第27回日本産業衛生学会全国協議会
   
 ■日程表 _9月28日現在   
   日程一覧はこちらから→ 日程表 (PDF)
 ■プログラム _9月28日現在   
11月23日(木)
ー第1会場 (オレンジホール)ー
  開会宣言 企画運営委員長 菅沼成文
シンポジウム1 (10:20~12:20) 
 「職場での発達障害を考える~識者に学ぶ、“共に働く”ための視点とは~」
 座長  塩田 直樹
 山崎 正雄
(宇部興産㈱ 総務・人事室 健康管理センター 健康管理室)
(高知県立精神保健福祉センター)
 S1-1  ソーシャルスキルから情報保障へ –社会モデルに基づく就労支援に向けてー
   熊谷 晋一郎 (東京大学 先端科学技術研究センター)
 S1-2  発達障害と職場におけるメンタルヘルス不調・不適応行動への支援について
  -事例性の見立てと行動論的介入に着目して-
   陶  貴行 (㈱LITALICO) 
 S1-3  特例子会社の経営で学び・感じること
   有田 信二郎 (宇部興産㈱ 特例子会社 リベルタス興産 前社長)
 S1-4 「共に働く」 -産業医の視点-
 中西 一郎 (東レ㈱滋賀事業場健康管理センター)
教育講演1(14:00~15:00) 
 「治療と仕事の両立支援」‐がん支援とメンタルヘルス対策を中心に‐
 座長
 講師
 近藤 亨子
 小山 文彦
(伊予鉄道健康保険組合)
(東邦大学医療センター佐倉病院)
シンポジウム2 (15:10~17:10) 
 「治療と仕事の両立支援をどうすすめるか」
 座長  宮本 俊明
 槇本 宏子
(新日鐵住金㈱ 君津製鐵所)
(医療法人精華園 海辺の杜ホスピタル 健康推進室)
 S2-1  難病のある人の就労支援 –産業保健職に期待される役割-
   江口  尚 (北里大学医学部 公衆衛生学)
 S2-2  がん治療により働きづらさを抱える労働者への両立支援
  -労働者本人との情報共有および関係者間の連携・協働の重要性-
   近藤 明美 (近藤社会保険労務士事務所) 
 S2-3  治療と仕事の両立を支援するコーディネーターの養成
   豊田 章宏 (労働者健康安全機構中国労災病院 治療就労両立支援部)
 S2-4 がん治療中患者に対する歯科からの支援
 森田 学 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 予防歯科学分野)
シンポジウム3 (17:20~19:20) 
 「危機に備える ~産業保健を含めたBCP立案~」
 座長  堤  明純
 住徳 松子
(北里大学医学部 公衆衛生学)
(アサヒビール㈱ 博多工場)
 S3-1  企業におけるBCPの意味づけ、産業保健との関わり-
   郡山 一明 (救急振興財団 救急救命九州研究所)
 S3-2  産業保健スタッフとBCPの関わり
   立石 清一郎 (産業医科大学 保健センター) 
 S3-3  鉄道会社における産業保健部門としてのBCPの考え方の一例
   遠田 和彦 (東海旅客鉄道(株) 健康管理センター)
 S3-4 保健師が参画する危機管理対策について
  –平成28年度熊本地震の教訓を次に生かす-
 山下 美和子 (西部ガス㈱ 長崎支社 総務部保健室)
ー第2会場 (グリーンホール)ー
教育講演2(10:30~12:00) 
 「経済社会の持続可能な発展に向けた男女共同参画推進」
   –女性の活躍が社会の多様性と活力を高める-
 座長
 講師
 野原 理子
 高村  静
(東京女子医科大学医学部衛生学公衆衛生学(一)教室)
(成城大学キャリアセンター)
シンポジウム4 (14:00~16:30) 
 「大規模災害における歯科の価値・役割」
 座長  尾崎 哲則
 野村 圭介
(日本大学歯学部医療人間科学分野)
(高知県歯科医師会)
 S4-1  東日本大震災が顕在化した身元確認の課題
   小室 歳信 (日本大学歯学部 法医学講座)
 S4-2  デンタルチャートの標準化
   佐々木 好幸 (東京医科歯科大学 統合研究機構 医療イノベーション推進センター) 
 S4-3  熊本地震における歯科支援活動
   牛島 隆 (熊本県歯科医師会)
ー第3会場 (多目的室 第6)ー

産業医部会幹事会 (12:00~15:00)


編集委員会・利益相反(COI)に関する委員会合同企画 
(15:30~16:30)
 「論文投稿、利益相反をどう考えるのか?」
 座長
 演者
 堤 明純
 柴田 栄治
(北里大学医学部 公衆衛生学)
(愛知医科大学医学部 衛生学)
自由集会1 産業医部会 (17:3 0~19:3 0)
 「産業医自身の働き方改革を考える」
 座長  福本 正勝
