの集団が示す互いに異なった移動過程”第35回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2007年6月9日

本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質層形成を制御するマウスDab1は核-細胞質間シャトリングタンパク質である”第35回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2007年6月9日

佐藤裕、田岡万悟、杉山奈美、久保健一郎、渕上孝裕、浅田明子、斉藤太郎、仲嶋一範、磯辺俊明、久永真市“Cdk5によるDab1とCIN85の相互作用の制御”第40回日本発生生物学会・第59回日本細胞生物学会合同大会、福岡、2007年5月28-30日

原田尚子、小山田吉孝、桑名俊一、中谷理恵、刀川夏詩子、本田岳夫、仲嶋一範、石坂彰敏“新生ラット摘出脳幹-脊髄標本の呼吸関連ニューロンにおけるTASKの分布の検討”第47回日本呼吸器学会学術講演会、東京、2007年5月

Kazunori Nakajima “Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral cortex ”International Meeting “Neurogenesis 2007”, Tokyo, 2007年5月

仲嶋一範“脳の細胞構築のメカニズム”大阪市立大学大学院医学研究科セミナー、大阪、2007年4月

仲嶋一範“神経細胞移動と皮質層形成の制御機構”近畿大学理工学部生命科学科セミナー、東大阪、2007年4月

仲嶋一範“神経系の発生”大阪市立大学医学部発生学特別講義、大阪、2007年4月

今西宣晶、相磯貞和、仲嶋一範“慶應大学における解剖実習室空気環境改善対策”第112回日本解剖学会全国学術集会、大阪、2007年3月

田畑秀典、得田久敬、宇田川理絵、佐々木恵、佐藤温子、前田卓哉、仲嶋一範“皮質神経細胞の移動過程で特異的に発現する分子の同定と機能解析”第112回日本解剖学会全国学術集会、大阪、2007年3月

久保健一郎、神谷篤、澤明、仲嶋一範“大脳皮質神経細胞移動におけるDISC1の役割の解析”第112回日本解剖学会全国学術集会、大阪、2007年3月

本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質層形成を制御するマウスDab1は核-細胞質間シャトリングタンパク質である”第112回日本解剖学会全国学術集会、大阪、2007年3月

Kazunori Nakajima “Dynamics of cerebral cortical development ”International Symposium ~Leading edge in Bioscience~, Tokyo, 2007年3月

仲嶋一範“大脳皮質層形成のメカニズム”シンポジウム:”多細胞社会が特定構造を再現性良く構築できるメカニズム”(オーガナイザー:仲嶋一範、中川真一)第6回日本再生医療学会総会、横浜、2007年3月

仲嶋一範“脳の細胞構築と神経回路形成のメカニズム”福井大学医学部「神経解剖特論」、福井、2007年2月

仲嶋一範“大脳皮質形成のダイナミクス”福井大学医学部セミナー、福井、2007年2月

仲嶋一範“大脳皮質の形作り -「小さな」細胞たちが「巨大な」細胞社会を作る仕組み-”慶應義塾大学医学部眼科学教室公開セミナー、東京、2007年1月

2006

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“発生期大脳皮質の神経細胞移動終了過程に特異的に発現する分子の検索”平成18年度神経発生討論会、岡崎、2006年12月

本田岳夫、仲嶋一範“大脳新皮質層形成を制御するReelin-Dab1シグナルの生理的役割の解明”平成18年度神経発生討論会、岡崎、2006年12月

金谷繁明、四津真人、田畑秀典、仲嶋一範“尾側基底核原基に特異的に発現する分子の探索”第34回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2006年12月

久保健一郎、御子柴克彦、仲嶋一範“新皮質層構造形成過程におけるReelinシグナル伝達メカニズムの解析”第34回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2006年12月

金谷繁明、四津真人、田畑秀典、仲嶋一範“尾側基底核原基に特異的に発現する分子の探索”日本分子生物学会2006フォーラム『分子生物学の未来』、名古屋、2006年12月

権田裕子、櫻井準、平田幸男、田畑秀典、味岡逸樹、仲嶋一範“マウス発生期前脳におけるIGFBPL-1の発現”日本分子生物学会2006フォーラム『分子生物学の未来』、名古屋、2006年12月

中野良美、河野志織、馬場敦、仲嶋一範、服部光治“脳形成に必須の分泌タンパク質リーリンの分泌と機能における、C末端領域の機能解析”日本分子生物学会2006フォーラム『分子生物学の未来』、名古屋、2006年12月

内田貴之,日比輝正,馬場敦,宮田卓樹,仲嶋一範,服部光治“リーリンとアルカリフォスファターゼの融合タンパク質を用いたリーリン受容体の機能的発現部位の決定”日本分子生物学会2006フォーラム『分子生物学の未来』、名古屋、2006年12月

仲嶋一範“大脳皮質層形成のメカニズム”セッション:“In vitro and in silico analyses of the cerebral cortical development“ Keio University The 21st Century COE Program -Understanding and Control of Life’s Function via Systems Biology- 公開シンポジウム「“ウェットバイオロジー”と“ドライバイオロジー”の融合・連携」、東京、2006年11月

前田卓哉“大脳皮質形成における神経細胞の選別機構の解明に向けた計算機利用の試み”セッション:“In vitro and in silico analyses of the cerebral cortical development“ Keio University The 21st Century COE Program -Understanding and Control of Life’s Function via Systems Biology- 公開シンポジウム「“ウェットバイオロジー”と“ドライバイオロジー”の融合・連携」、東京、2006年11月

Yuko Gonda, Hitoshi Sakurai, Hidenori Tabata, Yukio Hirata, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima “Expression of IGFBPL-1 mRNA in the developing mouse forebrain”第94回日本解剖学会関東支部学術集会、伊勢原、2006年10月

Takuya Maeda, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima “Prediction of cellular behavior during cell-sorting and layer formation of cerebral cortex by an in silico cell model”The Seventh International Conference on Systems Biology, Yokohama, 2006年10月

