〒770-8503 徳島県徳島市蔵本町2丁目50-1
TEL.088-631-3111
ホーム > 患者のみなさま > 科長からのご挨拶

患者のみなさまへ

科長からのご挨拶

当院は、関係各科と連携を取りながら丁寧な治療を行っています。

橋本 一郎
教授・科(部)長 形成外科専門医 医学博士


 形成外科では、体表面のさまざまな疾患に対して、手術治療やレーザー治療などを行います。
 こどもの病気では、唇裂・口蓋裂、耳の形態異常、頭部・顔面の形態異常、あざ(血管腫や母斑)、手・足の指の異常、おヘソの異常(でべそ)、などを扱います。当院は県下で最大規模の総合病院であり、小児科、小児歯科、歯科矯正科、耳鼻科、脳神経外科などの関係各科と十分な連絡を取りながら丁寧かつ最新の治療を行っています。

 顔面骨骨折や火傷・熱傷などのケガや外傷の治療も広く行います。また、傷あとがひどくつれている場合には手術で治療する場合もあります。皮膚ガンなどの皮膚腫瘍や脂肪腫などの皮膚の下にできる腫瘍の摘出術も行います。

 最近では、乳ガン摘出術後の乳房再建に対してシリコン・インプラントが保険適応されることになりました。従来から行われてきた背中や腹部の脂肪を筋肉とともに移植する方法と合わせて、選択できる手術方法が増えたことになります。乳腺外科とともに乳ガン摘出術の術前から再建手術の相談に対応しています。

 他にも治りにくい傷、例えば褥瘡や糖尿病足潰瘍、虚血性足潰瘍に対する治療にも力を入れており、足の傷では足の切断を最小限にする治療を目指しています。

 また、国立の大学病院としては珍しく、自費による美容外来を開設しています。シミやシワなどの加齢性疾患に対してレーザー治療やヒアルロン酸注入を行っているのでご相談ください。

 当院は原則として紹介された予約患者を診察しますので、できればお近くの先生に相談して紹介状を持って来院して下さい。