 斎藤  恵
(社会福祉法人長岡福祉協会 新橋ばらの園)
(日亜化学工業㈱ 健康管理センター)
 演者  矢野  毅
 斉藤 政彦
 鈴木  瞬
(高知労働局 雇用環境・均等室)
(大同特殊鋼㈱)
(SNC産業医事務所/豊後荘病院精神科)
ー第4会場 (多目的室 第7・8)ー
自由集会2 産業保健看護専門家制度委員会 (11:00~12:30)
 「産業保健看護専門家制度について語り合おう」
自由集会3 職場改善ネットワーク (14:00~16:00)
 「職場巡視の力を育てるセミナー -事例を通して現場を診る力を養おう「介護施設編」-」
自由集会4 職域救急研究会 (16:30~17:30)
 救急救命講習「蘇生ガイドライン2015を学ぼう」
自由集会5 アルコール問題研究会 (18:00~19:30)
 アルコール依存症者の職場復帰
ー第5会場 (多目的室 第10)ー
業務執行理事会 (10:30~13:00)
産業歯科保健部会幹事会 (17:00~19:00)
ー第6会場 (多目的室 第2)ー
政策法制度委員会 (15:00~18:00)
ー第10会場 (多目的室 第9)ー
産業看護部会幹事会 (13:30~16:00)
自由集会6 産業看護部会 (16:30~17:30)
 産業保健の最近の動向 ~今後、産業保健看護職のなすべきことは何か~」
 演者  五十嵐 千代
 住徳 松子
(東京工科大学 医療保健学部 看護学科・産業保健実践研究センター)
(アサヒビール(株)博多工場)
11月24日(金)
ー第1会場 (オレンジホール)ー
シンポジウム5 (中国四国合同産業衛生学会 合同企画) (9:00~11:00)
 「産業保健における個人の健康情報の保全・活用と倫理」
 座長  和田 安彦
 宮武 伸行
(和歌山県田辺保健所)
(香川大学医学部 衛生学)
 S5-1  産業保健における疫学研究
   三宅 吉博 (愛媛大学大学院医学系研究科 疫学・予防医学)
 S5-2  研究倫理指針の改正と医学研究
   井上 悠輔 (東京大学医科学研究所 公共政策研究分野) 
 S5-3  労働衛生機関における情報管理と活用
   森口 次郎 (京都工場保健会)
 アド
 バイザー
 金子 努  (金子努法律事務所)
専門医制度説明会 兼 社会医学系専門医制度指導医・専門医講習会 (11:00~12:00)
基調講演  (14:00~15:00) 
 「大規模災害に備える産業保健」
 座長
 演者
 杉原 由紀
 室崎 益輝
(高知県庁 総務部職員厚生課)
(兵庫県立大 減災復興政策研究科)
メインシンポジウム (15:10~17:20) 
 「過去に学び未来に備える産業保健」
 座長  菅沼 成文
 神原 咲子
(高知大学医学部 環境医学)
(高知県立大)
 MS-1  災害産業保健(レスポンダー健康管理)
   久保 達彦 (産業医科大学医学部 公衆衛生学)
 MS-2  熊本地震の企業への影響
   土倉 義浩 (東京海上日動火災保険(株)) 
 MS-3  当社の事業継続への取り組みについて
   岩村 和典 (ニッポン高度紙工業(株)管理部安全管理課)
 MS-4 南海トラフ地震に立ち向かう高知県の挑戦
 尾﨑 正直 (高知県知事)
専門医制度委員会 専門医認定証授与式 (17:30~18:20)
ー第2会場 (グリーンホール)ー
産業衛生技術部会研修会 (9:00~9:50)
 座長  宮内 博幸 (産業医科大学 産業保健学部 環境マネジメント学科)
 「地元企業の産業衛生活動について ‐看護職の活動の実際‐
 演者  小松 千秋 (ヤンマー農機製造㈱ 人事総務部(高知)総務グループ)
 「化学物質の経皮曝露とその防護について」
 演者  田中 茂 (十文字学園女子大学大学院 人間生活学研究科)
シンポジウム6 (10:00~12:00)
 「大規模災害時のリスク対応」
 座長  加藤 隆康
 中原 浩彦
(豊田労働基準協会豊田労働衛生管理者研究会)
JXTGエネルギー㈱ 環境安全部 産業衛生グループ)
 S6-1  危険物災害への準備及び対応 ‐現場の安全確保‐
   萩原 貴浩 (一般社団法人 海上災害防止センター)
 S6-2  放射線/原子力関連施設における災害時対応
   中村 尚司 (東北大学名誉教授) 
ー第3会場 (多目的室 第6)ー
産業看護部会研修会 (9:30~11:30)
 「避難所運営ゲーム(HUG)~職場が長期避難場所となったら~」
 講師  久保田聰美 (高知県立大学大学院 健康長寿センター)
ー第4会場 (多目的室 第7・8)ー
日本産業衛生学会ビジョン2017-2018とこれからの活動 意見交換会 (12:00~12:50)
