一般社団法人日本公衆衛生看護学会

ユニセフシンポジウム2017「子どもの命を守るために」

■日 時:   12月15日(金)15:00~17:00 (14:30開場)
■会 場:   ユニセフハウス (東京都港区高輪4-6-12) 1階ホール 
■定 員:   先着100名 
■主催:    (公財)日本ユニセフ協会  
■共催:    UNICEF東京事務所    
■一般申込 : 日本ユニセフ協会ホームページで受付中
https://www.unicef.or.jp/event/20171215/
※参加無料・日英同時通訳あり

【基調講演】
「『アルマ・アタ宣言』から40年。残された課題と新たな挑戦」(仮題)
ステファン・ピーターソン  (UNICEF本部事業局長補兼保健セクションチーフ)

【パネルディスカッション】
・「地域とともにあゆむ  ~伝えたい、日本の経験」
・「企業ができること 企業だからできること(SDGsで増す企業の役割)」
・「“最後の大きな一歩”を踏み出すために ~私たちにできること」

▼パネリスト:
・坂本 昌彦 氏(佐久総合病院国際保健医療科・小児科医長)
・山野井 尚美 氏(岡山県保健福祉部健康推進課課長)
・圭室 俊雄 氏(武田薬品工業株式会社 CCPA CSRヘッド )
・デイビッド・ヒップグレイブ (UNICEF本部事業局保健セクション上席アドバイザー)

▼コーディネーター:
・久木田 純 (関西学院大学教授・元ユニセフ職員 )

ページの先頭に戻る