一般社団法人日本公衆衛生看護学会

委員会活動

委員会名をクリックすると、詳細が表示されます。

編集委員会

委員長

岡本玲子(大阪大学)

副委員長

和泉比佐子(神戸大学)

委員

安斎由貴子(宮城大学)
和泉京子(武庫川女子大学)
伊藤美樹子(滋賀医科大学)
内山有子(東洋大学)
蔭山正子(大阪大学)
北岡英子(神奈川県立保健福祉大学)
斉藤恵美子(首都大学東京)
巽あさみ(浜松医科大学)
平野美千代(北海道大学)

活動目的

学会誌の編集及び発行を行うことを目的とする。

活動内容

学会誌「日本公衆衛生看護学会誌」(英文名:Japanese Journal of Public Health Nursing)の編集に関する次の事項を行う。
・学会誌の編集方針、内容、体裁に関する事項
・投稿原稿の採否に関する事項
・学会誌の発行に関する事項
・投稿規程に関する事項
・その他編集に関する事項

学術実践開発委員会

委員長

荒木田美香子(国際医療福祉大学)

委員

安齋 由貴子(宮城大学)
池戸 啓子(新宿区)
大谷 喜美江(国際医療福祉大学)
高橋 佐和子(聖隷クリストファー大学)
鳥本 靖子(国際医療福祉大学)
春山 早苗(自治医科大学)
矢島 陽子(横浜市)

活動目的

・公衆衛生看護学会における日本版「公衆衛生看護」の定義及び公衆衛生看護学の体系案の見直しと広報
・優れた実践を学術が協力して発掘、検証し、普及、蓄積する
・「奨励研究」(仮題)についての検討を行う

活動内容

・公衆衛生看護学会における日本版「公衆衛生看護」の定義と公衆衛生看護学の体系を一体化させ、図式化などを図る。
・実践知の抽出とまとめ。
・学術集会で優秀論文及び優秀活動の普及を図る。
・学術集会でワークショップを開催し、公衆衛生看護学の体系と実践の融合を図る。
・平成29年度から「奨励研究」を選定し、表彰する。

教育委員会

委員長

中板育美 (公益社団法人 日本看護協会)

委員

蔭山正子 (大阪大学)
岸恵美子 (東邦大学)
新家 静 (奈良市健康増進課母子健診係)
橋本雅美 (東京都西多摩保健所)
松本珠実 (国立保健医療科学院)

活動目的

「公衆衛生看護のグランドデザイン」の普及啓発
・学会が行う認定・認証制度の創設に向けた検討

活動内容

「公衆衛生看護のグランドデザイン」の普及啓発
 JAPHN大阪学術集会でのワークショップ開催
 「公衆衛生看護学の基礎教育、現任教育を繋ぐ-継続教育の重要性-(仮) 」
・「学会が行う認定・認証制度の創設に向けた検討
  学会認証に向けた意見集約と課題発見
  学会員への調査およびヒアリングもしくは調査
 (認証の必要性・期待したい・望ましい認証など)

研修委員会

委員長

鳩野洋子 (九州大学大学院)

委員

浅井澄代  (埼玉県熊谷保健所)
谷戸典子  (埼玉県狭山保健所・保健師長会)
冨山紀代美 (デパート健康保険組合)
森永裕美子 (国立保健医療科学院)

活動目的

公衆衛生看護学会の目的に資するために研修の企画・実施・評価の活動を行い、会員の資質向上や新規学会員の獲得に貢献する。教育委員会や広報委員会と連携しながら活動する。
参考「(目的)第2条 本会は、公衆衛生看護の学術的発展と、研究・教育及び活動の向上と推進をめざし、もって国民の健康増進と社会の安寧に寄与することを目的とする。」

活動内容

・効果的な研修実施に向けた検討
 現場の活動実践の質向上に資するテーマでの研修を開催する。
・平成29年度研修実施予定
 ①1日コースで1回の開催
 ②西日本開催として、大阪での開催を予定する
 ③会員のみに限定し、研修内容の配信を検討する
・成果報告

国際委員会

委員長

永田智子(慶應義塾大学)

委員

石丸美奈(千葉大学)
白谷佳恵(横浜市立大学)
柳瀬裕貴(文京区)

活動目的

・会員に有用な公衆衛生看護に関する国際的な研究・教育および活動の情報を収集し周知する。
・諸外国に有用な日本の公衆衛生看護に関する情報を発信する。
・Global Network for Public Health Nursingとの連携を図る。その他、関連する国際学会等との交流など必要な事項に対応する。