Ken-ichiro Kubo, Atsushi Kamiya, Akira Sawa, and Kazunori Nakajima “The analysis of the role of DISC1 in the cortical development by the loss of DISC1 function in vivo”Society for Neuroscience, 36th Annual Meeting, Atlanta, GA, U.S.A., 2006年10月

Toshio Ohshima, Motoyuki Hirasawa, Hidenori Tabata, Tomoko Adachi, Hiromi Suzuki, Takuji Iwasato, Shigeyoshi Itohara, Kazunori Nakajima, Ashok B.Kulkarni, and Katsuhiko Mikoshiba “Cdk5 is required for multipolar-bipolar transformation during neuronal migration and proper dendrite development of pyramidal neurons in cerebral cortex”Society for Neuroscience, 36th Annual Meeting, Atlanta, GA, U.S.A., 2006年10月

仲嶋一範、前田卓哉“Virtue of in silico biology”(分科会)Keio University The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2006 in Shonan -Multidisciplinary Linkage between Biomedical Sciences and Informatics, and New Development in Systems Biology-、横須賀、2006年9月

前田卓哉、味岡逸樹、仲嶋一範“細胞の自律的な振舞に基づくin silico細胞モデルの細胞選別への適用”Keio University The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2006 in Shonan -Multidisciplinary Linkage between Biomedical Sciences and Informatics, and New Development in Systems Biology-、横須賀、2006年9月

小坂晃一、田畑秀典、仲嶋一範“網膜細胞層形成メカニズムの探究”Keio University The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2006 in Shonan -Multidisciplinary Linkage between Biomedical Sciences and Informatics, and New Development in Systems Biology-、横須賀、2006年9月

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“発生期大脳皮質の皮質板上層部で特異的に発現する分子の検索”Keio University The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2006 in Shonan -Multidisciplinary Linkage between Biomedical Sciences and Informatics, and New Development in Systems Biology-、横須賀、2006年9月

金谷繁明、四津真人、田畑秀典、仲嶋一範“細胞の振る舞いの差を利用した尾側基底核原基に特異的に発現する分子の検索”Keio University The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2006 in Shonan -Multidisciplinary Linkage between Biomedical Sciences and Informatics, and New Development in Systems Biology-、横須賀、2006年9月

権田裕子、櫻井準、田畑秀典、味岡逸樹、仲嶋一範“マウス発生期大脳皮質におけるIGFBPL-1の発現様式”Keio University The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2006 in Shonan -Multidisciplinary Linkage between Biomedical Sciences and Informatics, and New Development in Systems Biology-、横須賀、2006年9月

Takae Hirasawa, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Takeo Kubota, Shigeo Uchino, and Shinichi Kohsaka “NMDA receptors participate in neuronal migration in the early stage of mouse cortical development”ワークショップ「神経回路形成・発達分化・神経突起伸張」、第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会、名古屋、2006年9月

Ken-ichiro Kubo, Atsushi Kamiya, Akira Sawa, and Kazunori Nakajima “The analysis of the altered cortical development by the loss of DISC1 function in vivo”ワークショップ「神経回路形成・発達分化・神経突起伸張」、第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会、名古屋、2006年9月

Yutaka Sato, Akiko Asada, Taro Saito, Masato Taoka, Nami Sugiyama, Toshiaki Isobe, Kazunori Nakajima, and Shin-ichi Hisanaga “Phosphorylation of Dab1 by Cyclin-dependent kinase 5”第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会、名古屋、2006年9月

Rina Murai, Yukihiro Noda, Kazunori Nakajima, Akira Sawa, and Toshitaka Nabeshima “Biochemical and behavioral abnormalities in mice suppressed endogenous DISC1 during neurodevelopment”第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会、名古屋、2006年9月

Yuko Gonda, Hitoshi Sakurai, Hidenori Tabata, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima “Expression pattern of IGFBPL-1 in the developing mouse cerebral cortex”第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会、名古屋、2006年9月

仲嶋一範"細胞移動による大脳皮質形成を制御するメカニズム"第29回日本神経科学大会 シンポジウム「脳の基本構造の形成と神経細胞移動」(オーガナイザー:村上富士夫、仲嶋一範)、京都、2006年7月

久保健一郎、御子柴克彦、仲嶋一範"新皮質層構造形成過程におけるReelinシグナル伝達メカニズムの解析"第29回日本神経科学大会、京都、2006年7月

Kazunobu Sawamoto, Yuki Hirota, Mario Soriano-Navarro, Xiaoping He, Yoshika Hayakawa, Akio Iwanami, Junichi Yamane, Hiroyuki Kato, Yoshiaki Toyama, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Hajime Ishii, Yoshikuni Tanioka, Tatsuji Nomura, Hitoshi Kawano, Arturo Alvarez-Buylla, Jose Manuel Garcia-Verdugo, Hideyuki Okano “Cellular composition of the postnatal common marmoset subventricular zone: an evolutionally-conserved neurogenic region”日本発生生物学会第39回大会、広島、2006年6月

金谷繁明、四津真人、田畑秀典、仲嶋一範“Screening of the molecules that are specifically expressed in the caudal ganglionic eminence in the developing mouse brain based on the differences in the cell behavior”日本発生生物学会第39回大会、広島、2006年6月

Takayuki Uchida, Terumasa Hibi, Atsushi Baba, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori “Localization of functional Reelin receptors as revealed by Alkaline Phosphatase-Reelin fusion protein”20th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology(第20回国際生化学・分子生物学会議、第29回日本分子生物学会年会、第79回日本生化学会大会),Kyoto, 2006年6月

Yoshimi Nakano, Shiori Kohno, Atsushi Baba, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori “The C-terminal domain of Reelin is not necessary for secretion but is involved in activation of its downstream signaling”20th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology(第20回国際生化学・分子生物学会議、第29回日本分子生物学会年会、第79回日本生化学会大会),Kyoto, 2006年6月

