DNT 胚芽異形成性神経上皮腫瘍

dysembryoplastic neuroepithelial tumor DNT
  • 日本語は難しいのでDNTと呼ばれます
  • 良性の腫瘍で大きくなることはありません
  • お母さんのお腹の中にいた時からあった腫瘍だと考えられます
  • 腫瘍というよりは過誤腫(奇形みたいなもの)と言ったほうがいいかもしれません
  • てんかん発作で発症します
  • 10代の子供に多いです
  • 長い間けいれん発作を繰り返していてMRIをしたら腫瘍が見つかったというふうに発見されます
  • MRIでほぼ確実に予想ができます,でも確定診断は生検術です
  • 外科治療の必要はないことも多いので,開頭術で腫瘍をとるといわれたらよーくその必要性を考えましょう
  • 治療は,てんかんを止めることが目的になるので抗てんかん剤という薬の選択が大切になります
  • てんかんの専門医(小児科医,精神科医,神経内科医)にかかることがとても重要です
  • 手術は腫瘍だけ取る場合と,てんかん発作の原因になっている周囲の脳組織を一緒に摘出する方法があります
  • 手術してもてんかん発作が止まるという保証はありません
  • 手術して腫瘍が残っても放っておきますし,残った腫瘍が大きくなることはありません
  • 放射線と化学療法は効きません

DNT1 DNT2 DNT3

10代の少女に見つかったDNTです。難治性のてんかんがあり,けいれんを止める薬をたくさん飲んでいましたが,他の症状は何もありませんでした。左の頭頂葉と側頭葉と後頭葉の境目にできたものです。おそらくお母さんのお腹の中いたときからあった腫瘍なので何もしないで様子を見てもいいのです。でも,てんかん発作がひどいので腫瘍だけを摘出しました。DNTだけを取っても後遺症が残ることはほとんどありません。この場所は周囲の脳組織をとると後遺症がでる場所 (eroquent area)なので,てんかんを止める目的でもかなりの理由がないと周囲の脳組織は摘出しません。

 

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.