活動内容

・(1)諸外国の公衆衛生看護に関する動向をホームページにて紹介し、メールマガジンにて周知する。
  →諸外国の公衆衛生看護活動
 (2)国際学術関連情報として、学会案内をメールマガジンで配信すると共に、学会参加者の声をホームページに掲載し、それをメールマガジンにて周知する。
  →海外学会参加報告
・ホームページに掲載されている日本の公衆衛生看護に関する情報を適宜更新する。
・Global Network for public health nursingとの連携に関し、年4回のSkype会議に参加するとともに、必要な事項を行う。
・その他必要な事項に対応する。

広報委員会

委員長

村嶋 幸代 (大分県立看護科学大学)

委員

中村 富美子(静岡県沼津市立大岡小学校)
森松 薫  (福岡県糸島保健福祉事務所健康増進課)
松田 有子 (国際医療福祉大学小田原保健医療学部)
国井 由生子(株式会社ユピア)
田口 敦子 (東北大学大学院医学系研究科) 
岩﨑 りほ (大分県立看護科学大学)
オブザーバー
 大森 純子  (東北大学大学院医学系研究科)

活動目的

・本学会の活動を広く社会に発信し、法人として社会的責任を公示する。
・会員の公衆衛生看護に係る活動に役立つ情報を随時発信し、蓄積する。
・会員間の学際的交流の場を提供し、学会としてのポテンシャルを高める。

活動内容

・学会活動の公示
・関連情報の発信
・ホームページの管理・改良
・現場保健師のネットワークづくり

倫理委員会

委員長

守田孝恵(山口大学)

副委員長

山口 忍 (茨城県立医療大学)

委員

宮崎美砂子(千葉大学)
林 敦子 (白井市役所)
鈴木晶子 (東京都多摩小平保健所)
磯村聰子 (山口大学)
楠本真理 (三井化学(株))

活動目的

研究倫理審査を実施し、その過程において生じた課題に対しての改善策を検討するとともに、本学研究倫理審査委員会の活用の周知を図る。
・保健師実践における研究倫理に関する実態を周知するとともに、課題に対して学会として実施すべき事項を検討する。

活動内容

・申請に基づくメール審査または研究倫理審査委員会の開催審査および結果通知
・研究倫理審査運用の検討・改善(年度末)
・倫理委員会の開催(年4回)
・研究倫理審査の普及活動
・保健師活動実践における研究倫理に関する実態把握
・第6回日本公衆衛生看護学会学術集会にてワークショップ開催「研究倫理における利益相反(案)」

表彰委員会

委員長

藤原啓子 (横浜市健康福祉局健康安全部)

委員

長谷川喜美代 (日本赤十字豊田看護大学)
岡島さおり  (札幌市保健福祉局)
山下留理子 (国際医療福祉大)
池谷澄香 (山梨県福祉保健部)

活動目的

・本会会員であり、本会の目的の達成に貢献のあったものを表彰規程に基づき表彰する
・表彰規程の見直し、改訂を行う

活動内容

・表彰規程・表彰方法等の見直し・改訂を行う
・表彰規程に基づき、受賞者を選定、理事会に推薦する
・学術集会時に表彰を行う
・学術実践開発委員会と協力し、表彰事例の周知を行う
・必要に応じて表彰規程を見直す
・表彰を通して優れた公衆衛生看護の評価軸を言語化する

選挙管理委員会

委員長

大神あゆみ (大神労働衛生コンサルタント事務所)

委員

浦井史恵 (志ぶ家)
大野順子 (日本医療科学大学)
岡島さおり (札幌市)
椎葉倫代 (新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

活動目的

公衆衛生看護学会の目的に適った効果的で効率的な選挙方法を実施する。

活動内容

・公衆衛生看護学会の目的に適った代議員・理事の選出方法を検討する。
・合理的なシステムを導入した代議員選挙を行う。
・合理的なシステムを導入した理事選挙を行う。

災害支援検討委員会

委員長

椎葉倫代 (新日鉄住金ソリューションズ(株))

委員

清水智子 (新潟市保健所)
岡島さおり (札幌市保健福祉局)
市川滋子 (千葉県健康福祉部)
中板育美 (日本看護協会)

活動目的

災害発生時における本学会の対応について検討を行う。

活動内容

・過去の災害事例における保健師の役割に関する情報収集及び整理。
・今後の災害発生時における本学会の対応についての検討。
・日本看護系学会協議会(JANA)が行う災害看護支援事業への参画。

 

ページの先頭に戻る