Takao Honda, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima “Functional analysis of Reelin-Dab1 signaling pathway in neuronal migration and differentiation”20th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology(第20回国際生化学・分子生物学会議、第29回日本分子生物学会年会、第79回日本生化学会大会),Kyoto, 2006年6月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範“RNA干渉を用いたReelin-Dab1シグナル伝達系の大脳新皮質形成における機能解析”第33回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2006年6月

滝上紘之、本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質形成における髄膜の役割の解明”第33回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2006年6月

仲嶋一範 "大脳皮質構造の発生機構" 第48回日本小児神経学会総会 教育講演、浦安、2006年6月

仲嶋一範“大脳皮質神経細胞社会の形成機構”東京大学大学院医学系研究科 大学院講義「神経科学入門」、東京、2006年5月

仲嶋一範“発生期大脳皮質における神経細胞移動のダイナミクス”シンポジウム“神経解剖学のアイデンティティを考える--教育と研究の現状と展開:Part2 脳研究における形態学のアイデンティティ”第111回日本解剖学会全国学術集会、相模原、2006年3月

田畑秀典、宮田卓樹、仲嶋一範“皮質脳室帯に由来する2つの集団が示す互いに異なった移動過程”第111回日本解剖学会全国学術集会、相模原、2006年3月

滝上紘之、本田岳夫、仲嶋一範“大脳皮質形成における髄膜の役割の解明”第111回日本解剖学会全国学術集会、相模原、2006年3月

久保健一郎、御子柴克彦、仲嶋一範“Reelinによって誘導されるDab1の効率的なチロシンリン酸化メカニズムの解析”第111回日本解剖学会全国学術集会、相模原、2006年3月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範“RNA干渉を用いたReelin-Dab1シグナル伝達系の大脳新皮質形成における機能解析”第111回日本解剖学会全国学術集会、相模原、2006年3月

Kazunori Nakajima, Itsuki Ajioka, and Takuya Maeda “How do cortical neurons “self-organize” a birth-date-dependent layered structure during development? ”自然科学研究機構基礎生物学研究所研究会「大脳皮質の発生と機能構築」、岡崎、2006年3月

仲嶋一範“移動神経細胞が整然とした細胞社会を形成できるメカニズム”名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻脳機能構築学研究室セミナー、名古屋、2006年2月

仲嶋一範 "哺乳類神経系の発生・分化のしくみ"千葉大学理学部生物学科遺伝子生物学特講A、千葉、2006年2月

Kazunori Nakajima, Itsuki Ajioka, and Takuya T. Maeda “In vitro and in silico analyses of the birth-date-dependent segregation of the cerebral cortical neurons”(Oral) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, Yukio Hirata, and Kazunori Nakajima “Expression profiles of EphA3 at both the RNA and protein level in the developing mammalian forebrain”(Poster)International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Itsuki Ajioka and Kazunori Nakajima “Birth-date-dependent segregation of the mouse cerebral cortical neurons in reaggregation cultures”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Itsuki Ajioka and Kazunori Nakajima “Switching of a-catenin from a E-catenin in the cortical ventricular zone to  a N-catenin II in the intermediate zone”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Itsuki Ajioka, Takuya Maeda and Kazunori Nakajima “Identification of ventricular-side-enriched molecules regulated in a stage-dependent manner during cerebral cortical development”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Takuya Maeda, Itsuki Ajioka, Shinji Sasaki, Kashiko Tachikawa, and Kazunori Nakajima “Network programming to obtain biological information via several web-based bioinformatics tools”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Takuya Maeda, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima “In silico analysis of cell sorting that recapitulates the pattern of cellular arrangement in a reproducible manner”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Masatoshi Sakurai, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima “Screening of secretory or cell surface molecules that are expressed in the ventricular zone but not in the cortical plate in the developing cerebral cortex”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Takao Honda, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “Analysis of Reelin-Dab1 signal transduction system in layer formation of cerebral neocortex using RNAi ”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Ken-ichiro Kubo and Kazunori Nakajima “Analysis of the mechanism of Reelin-induced tyrosine phosphorylation of Dab1”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Hidenori Tabata and Kazunori Nakajima “Fate and origin of multipolar cells during the cortical plate development”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Hisanori Tokuda, Hidenori Tabata, Yoshimichi Tabata, Takuya Maeda, Rie Udagawa, Atsuko Sato, Masumi Abe, and Kazunori Nakajima “Screening for the transmembrane proteins that are specifically expressed in the multipolar migration cells in the developing neocortex”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Kashiko Tachikawa,Shinji Sasaki, Takuya Maeda, and Kazunori Nakajima  “Screening for the molecules that are preferentially expressed in the upper cortical plate/marginal zone of the developing cerebral cortex”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “The caudal migratory stream: a novel migratory stream of interneurons derived from the caudal ganglionic eminence in the developing mouse forebrain”(Poster) International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

Shigeaki Kanatani, Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “Screening of the specific expressed molecule in the caudal ganglionic eminence in the developing brain”(Poster)International Symposium “Dynamics of Cortical Development and Neuronal Migration” (Organizers: Kazunori Nakajima and Takao Takahashi), Tokyo,2006年1月

2005

Kazunori Nakajima“Dynamics of cerebral cortical development”慶應義塾大学・フランス大使館共催REASONING and COGNITION 論理思考と認知に関する国際シンポジウム(慶應義塾大学人文科学21COE「心の統合的研究」センターとエコールノルマールシューペリュール(パリ)共同企画)、東京、2005年12月

久保健一郎、仲嶋一範“Analysis of the mechanism of Reelin-induced tyrosine phosphorylation of Dab1”第32回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2005年12月

得田久敬、田畑秀典、前田卓哉、宇田川理絵、田端義巌、安倍真澄、仲嶋一範“発生期大脳皮質における多極性移動細胞特異的膜タンパク質のスクリーニング”第32回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2005年12月