ー第5会場 (多目的室 第10)ー
生涯教育委員会 (11:00~13:00)
ー第8会場 (多目的室 第4)ー
産業衛生技術部会幹事会 (12:00~14:00)
ー第9会場 (多目的室 第5)ー
ポスター発表
 
8:50~9:30 貼付   13:00~14:00 コアタイム   17:00~17:30 撤去
P101 A社における特定保健指導の実態と体重減少者の行動変容ステージの変化
    藤重智子(㈱NTTデータ 人事本部 健康推進室)
P102 若年肥満男性社員の介入前後の食品群摂取頻度と食行動の変化
    白土夏海(株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部京浜地区産業医療統括センタ)
P103 特定保健指導における減量成功者の本人要因について
    内賀嶋仁美(パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 北門真健康管理室)
P104 社員食堂を活用したヘルシー定食のメタボ改善に対する効果について
    穂積由紀江(オリンパス株式会社 白河健康管理室)
P105 血圧有所見率低下への取り組み~3年間で有所見率15%低下~
    渡邊理絵(三菱ケミカル株式会社 黒崎事業所)
P106 健診におけるII度以上の高血圧有所見者に対するインタビュー調査
    海老澤一人(東日本電信電話株式会社 健康管理センタ)
P107 既存の方法では脳・心臓疾患発症を予防し得ないリスク保有者への新たなリスク抽出方法と保健指導介入の検討
    後藤元秀(宇部興産株式会社 総務・人事室 健康管理センター)
P108 職域でよくある所見が診断の糸口となった副腎疾患の2症例
    杣田渚(曙ブレーキ岩槻製造㈱ 管理部)
P109 健康施策への参加風土醸成と継続-看護職の効果的な介入方法
    藤井邦子(東京海上日動火災株式会社)
P110 夜間交代制勤務従事者のいる事業所のヘルスリテラシーの特徴と保健行動との関連
    塚田久恵(石川県立看護大学 看護学部看護学科)
P111 健康経営・コラボヘルス研究 第12報 循環器疾患のリスク別におけるプレゼンティーズムによる損失額の比較
    木村公紀(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学研究室)
P112 職域における肥満度とのちの総医療費との関係 第一報
    犬飼みほ(リコー三愛グループ健康推進事業部)
P113 管理職と協働した紹介状返信率100%への取り組み
    横山絵美(日本たばこ産業株式会社)
P114 アルコール問題のある若年労働者への効果的な減酒支援の検討 ~ブリーフインターベンションを実施して~
    木村絵梨(株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部京浜地区産業医療統括センタ)
P115 高年齢労働者の雇用継続延長時の健康状態の実態把握
    森野美和子(株式会社 OHコンシェルジュ)
P116 高年齢労働者のロコモティブシンドローム予防支援の検討
    小林由里(NTT東日本 健康管理センタ)
P117 労働者の主観的および客観的体力と翌年度の転倒経験との関連
    守田祐作(新日鐵住金㈱本社)
P118 職域における大腸がん検診の実態と今後の課題
    上園末紗(リコー三愛グループ健康推進事業部)
P119 健診から見た悪性新生物等を持ちながら働いている人の推移(平成20年と27年を比較して)
    佐藤朝子(一般財団法人 石川県予防医学協会)
P120 分社化したA社における産業看護職による健康管理体制の再構築支援
    西本昭恵(NTT東日本 健康管理センタ)
P121 産業医活動におけるFileMaker Proを用いたテータベース管理
    大原務(新上三川病院 内科)
P122 人工知能による特殊健康診断判定の実務への利用可能性
    西田典充(一般財団法人 京都工場保健会)
P123 米国における合理的配慮に関するデータベースの紹介
    江口尚(北里大学 医学部 公衆衛生学)
P124 屋内禁煙に向けたA社の取り組み―産業保健スタッフとしての支援―
    吉永英史(NTT東日本健康管理センタ)
P125 禁煙チャレンジシステムを導入した禁煙者創出活動~会社組織を活用した試み~
    山田悦子(トヨタ車体株式会社 健康推進センター)
P126 当社における企業内禁煙外来の有用性の検討
    藤戸まり子(富士通テン株式会社 健康推進室)
P127 事業者主催の禁煙マラソン参加者における禁煙成功要因の検討
