第16回 日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会 The 16th Annual Meeting of Japan Society of Risk Management for Clinical Medicine

プログラム Program

日程表(仮;4月18日現在):PDF(120KB)

一般演題プログラム:PDF(256KB)


基調講演

「医療安全マネジメントsafety1safety」(仮)
   芳賀 繁(立教大学現代心理学部 教授)

パネルディスカッション

「放射線被ばくにおけるリスクマネジメント 〜心カテ室における職種別認識の違いを探る〜」

パネラー
吉町文暢(医師;東海大学医学部付属病院 循環器内科 准教授)
坂本 肇(診療放射線技師;山梨大学医学部附属病院 放射線部技師長)
櫻田郁子(看護師;青森県立中央病院 看護部 主任)
伊藤靖典(臨床工学技士;特定医療法人慶桜会 東可児病院 臨床工学部主任)
司会
加藤京一(診療放射線技師;学校法人昭和大学 統括放射線技術部長)

シンポジウム

①「医療安全からみた医薬品の適正使用 〜ポリファーマシー対策を中心に〜」

行政の立場からみた医薬品の適正使用 〜ポリファーマシー対策の検討〜
太田美紀(厚生労働省 医薬安全対策課 課長補佐)
ポリファーマシーの現状と課題
安 武夫(東京大学医科学研究所附属病院 薬剤部 副薬剤部長)
ポリファーマシーにおける薬学的視点(薬物動態/相互作用)
大野能之(東京大学医学部附属病院 薬剤部)
高齢者における処方見直しへの薬剤師の取り組みから
溝神文博(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 薬剤部)
座長:田中克巳(昭和大学江東豊洲病院 薬局/昭和大学薬学部 病院薬剤学講座 講師)

②「医療安全と臨床倫理〜医療の現場におけるジレンマ」

③「医療安全に学ぶ働き方改革」

※このほか、一般演題、ランチョンセミナー等を予定しております。