前田卓哉、味岡逸樹、仲嶋一範 "自律的振舞いを実装する細胞モデルを用いた細胞選別現象のin silico実験" 日本分子生物学会第28回年会、福岡、2005年12月

前田卓哉、味岡逸樹、佐々木慎二、刀川夏詩子、仲嶋一範 "既存のバイオインフォマティクスのツールを有機的に結びつけて結果を得るネットワークプログラム構築の試み" 日本分子生物学会第28回年会、福岡、2005年12月

Yutaka Sato, Akiko Asada, Taro Saito, Mari Yamada, Kazunori Nakajima, and Shin-iichi Hisanaga“Phosphorylation of Dab1 by Cdk5”日本分子生物学会第28回年会、福岡、2005年12月

仲嶋一範 "多細胞社会による形作りのしくみ"東京大学分子細胞生物学研究所形態形成研究分野セミナー、東京、2005年11月

Yutaka Sato, Akiko Asada, Taro Saito, Mari Yamada, Kazunori Nakajima, and Shin-ichi Hisanaga “Phosphorylation of Dab1 by Cyclin-dependent kinase 5”Society for Neuroscience, 35th Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2005年11月

Ken-ichiro Kubo and Kazunori Nakajima "The application of the in utero gene transfer system to the investigation of the role of Reelin signaling" Society for Neuroscience, 35th Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2005年11月 

Masato Yozu, Shigeaki Kanatani, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "Three dimensional profile of the interneuron migration from the subpallium to the pallium" Society for Neuroscience, 35th Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2005年11月  

C. Geraud, S. Zhao1, H. Bock, O. Kretz, K. Nakajima, M. Frotscher, E. Foerster "Reelin Promotes Axonal Outgrowth of Dissociated Hippocampal Neurons" Society for Neuroscience, 35th Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2005年11月

Kazunobu Sawamoto, Xiaoping He, Yuki Hirota, Yoshika Hayakawa, Akio Iwanami, Jun-ichi Yamane, Hiroyuki Katoh, Yoshiaki Toyama, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Hajime Ishii, Yoshikuni Tanioka, Tatsuji Nomura, Hitoshi Kawano, Jose Manuel Garcia-Verdugo, Arturo Alvarez-Buylla, and Hideyuki Okano"Cell proliferation, migration and differentiation in the postnatal common marmoset subventricular zone" Society for Neuroscience, 35th Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2005年11月

仲嶋一範"大脳皮質構造の発生機構"東京大学大学院理学系研究科修士生物化学特論、東京、2005年11月

得田久敬、田畑秀典、田端義巌、安倍真澄、前田卓哉、仲嶋一範 "発生期大脳皮質における多極性細胞特異的な膜タンパク質のスクリーニング" 科学技術振興機構生物の発生・分化・再生領域第4回公開シンポジウム、東京、2005年10月

田畑秀典、仲嶋一範 "大脳皮質発生過程における多極性細胞の起源と最終運命の解析" 科学技術振興機構生物の発生・分化・再生領域第4回公開シンポジウム、東京、2005年10月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範 "大脳皮質層形成を制御するReelin-Dab1シグナルのRNAiを用いた機能解析" 科学技術振興機構生物の発生・分化・再生領域第4回公開シンポジウム、東京、2005年10月

仲嶋一範 "大脳皮質形成のメカニズム" シンポジウム「身体・自己・時間」―心の哲学から神経の科学まで-(21世紀COE研究拠点「心の解明に向けての統合的方法論構築」「システム生物学による生命機能の理解と制御」「知能化から生命化へのシステムデザイン」共同主催)、東京、2005年9月

仲嶋一範 "多細胞社会による形作りのしくみ -生きた脳組織と計算機によるin silico 実験によるアプローチ-"'(分科会) 慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

Takuya Maeda, Itsuki Ajioka, Shinji Sasaki, Kashiko Tachikawa, and Kazunori Nakajima "Computational approach toward the Understanding of the Morphogenesis during Development(発生における形態・組織形成過程のシステム的理解に向けた計算機利用の試み)" 慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "The caudal migratory stream : a novel migratory stream of interneurons derived from the caudal ganglionic eminence in the developing mouse forebrain(マウス発生期終脳における尾側基底核原基に由来する抑制性神経細胞の新しい細胞移動経路)" 慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

Yuko Gonda, Hidenori Tabata, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima "Expression pattern of the extracellular matrix glycoprotein SPARC in the developing mouse cerebral cortex (マウス発生期大脳皮質におけるSPARCの発現)"  慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

Shigeaki Kanatani, Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "Screening of the specifically expressed molecules in the caudal ganglionic eminence in the developing mouse brain(尾側基底核原基に特異的に発現する分子の探索)" 慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Takuya Maeda, and Kazunori Nakajima "Screening for the molecules that are preferentially expressed in the upper cortical plate of the developing cerebral cortex(発生期大脳皮質の皮質板上層部で特異的に発現する分子の検索)" 慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

Koichi Kosaka, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "The mechanisms controlling cell fate in the retina (網膜細胞の運命を制御するメカニズムの探求)" 慶應義塾大学21世紀COE生命科学ワークショップーシステム生物学による生命機能の理解と制御-「wetとdryの融合に向けたbrainstorming」、横須賀、2005年9月

四津真人、田畑秀典、仲嶋一範 "A new system for the three-dimensional visualization of tangential migration in the developing mouse forebrain" 第48回日本神経化学会大会、福岡、2005年9月

田畑秀典、宮田卓樹、仲嶋一範“Fate and origin of multipolar cells during the cortical plate development” in Mini Symposium “Neuronal Differentiation and Development II”第48回日本神経化学会大会、福岡、2005年9月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範“Analysis of Reelin-Dab1 signal transduction system in layer formation of cerebral neocortex using RNAi” 第48回日本神経化学会大会、福岡、2005年9月

