〒770-8503 徳島県徳島市蔵本町2丁目50-1
TEL.088-631-3111
ホーム > 教室紹介 > 教室の沿革と活動

教室紹介

教室の沿革と活動

1983年、当院の形成外科診療が始まりました。

歴史と沿革

徳島大学医学部の前身は徳島県立医学専門学校であり、1943年(昭和18年)に設立されました。その後、徳島医科大学となり、1949年(昭和24年)に国立大学徳島大学医学部が設立されました。当院で形成外科の診療がはじまったのは、1983年になります。中西秀樹先生(現徳島大学名誉教授)が東京警察病院やその関連施設での研修を終えて、母校の徳島大学皮膚科学教室内に形成外科診療班がスタートしました。1996年には中西先生が教授に就任し、形成外科は診療科として独立しました。2014年から橋本が第2期の徳島大学形成外科学教室を担当し、教育、診療、研究の各方面で新しい体制がスタートしました。

臨床活動

形成外科は手術結果が表面にあらわれるため、良好な機能の獲得・回復と同時に整容的に優れた結果が求められます。唇裂口蓋裂や指の先天異常などの小児形成外科、腫瘍切除後の再建外科、レーザー治療、顔面外傷、顔面神経麻痺再建、褥瘡や糖尿病性足潰瘍などの難治性潰瘍、熱傷などに対して、最新の治療方法を導入また開発しながら治療を行っております。 また、当科は病院内の各診療科と綿密な協力を行い、病院全体としても質の高い医療を行っています。