    梶友理奈(NTT東日本 総務人事部 医療・健康管理センタ 健康管理センタ)
P128 いわゆる「無関心期」の人が禁煙行動を起こす背景や特徴から見た有効な禁煙支援とは
    永田善香(NTTコムウェア株式会社 幕張健康管理センタ)
P129 喫煙率低減と受動喫煙防止を目指した継続的な取り組み
    馬場千惠紀(東京海上日動火災保険株式会社)
P130 産業看護職の人材育成制度について
    奥名絵里(オリンパス株式会社 人事部)
P131 9年間の良好実践事例(GPS)の投稿傾向(第一報)-投稿者の背景(地方会・部会・資格)から-
    日笠理恵(福岡県市町村職員共済組合)
P132 地域産業保健センターにおける特徴的な良好実践事例(GPS)
    菅原保(医療法人健友会 本間病院)
P133 A社における海外派遣労働者への産業保健活動の取り組み
    瀧上知恵子(ちえ産業医事務所)
P134 インド出張者研修の教育内容とその効果の評価―従業員の不安軽減の観点から―
    渡邉江理(パナソニック デバイス日東株式会社健康管理室)
P135 韓国における小規模事業場労働者の健康支援と産業看護職の役割
    松本泉美(畿央大学 健康科学部 看護医療学科)
P136 タイ・バンコクにおける大気汚染がバイクタクシー運転手の肺機能に与える影響
    石丸知宏(一般財団法人西日本産業衛生会 北九州産業衛生診療所)
P137 Respiratory Health of Dust-exposed Congolese Construction Workers in Lubumbashi
    NGATU NlanduRoger
   (Department of Public Health, Faculty ofb Medicine, University of Kamina, DR Congo.)
P138 実験事故防止対策・保護メガネ
    中山明子(帝京大学大学院産業保健プログラム)
P139 社内のAED設置基準の制定と心肺蘇生教育の取組み(第1報)
    久保なな(オリンパス株式会社 人事部)
P140 製造業における振動工具取扱い作業者の労働衛生管理と自覚症状に関する調査
    池上和範(産業医科大学 産業生態科学研究所 作業関連疾患予防学)
P141 某社会福祉施設における作業分析と腰痛予防のための作業改善事例
    谷直道(独立行政法人 労働者健康安全機構 福岡産業保健総合支援センター)
P142 某航空機部品製造業作業者における腰痛に関するアンケート調査
    近藤晃弘(三菱名古屋病院 リハビリテーション科)
P143 平衡覚と姿勢制御との前庭電気刺激を用いた評価
    古野亜実(産業医科大学 産業生態科学研究所 人間工学研究所)
P144 大規模災害時の大学附置研究所の実例および後世への伝え -東京大学航空研究所および生産技術研究所を例として-
    上村光宏(東京大学 生産技術研究所)
P145 福島原発事故により妻子が自主避難した男性労働者に関する調査 第2報 
   自主避難経験の有無による経験、考え方、SOC、K6の比較
    黒田真理子(いわき明星大学 看護学部 看護学科)
P146 定期歯科受診は手術前の歯科治療の必要性を減ずる
    山中玲子(岡山大学病院 中央診療施設 医療支援歯科治療部)
P147 鳥取・島根の就労者の不妊治療に関する意識調査(第3報)一般企業と公務員(教育機関)の比較
    錦織恭子(ミオ・ファティリティクリニック)

ポスター発表
 
8:50~9:30 貼付   13:00~14:00 コアタイム   17:00~17:30 撤去
P101 A社における特定保健指導の実態と体重減少者の行動変容ステージの変化
    藤重智子(㈱NTTデータ 人事本部 健康推進室)
P201 出勤訓練プログラムの有用性の検討
    高元礼衣子(株式会社 日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部  京浜地区産業医療統括センタ)
P202 メンタルヘルス不調による長期療養者の職場復帰支援状況
    斧里佳(高知県警察本部 厚生課)
P203 メンタルヘルス不調で休業した労働者の効果的な職場復帰支援の検討 ―産業看護職の視点から―
    関野亜矢子(ジャトコ株式会社 安全健康管理部)
P204 常勤産業保健スタッフのいない分散型事業所での職場復帰支援の試み 第2報
    山本誠(ヤマハ株式会社 人事部 環境安全グループ)
P205 ストレスチェック制度における受検勧奨とその効果
    山口威俊(パナソニック株式会社 AIS社 伊勢工場 健康管理室)