久保健一郎、御子柴克彦、仲嶋一範 “Analysis of the mechanism of Reelin-induced tyrosine phosphorylation of Dab1” 第48回日本神経化学会大会、福岡、2005年9月

Kazunori Nakajima “Dynamics of neuronal migration in the developing cerebral cortex” International Symposium: Neuronal Differentiation in Cortical Development, Osaka, 2005年9月

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“Screening for the molecules that are preferentially expressed in the upper cortical plate/marginal zone of the developing cerebral cortex”第28回日本神経科学大会、横浜、2005年7月

得田久敬、田畑秀典、田端義巌、安倍真澄、仲嶋一範“Screening for the transmembrane proteins that are specifically expressed in the multipolar migration cells in the developing neocortex”第28回日本神経科学大会、横浜、2005年7月

前田卓哉、味岡逸樹、仲嶋一範“細胞選別を実現する細胞の振る舞いをin silico実験で予測する” 第31回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2005年6月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima “Three-dimensional visualization of the interneuron migration in the developing mouse forebrain” 第31回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2005年6月

仲嶋一範“大脳皮質神経細胞社会形成のメカニズム” 東京都神経科学総合研究所神経科学セミナー、東京、2005年6月

味岡逸樹、仲嶋一範“大脳皮質形成におけるS1P1シグナルの解析” 日本発生生物学会第38回大会、仙台、2005年6月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “A new system for the three dimensional visualization of tangential migration” “Cortical Development”Meeting -Neural stem cells to neural circuits-, Santorini, Greece, 2005年5月

衛藤薫、田畑秀典、大澤真木子、仲嶋一範“MAPK upstream protein kinase (MUK)蛋白質の発生期脳における機能” 第110回日本解剖学会全国学術集会、富山、2005年3月

関根克敏、味岡逸樹、仲嶋一範“マウス発生期大脳皮質におけるアクチビンシグナルの発現” 第110回日本解剖学会全国学術集会、富山、2005年3月

櫻井政寿、味岡逸樹、仲嶋一範“大脳皮質の発生において脳室帯特異的に発現する因子のスクリーニング” 第110回日本解剖学会全国学術集会、富山、2005年3月

四津真人, 田畑秀典, 仲嶋一範 “マウス大脳皮質視覚野における抑制性神経細胞の誕生時期依存的配置機構” The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2004 -Understanding and Control of Life's Function via Systems Biology-、東京, 2005年3月

金谷繁明, 田畑秀典, 仲嶋一範“長期観察のための、簡便なスライスカルチャー法の改良” The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2004 -Understanding and Control of Life's Function via Systems Biology-、東京、2005年3月

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“発生期大脳皮質の皮質板上層・辺縁帯で優位に発現する分子の検索” The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2004 -Understanding and Control of Life's Function via Systems Biology-、東京、2005年3月

権田裕子、味岡逸樹、田畑秀典、仲嶋一範“マウス大脳皮質脳室帯に特異的に発現する分子の検索” The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2004 -Understanding and Control of Life's Function via Systems Biology-、東京、2005年3月

前田卓哉、味岡逸樹、佐々木慎二、刀川夏詩子、仲嶋一範“発生における形態・組織形過程のシステム的理解に向けた計算機利用の試み” The 21st Century COE Young Scientist Workshop 2004 -Understanding and Control of Life's Function via Systems Biology-、東京、2005年3月

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範 “発生期大脳皮質の皮質板上層・辺縁帯で優位に発現する分子の検索” 第30回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2005年2月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範 “大脳半球由来因子の神経細胞死抑制作用” 第30回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2005年2月

仲嶋一範 “大脳皮質形成のダイナミクス” つくばブレインサイエンスセミナー、つくば、2005年2月

仲嶋一範 “大脳皮質形成のダイナミクス” 東京都立大学大学院理学研究科セミナー、東京、2005年2月

仲嶋一範 “脳の形作りのメカニズム” 東京都立大学大学院理学研究科細胞機構学特論、東京、2005年2月

仲嶋一範 “中枢神経系の組織構築の仕組み” 東京大学新領域創成科学研究科大学院講義生命科学概論、 柏、2005年1月

2004

仲嶋一範 “大脳皮質形成のメカニズム” 京都府立医科大学医学部生体構造科学特別講義、京都、2004年12月

仲嶋一範 “大脳皮質組織構築のダイナミクス” 京都府立医科大学大学院セミナー、京都、2004年12月

Itsuki Ajioka, Takuya Maeda, Masatoshi Sakurai,Kazunori Nakajima. "Screening of secretory or cell surface molecules that are expressed in the developing cerebral cortical ventricular zone but not in the cortical plate" The American Society for Cell Biology, 44th Annual Meeting, Washington, D.C., U.S.A., 2004年12月

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“発生期大脳皮質の皮質板上層・辺縁帯で優位に発現する分子の検索” 慶應義塾大学21世紀COEプログラム生命科学分野ワークショップin 矢上、横浜, 2004年11月

四津真人, 田畑秀典, 仲嶋一範 “マウス大脳皮質視覚野における抑制性神経細胞の誕生時期依存的配置機構” 慶應義塾大学21世紀COEプログラム生命科学分野ワークショップin 矢上、横浜, 2004年11月

権田裕子、味岡逸樹、田畑秀典、仲嶋一範“マウス大脳皮質脳室帯に特異的に発現する分子の検索” 慶應義塾大学21世紀COEプログラム生命科学分野ワークショップin 矢上、横浜, 2004年11月

Takehiko Sunabori, Takeharu Nagai, Akinori Tokunaga, Hidenori Tabata, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, Atsushi Miyawaki, Yumi Matsuzaki, Hideyuki Okano “Visualizing neural progenitor cells with a destabilized fluorescent reporter nestin-d-Venus” 科学技術振興機構生物の発生・分化・再生領域第三回公開シンポジウム、東京、2004年11月

