頭蓋咽頭腫の症例 クラニオ

クラニオと視床下部,視索の浮腫

hirayama3hirayama1hirayama2

成人ののう胞性頭蓋咽頭腫 cystic craniopharyngioma です。腫瘍の周囲の視床下部に浮腫があります。右視索から内包への浮腫も顕著でした。このために認知機能障害で発症しました。この視床下部性の認知機能障害は可逆的で,手術で視床下部損傷をしないように腫瘍摘出すると認知機能は正常に戻ります。

放射線治療後のクラニオの悪性化

craniomalignant2005年大学病院で摘出を受けて術後にガンマナイフしました。2009年に再発して,子ども病院で摘出を受け術後にサイバーナイフをしました。2度の高線量定位照射が入っていました。2010年に2度目の再発を見て,私のところへ来ました。海綿静脈洞から蝶形骨洞,頭蓋内に激しい再発がありましたが,頭蓋底外科手術で全摘出しました。病理は悪性度が高いガン (ameloblastic carcinoma) になっていました。左のMRIはさらに1年後3回目の再発のものです。

子どもの頭蓋咽頭腫にガンマナイフやサイバーナイフの治療を行えば,腫瘍の悪性化が生じることは知られています。

幼児の巨大なクラニオ

craniosu3craniosu1craniosu2

高度の視力低下で発症した3歳児のクラニオです。脳室ドレナージがされていました。当然ですが,内視鏡による穿破でのう胞を縮小させて,残存視力の温存を試みます。それから開頭手術 bilateral subfrontal-interhemispheric approach で全摘出です。顔面神経にも腫瘍壁は癒着していましたが,何が何でも全摘しないと放射線治療になってしまうので頑張ります。この子は開頭術後に下垂体柄のところに小さな再発を生じて,経鼻的内視鏡手術でまた全摘出しています。
幼児の巨大な頭蓋咽頭腫は,リスクととらずに中途半端な部分摘出すれば,数回以上の開頭手術,放射線治療の泥沼になります。


owlfly

 

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.