P206 ストレス反応点に寄与する要因の統計学的解析と高ストレス者産業医面接による重症化 要因予想の試み
    川村和子(株式会社 村田製作所 本社 健康管理室)
P207 ストレスチェック高ストレス者と喫煙習慣の関連
    山浦明日香(リコー三愛グループ健康推進事業部)
P208 ストレスチェックにおける高ストレス者の精神疾患治療歴有無による特性の違い
    三宅芙由(リコー三愛グループ健康推進事業部)
P209 初年度ストレスチェック実施の結果から見えた、高ストレス者の要因と考察
    菊地藍(医療法人社団鳳凰会 フェニックスメディカルクリニック)
P210 知的障害者雇用事業所におけるストレスチェック
   ~企業外労働衛生機関保健師の立場としての支援~
    川副愛子(一般財団法人 西日本産業衛生会 北九州産業衛生診療所)
P211 ストレスチェックの実施と限界
    福智隆介(医療法人南風会 万葉クリニック)
P212 教員管理職における抑うつ症状と職業性ストレスの関連について
    新田朋子(大阪市立大学大学院 医学研究科 神経精神医学)
P213 地方自治体防災・危機管理担当部署職員の平時におけるストレスと今後の労務管理対策      
    関奈緒(新潟大学 医学部 保健学科)
P214 若手看護師の職場ストレスに関する質的研究
    日下慶子(京都大学大学院 医学研究科 公衆衛生学教室)
P215 現場の声をもとに職場環境改善を行い「風通しのよい職場づくり」を目指した事例
    岩佐翼(NTT東日本 健康管理センタ)
P216 IT企業における職場環境改善活動の成功例 
    清家勝代(NECソリューションイノベータ㈱ イノベーション戦略本部)
P217 IT企業社員の在職年数に着目したメンタルヘルス対策に向けた一考察
    小塩佳奈(NTT東日本 健康管理センタ)
P218 ヒトにおける唾液コルチゾールの日内リズム消失要因の解明
    齊藤裕子(静岡県立大学 薬食生命科学総合学府 環境科学専攻)
P219 情報通信関連事業所における男性就労者のアテネ不眠尺度関連因子について
    今野瑠美子(株式会社 日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部  京浜地区産業医療統括センタ)
P220 東日本震災に関連した脳血管・心臓血管疾患の労災認定事案に関する分析
    吉川徹(独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所  過労死等調査研究センター)
P221 わが国における脳・心臓疾患の過労死事案の業種別の発生率と負荷要因
    松元俊(独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)
P222 トラックドライバーの働き方と疲労の実態
    甲田茂樹(独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)
P223 模擬長時間労働下における正常血圧者と高血圧者の血行動態の比較
    池田大樹(独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)

実地研修 (いずれも研修時間は、9:30~11:30)
 ①㈱垣内 (南国市岡豊町中島391番地8)  
   講師  奥谷 文乃 (高知大学医学部 地域看護学講座)
 ②㈱太陽 (高知市布師田3950)  
   講師  安田 誠史 (高知大学医学部 公衆衛生学教室)
 ③新高知重工㈱(高知市仁井田新築4319) 
   講師  門田 義彦 (一般財団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会 高知支部)
 ④ニッポン高度紙工業㈱ (高知市春野町弘岡上648番地)
   講師  斎藤 恵  (日亜化学工業㈱ 健康管理センター)
 ⑤澁谷食品㈱ (高岡郡日高村本郷716) 
   講師  真鍋 憲幸 (三菱ケミカル㈱)
 ⑥司牡丹酒造㈱ (高岡郡佐川町甲1299) 
   講師  井手 宏  (三井化学㈱ 岩国大竹工場 健康管理室)
懇親会
  日時  11月24日(金) 18:30~20:30 
  場所  三翠園 (高知市鷹匠町1-3-35)  TEL 088(822)0131
  会費  会費 7000円

11月25日(土)
ー第1会場 (オレンジホール)ー
教育講演3(9:00~10:30)
 「大規模災害時の産業医の役割」
 座長
 演者
 野並 誠二
 神山 有史
(医療法人野並会 高知病院)