衞藤薫,田畑秀典,大澤真木子, 仲嶋一範“MAPK upstream kinase (MUK)蛋白質の発生期脳における機能” 科学技術振興機構生物の発生・分化・再生領域第三回公開シンポジウム、東京、2004年11月

四津真人, 田畑秀典, 仲嶋一範 “マウス大脳皮質抑制性神経細胞と興奮性神経細胞の誕生時期依存的配置パターンの違い” 科学技術振興機構生物の発生・分化・再生領域第三回公開シンポジウム、東京、2004年11月

仲嶋一範"大脳皮質形成のダイナミクス" 横浜市立大学大学院医学最先端セミナー、横浜、2004年11月

Takehiko Sunabori, Takeharu Nagai, Akinori Tokunaga, Hidenori Tabata, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, Atsushi Miyawaki, Yumi Matsuzaki, Hideyuki Okano“Visualizing neural progenitor cells with a destabilized fluorescent reporter: Nestin-d4-Venus” Society for Neuroscience, 34th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2004年10月

Atsushi Kamiya, Toshifumi Tomoda, Ken-ichiro Kubo, Richard Youn, Yuji Ozeki, Una Park, Masako Okawa, Christopher A. Ross, Mary E. Hatten, Kazunori Nakajimaand Akira Sawa "Role of Disrupted-in-Schizophrenia-1 (DISC1) in microtubular dynamics and cerebral cortical development provides evidence for neurodevelopmental origin of schizophrenia" Society for Neuroscience, 34th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2004年10月

Chikako Kudo, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima "Expression profiles of EphA3 at RNA and protein levels in the developing mammalian brain" Society for Neuroscience, 34th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2004年10月

Takao Honda, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "Supportive function of meninges in cortical development" Society for Neuroscience, 34th Annual Meeting, San Diego, CA, U.S.A., 2004年10月

Hidenori Tabata and Kazunori Nakajima “ Multipolar migration as the third mode of radial neuronal migration during corticaldevelopment” Neuronal Migration Meeting, Elba, Italy, 2004年9月

Kazunori Nakajima, Itsuki Ajioka, and Hidenori Tabata "Dynamics of cerebral cortical development" in Symposium “Cellular principles of neocortical development(大脳皮質の細胞構築制御)” (Organizers: Kazunori Nakajima and Makoto Sato) 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学合同大会(Neuro2004)、大阪、2004年9月

Hidenori Tabata and Kazunori Nakajima "The behavior of multipolar cells in the developing cortex" 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学合同大会(Neuro2004)、大阪、2004年9月

TakaoHonda, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "Action of neuroprotective factor derived from cerebral hemispheres" 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学合同大会(Neuro2004)、大阪、2004年9月

Takuya Maeda, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima "Attempt of computational approach toward understanding the neural cell segregation during the cortical layer formation" 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学合同大会(Neuro2004)、大阪、2004年9月

Itsuki Ajioka, Takuya Maeda, and Kazunori Nakajima "Screening of the ventricular zone-specific secretory or cell surface molecules in the developing cerebral cortex" 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学合同大会(Neuro2004)、大阪、2004年9月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima "Birth-date dependent alignment of GABAergic interneurons in the developing mouse visual cortex" 第27回日本神経科学・第47回日本神経化学合同大会(Neuro2004)、大阪、2004年9月

仲嶋一範 “中枢神経系の細胞構築機構” ステムセル研究所セミナー、東京、2004年9月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima “Comparison of birth-date dependent alignment of GABAergic interneurons and non-GABAergic neurons in the developing mouse visual cortex”16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA), Kyoto, 2004年8月

Hidenori Tabata, Takaki Miyata, and Kazunori Nakajima “The phase of multipolar cells as a fundamental process of radial neuronal migration during cortical development” 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA), Kyoto, 2004年8月

Itsuki Ajioka and Kazunori Nakajima “Molecular mechanism of the cell adhesion properties of the cortical neurons”16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA), Kyoto, 2004年8月

Kazunori Nakajima “Dynamics of neuronal migration in the developing cerebral cortex”in Symposiun “Molecular and cellular principals of cerebral cortical development” 16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA), Kyoto, 2004年8月

Kazunori Nakajima “Dynamics of neuronal migration in the developing cerebral cortex” Special Presentation. The Inaugural Pacific Rim Brain Conference, Kailua-Kona, Hawaii, U.S.A., 2004年8月

Kazunori Nakajima “Neuronal migration and meninges in the developing cerebral cortex” Kobe Meeting on Vertebrate Brain Development, Awaji and Kobe,2004年7月

四津真人, 田畑秀典, 仲嶋一範 “マウス大脳皮質視覚野における抑制性神経細胞の誕生時期依存的配置機構” 第29回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2004年7月

前田卓哉、味岡逸樹、仲嶋一範“細胞選別機構の解明に向けたin silico実験の試みと大脳皮質形成への適用について” 第29回慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2004年7月

仲嶋一範 “大脳皮質発生のダイナミクス” 慶應義塾大学医学部呼吸循環器内科セミナー、東京、2004年7月

仲嶋一範 “大脳皮質形成のダイナミクス” 東京慈恵会医科大学バイオベンチャー研究開発拠点整備事業公開セミナー、東京、2004年7月

Takehiko Sunabori, Takeharu Nagai, Akinori Tokunaga, Hidenori Tabata, Takaki Miyata, Kazunori Nakajima, Atsushi Miyawaki, Yumi Matsuzaki, Hideyuki Okano “Visualizing neural stem cell: analysis of Nestin-d4-Venus transgenic mice”Keystone Symposia, Colorado, U.S.A., 2004年6月

