第7回 RIASトレーニングワークショップ

【重要】予想以上のお申し込みをいただき、すでに定員を大きく上回りました。当初の締切日より早いですが、いったん、募集を打ち切ります。

—————————————————————————————————-
Roter Interaction Analysis System (RIAS)による医療会話コーディングのワークショップです。
課題にはSPとの模擬医療面接のVTRを用い、コンピューター上でのRIASソフトウェアを使用したコーディングを行います。3日間で集中的に行いますので全日程ご参加いただける方を募集します(3日間コース)。
なお、今回も初日のみ参加するコース(初日見学コース)はありません。ご了承ください。

開催日:2012年8月1日(水)午後1時から 8月3日(金)午後0時30分まで
場 所:東京大学 本郷キャンパス 医学総合中央館(医学部図書館)3階 333会議室

LinkIconキャンパス内地図はこちらをクリック

LinkIcon本郷キャンパスまでのアクセスはこちらをクリック

主 催:RIAS研究会 日本部会
代表者:藤崎和彦(岐阜大学)、Debra Roter (Johns Hopkins University)
講 師:阿部恵子(名古屋大学)、石川ひろの(東京大学)、
    野呂幾久子(東京慈恵会医科大学)、半谷眞七子(名城大学)、飯岡緒美(東京大学)、
    伊東こずえ(九州大学)

参加費:一般18,000円、学生10,000円(3日間の資料、RIASソフトウェア、配布用USB代含む)

留意点:今回使用するRIASソフトウェアは、Windows XP、Vist、Windows7で動く新バージョンです。Microsoft社のデータベースソフトウエア、Accessが必要になります。

当日必要となる主なもの:
1.テキスト『The Roter Method of Interaction Process Analysis System (RIAS)
 医療コミュニケーション分析の方法 第2版』(三恵社)2,000円

 ※Amazon等での事前の購入をお勧めしますが、当日会場でのお渡しも可能です。
  ご希望の方は参加登録の際、その旨をお書きください。

2.機材
 ・PC (OSはWindows XP、Vist、または Windows7)

LinkIcon【持参していただく際のご注意】はこちら
 ・Microsoft Office Access(必ず要ります)、
  Excel(CSVファイルを操作できるソフトで代用できます)、
  および、Windows Media Playerがインストールされていること。
 ・イヤホンまたはヘッドホン
 ・マウス

修了用件:ワークショップ終了後に、課題3をコーディングしていただいた結果をスタッフ宛にメールで送付いただきます(2012年9月30日締切)。提出アドレスはワークショップの場でお伝えします。課題3コーディング結果の提出と解答の確認をもって,トレーニングの修了とさせていただきます。

LinkIcon3日間コース時間割表はこちら

【応募締切】2012年7月5日(木)午後12時まで

【重要】予想以上のお申し込みをいただき、すでに定員を大きく上回りました。当初の締切日より早いですが、いったん、募集を打ち切ります。

※なお、お申し込みいただきましても、すぐに参加確定ではありません。応募状況や会場の都合などをスタッフで検討し、メールにて「参加決定」の連絡を差し上げます。しばらくお待ちください。7月下旬になりましても連絡がない場合は、たいへんお手数ですが、石川(rias.staff@gmail.com)までお問い合わせください。