(医療法人尽心会 亀井病院)
教育講演4(10:30~12:00)
 「支援者のメンタルヘルス」
 座長
 演者
 竹崎 雅之
 高橋 祥友
(東レ㈱ 愛媛工場 健康相談室)
(筑波大学 医学医療系 災害・地域精神医学)
市民公開講座 (13:30~15:30)
 「過去の災害・防災風土資源から学ぶ ~ローテク防災術・津波避難タワーについて~」
 座長
 演者
 平尾 智広
 松尾 裕治
(香川大学医学部 公衆衛生学)
(香川大学 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構)
ー第2会場 (グリーンホール)ー
シンポジウム7 (9:00~11:00)
 「職場における化学物質管理の現状と課題-職業がんなど新たな健康障害を防ぐために」
 座長  甲田 茂樹
 有澤 孝吉
(独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)
(徳島大学大学院医歯薬学研究部 予防医学分野)
 S7-1  職場における化学物質管理
   野見山 哲生 (信州大学医学部 衛生学公衆衛生学教室)
 S7-2  労働疾病を予防するための作業現場における産業保健活動の要点
   中原 浩彦 (JXTGエネルギー㈱ 環境安全部 産業衛生グループ) 
 S7-3  職場で発生した職業がんなど新たな職業性疾患
   甲田 茂樹 (独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)
教育講演5(11:10~12:10)
 「災害と呼吸器疾患(仮)」
 座長
 演者
 広瀬 俊雄
 黒澤  一
(仙台錦町診療所・産業医学センター)
(東北大学病院 産業医学分野)
産業歯科保健部会研修会 (14:00~16:00)
 「特定健診・特定保健指導における歯科口腔保健」
 座長  森田  学
 岩田 耕三
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 予防歯科学分野)
(高知県歯科医師会)
 S8-1  日本歯科医師会が作成した「標準的な成人歯科健診・保健指導マニュアル(生活歯援プログラム)」について
   岡田 寿朗 (香川県歯科医師会)
 S8-2  健康保険組合の取り組み –行動変容を目的とした歯科予防プログラムの展開-
   加藤 元 (日本アイ・ビー・エム健康保険組合) 
 S8-3  特定保健指導における歯科保健指導の効果
   林 浩範 (香川県健康福祉部健康福祉総務課 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科学分野)
ー第3会場 (多目的室 第6)ー
第61回中国四国合同産業衛生学会 一般講演①(口演) (9:00~10:30)
第61回中国四国合同産業衛生学会 産業医部会研修会 (14:00~16:00)
 「社内診療所の診療で注意したいこと ~想定症例を基にした対応検討~」
 座長
 講師
 宇土  博
 吉永光一郎
(友和クリニック)
(日本製鋼所広島製作所)
 「働き方改革につながる過重労働医師面接の実際 ~健康障害を起こさないために~」
 座長
 講師
 斎藤  恵
 中瀬 勝則
(日亜化学工業㈱)
(中瀬医院)
ー第4会場 (多目的室 第7・8)ー
第61回中国四国合同産業衛生学会 一般講演②(口演) (9:00~10:30)
第61回中国四国合同産業衛生学会 産業看護部会研修会 (14:00~16:00)
 「産業看護職の実践能力向上をめざして ~研究論文作成の手がかり~」
1.実践の総括と自組織への提言 
 講師  藤井 智恵子 (松蔭大学 看護学部看護学科)
2.事例発表「社員が安心して働けるためのメンタルヘルス体制の見える化」
 講師  赤澤 百合子 (㈱タダノ志度工場)
ー第10会場 (多目的室 第11)ー
第61回中国四国合同産業衛生学会 産業衛生技術部会研修会 (14:00 ~16:00)
 「事業場における有害業務」
 講師  門田 義彦 (門田労働衛生コンサルタント事務所)
 「医療機関における安全衛生の管理」
 講師  浜井 盟子 (愛媛大学統合医学)
 
       
 学会事務局・運営事務局 
第27回日本産業衛生学会全国協議会 企画運営委員長 菅沼成文
高知大学医学部環境医学教室 〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮 高知大学医学部環境医学教室内
TEL:088-888-2007 FAX:088-888-2136
 E_mail:sanei-shikoku@kochi-u.ac.jp