四津真人、田畑秀典、仲嶋一範“マウス大脳皮質視覚野における抑制性神経細胞の配置機構” 日本発生生物学会第37回大会、名古屋、2004年6月

前田卓哉、味岡逸樹、仲嶋一範 “細胞選別機構の解明に向けたin silico実験の試みと大脳皮質層形成への適用について” 日本発生生物学会第37回大会、名古屋、2004年6月

Kazunori Nakajima “Visualization of neuronal migration in the developing cerebral cortex” in International Symposium on Neuronal Migration Disorders and Childhood Epilepsies, The 7th Annual Meeting of the Infantile Seizure Society, Tokyo, 2004年4月

田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質神経細胞の移動様式” シンポジウム:「中枢神経系の組織構築機構」(オーガナイザー:仲嶋一範、見学美根子)、日本再生医療学会第3回総会、幕張、2004年3月

2003

Kazunori Nakajima and Hidenori Tabata “Neuronal Migration in the Cerebral Cortical Development” International Symposium on “Development and Regeneration of the Nervous System” 、Okazaki、2003年12月

Itsuki Ajioka and Kazunori Nakajima “Cerebral cortical neurons are segregated in vitro depending on their birth-dates” The American Society for Cell Biology, 43rd Annual Meeting, San Francisco, California, U.S.A., 2003年12月

平林祐介、伊藤靖浩、田畑秀典、仲嶋一範、秋山徹、増山典久、後藤由季子 “神経系前駆細胞におけるWntシグナルの役割” 日本分子生物学会第26回年会、神戸、2003年12月

前田卓哉、味岡逸樹、仲嶋一範 “大脳皮質層形成の基盤となる細胞選別機構の解明に向けたin silico実験の試み” 日本分子生物学会第26回年会、神戸、2003年12月

Yuko Gonda, Itsuki Ajioka, Kazunori Nakajima“Screening for molecules whose expression is developmentally regulated in the mouse cerebral cortex” International Symposium of 21st Century COE Program, Keio University “Understanding and Control of Life’s Function via Systems Biology”、Yokohama、2003年11月

Masato Yozu, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima “Alignment of interneurons in the developing cerebral cortex” International Symposium of 21st Century COE Program, Keio University “Understanding and Control of Life’s Function via Systems Biology”、Yokohama、2003年11月

Kazunori Nakajima “Developmental dynamics of mammalian cerebral cortex” International Symposium of 21st Century COE Program, Keio University “Understanding and Control of Life’s Function via Systems Biology”、Yokohama、2003年11月

Ken-ichiro Kubo, Katsuhiko Mikoshiba, and Kazunori Nakajima "Analysis of the mechanisms that mediate efficient Reelin-induced tyrosine phosphorylation of Dab1" Society for Neuroscience, 33rd Annual Meeting, New Orleans, LA, U.S.A., 2003年11月

Hidenori Tabata and Kazunori Nakajima "Phase of the multipolar cell is the fundamental process during the migration of cortical neurons" Society for Neuroscience, 33rd Annual Meeting, New Orleans, LA, U.S.A., 2003年11月

仲嶋一範 “大脳皮質神経細胞の動きを観る” シンポジウム「バイオイメージング技術による神経・血管機能のシステム生物学的解析」、第12回日本バイオイメージング学会学術集会、横浜、2003年10月

味岡逸樹、田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質における移動神経細胞の細胞接着性の解析” 第46回日本神経化学会・第41回日本生物物理学会合同大会、新潟、2003年9月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質形態形成における髄膜の役割” 第46回日本神経化学会・第41回日本生物物理学会合同大会、新潟、2003年9月

四津真人、田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質形成過程における抑制性神経細胞の配置機構” 第46回日本神経化学会・第41回日本生物物理学会合同大会、新潟、2003年9月

Kazunori Nakajima “Dynamics of cerebral cortical development” International Symposium “Dynamics of Neural Development”, Osaka, 2003年8月

Kazunori Nakajima and Hidenori Tabata “Visualization of neuronal migration using in utero electroporation” in Symposium “Evolving roles of radial glia”, 6th IBRO (International Brain Research Organization) World Congress of Neuroscience, Prague, Czech Republic, 2003年7月

仲嶋一範(山本亘彦先生とともにシンポジウムオーガナイザー)シンポジウム「大脳皮質の発生・進化と機能構築」日本神経科学学会第26回大会、名古屋、2003年7月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質形成に於ける髄膜の役割” 日本神経科学学会第26回大会、名古屋、2003年7月

久保健一郎、御子柴克彦、仲嶋一範 “Reelinによる効果的なDab1リン酸化の解析” 日本神経科学学会第26回大会、名古屋、2003年7月

味岡逸樹、仲嶋一範 “大脳皮質神経細胞の発生時期依存的な凝集機構の解析” 日本神経科学学会第26回大会、名古屋、2003年7月

田畑秀典、仲嶋一範 "大脳皮質形成過程における初期と後期の神経細胞移動様式の違い" 日本神経科学学会第26回大会、名古屋、2003年7月

工藤千加子、味岡逸樹、仲嶋一範 “発生期大脳皮質におけるEphA3の発現パターンの解析” 日本発生生物学会第36回大会、札幌、2003年6月

仲嶋一範、教育講演 “大脳皮質形成のメカニズム” BNM (Brain Nuclear Medicine) 研究会、東京、2003年6月

本田岳夫、田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質の形態形成における髄膜の役割” 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業研究領域「生物の発生・分化・再生」第2回公開国際シンポジウム、東京、2003年5月

田畑秀典、仲嶋一範 “大脳皮質神経細胞の発生時期による移動様式の違い” 科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業研究領域「生物の発生・分化・再生」第2回公開国際シンポジウム、東京、2003年5月

仲嶋一範、田畑秀典 “Dynamics of cerebral cortical development” シンポジウム:「in vivoあるいはorganotypic cultureにおける神経細胞の追跡」、日本細胞生物学会第56回大会、大津、2003年5月

