性感染症とは「性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気」と定義され、STD(Sexually Transmitted Diseases)とかSTI(Sexually transmitted infection)とも言います。
 性感染症には10種類以上の病気がありますが、その主なものには、梅毒エイズ淋菌感染症(淋病)性器クラミジア感染症性器ヘルペス尖圭コンジローマケジラミ症などがあります。
 かつての性病とは、梅毒、淋病、軟性下疳、そけいリンパ肉芽腫の4つの病気の総称でしたが、新しい病気が増えたり、無症状の性感染症の危険性が重視されるようになって、分類の仕方が変わったのです。まだまだ一般的に性病という言い方が残っていますが、性感染症が正しい言い方です。
  性感染症は、性交時にコンドームをきちんとつければ予防できます。








●トップページへ●