味岡逸樹、仲嶋一範 "発生時期依存的な大脳皮質神経細胞の選択的凝集機構" 日本解剖学会第108回総会・全国学術集会、福岡、2003年4月

田畑秀典、宮田卓樹、小川正晴、仲嶋一範 "大脳皮質神経細胞の新規移動様式" 日本解剖学会第108回総会・全国学術集会、福岡、2003年4月

仲嶋一範 “大脳皮質の形作りのメカニズム” 総合医科学研究センターセミナー、東京、2003年3月

仲嶋一範 “大脳の形作りのダイナミクス" 文部科学省バイオベンチャー研究開発拠点整備事業講演会、東京、2003年2月

仲嶋一範 "大脳皮質組織構築の分子・細胞機構" 慶應義塾大学医学部脳神経外科教育講演、東京、2003年2月仲嶋一範 "大脳皮質発生のダイナミクス" 特定領域研究(B) 「脳のパターン形成」班会議招待講演、東京、2003年1月

刀川夏詩子、佐々木慎二、前田卓哉、仲嶋一範“発生期大脳皮質の皮質板上層・辺縁帯で優位に発現する分子の検索” 日本分子生物学会第27回年会、神戸、2004年12月

2002

田畑秀典、仲嶋一範 "大脳皮質における移動神経細胞の段階的な移動様式の変化" シンポジウム:「細胞骨格の制御と細胞遊走」、日本分子生物学会第25回年会、横浜、2002年12月

味岡逸樹、仲嶋一範 "大脳皮質神経細胞の選択的凝集機構" 日本分子生物学会第25回年会 ワークショップ:「哺乳類大脳皮質構築の分子メカニズム」、横浜、2002年12月

Y. P.L. Yip, N. Mehta, Susan Magdaleno, David Benhayon, Tom Curran, Kazunori Nakajima, and Joseph W. Yip "Reelin signaling in the spinal cord" in "reeler and friends" workshop, Society for Neuroscience, 32nd Annual Meeting, Orlando, Florida, U.S.A., 2002年11月

Y.P.L. Yip, J. Liu, Kazunori Nakajima, Joseph W. Yip "Relationship of Reelin and migrating sympathetic preganglionic neurons in the chick spinal cord" Society for Neuroscience, 32nd Annual Meeting, Orlando, Florida, U.S.A., 2002年11月

Itsuki Ajioka and Kazunori Nakajima "Birthdate-dependent cell adhesion mechanism of embryonic cerebral cortical neurons" Society for Neuroscience, 32nd Annual Meeting, Orlando, Florida, U.S.A., 2002年11月

Hidenori Tabata and Kazunori Nakajima "Behavior of migrating neurons during the cortical plate development" Society for Neuroscience, 32nd Annual Meeting, Orlando, Florida, U.S.A., 2002年11月

Ken-ichiro Kubo, Katsuhiko Mikoshiba, and Kazunori Nakajima "Analysis of the mechanisms that mediate Reelin signaling" Society for Neuroscience, 32nd Annual Meeting, Orlando, Florida, U.S.A., 2002年11月

仲嶋一範、田畑秀典 "発生期大脳皮質における神経細胞の誕生と移動" シンポジウム「脳皮質構造の発生・分化のメカニズム」(オーガナイザーとして主催)、日本生化学会第75回大会、京都、2002年10月

仲嶋一範 "大脳皮質形成のダイナミクス" 京都大学ウイルス研究所医科学セミナー、京都、2002年10月

Kazunori Nakajima "Dynamic morphological changes of neuronal migration in the mammalian cerebral cortex" The 1st CDB Meeting, Center for Developmental Biology (CDB), RIKEN, Kobe, 2002年8月

仲嶋一範 "脳神経細胞の移動と配置制御のメカニズム" 慶應ライフフォーラム「システム生物学ー現状そしてその先に見えるもの」、横浜、2002年7月

仲嶋一範 "脳皮質形成のメカニズム" 慶應ニューロサイエンス研究会、東京、2002年7月

仲嶋一範、田畑秀典 "大脳皮質神経細胞の移動様式と層形成"シンポジウム「神経細胞移動のメカニズム」(オーガナイザーとして主催)、日本神経科学学会第25回大会、東京、2002年7月

田畑秀典、仲嶋一範 "Reelinシグナル欠損マウスにおける神経細胞の移動異常" 日本神経科学学会第25回大会、東京、2002年7月

味岡逸樹、仲嶋一範 "誕生時期依存的な大脳皮質神経細胞の接着機構" 日本神経科学学会第25回大会、東京、2002年7月

田畑秀典、仲嶋一範 "発生期大脳皮質における移動神経細胞のダイナミックな形態変化" 日本神経化学会第45回大会、札幌、2002年7月

Kazunori Nakajima and Hidenori Tabata "Dynamic morphological changes of migrating neurons in the cortical development" Cortical Development: Neurogenesis, Migration, & Epilepsy, Delphi, Greece, 2002年5月

久保健一郎、御子柴克彦、仲嶋一範 "Reelinシグナル伝達メカニズムの解析" 日本発生生物学会第35回大会、横浜、2002年5月

味岡逸樹、仲嶋一範 "大脳皮質神経細胞の誕生時期依存的な接着機構" 日本発生生物学会第35回大会、横浜、2002年5月

仲嶋一範 "脳皮質の発生・分化のメカニズム" 東京慈恵会医科大学大学院特別講義、東京、2002年4 月

仲嶋一範 "大脳皮質神経細胞の移動と層形成" 埼玉医科大学ゲノム医学研究センター講演会、埼玉、2002年2月

Kazunori Nakajima "Cell and molecular mechanisms of neuronal layering in the brain" Symposium: "Neuronal migration in the developing brain" (organized by K. Nakajima and N. Koenig) The International Society for Developmental Neuroscience, 14th Biennial Meeting, Sidney, Australia,2002年2月

仲嶋一範 "脳神経細胞の移動と配置決定の制御機構" 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科セミナー、東京、2002年1月