第45回 一般社団法人日本小児東洋医学会
    パンブレット

会頭 西村 甲  鈴鹿医療科学大学東洋医学研究所 所長
運営委員長

浦田 繁  鈴鹿医療科学大学鍼灸学科

会期 2017年9月17日(日)
時間 10:00 〜 16:30
会場

安保ホール 名古屋市中村区名駅3-15-9

テーマ

=効果的な漢方治療を目指して=
〜よりよい病態把握と鍼灸とのコラボレーション〜

プログラム

10:00〜10:05
開会挨拶(会頭)

10:05〜11:35
一般演題(6題まで)
座長:高村光幸(湯液)・水野海騰(鍼灸)

13:00〜14:00
特別講演T
座長:西村 甲
「湯液と鍼灸治療のコラボレーション〜外来診療の実際と病鍼連携の進め方〜」
練馬総合病院漢方医学センター センター長 中田英之

14:00〜15:00
特別講演U
座長:浦田 繁
「明日から役立つ小児鍼灸治療」
1)「小児鍼の特徴」(20分)
鈴鹿医療科学大学鍼灸学科 教授 山本晃久
2)「臨床例を通してみる小児鍼灸治療の実際」(実技供覧を予定、35分)
鈴鹿医療科学大学鍼灸学科 准教授 水野海騰

15:00〜16:00
会頭講演
座長:本城美智恵
「漢方病態把握に関する取り組みと実践」
鈴鹿医療科学大学東洋医学研究所 所長 西村 甲

16:00〜16:05
会長挨拶

16:05〜16:10
次期会頭挨拶

16:10〜16:15
閉会挨拶(会頭)

16:15〜16:30
会員総会

研修単位 日本小児科学会専門医8単位
一般演題募集  
   

第45回学術集会 一般演題募集
一般演題
口演発表 発表時間7分間 言語:日本語
演題募集情報
お申し込みは、電子メールにてお申し込みください。
受付メールアドレス
  convention@inoman.jp 
申込み事項
筆頭演者、共同演者の氏名
筆頭演者、共同演者の所属
演題名:40文字以内
抄録
日本語は全角800文字以内、英語は半角1600文字以内とします。
【目的】【方法】【結果】【結論】に分けて簡潔に記入してください。
演者資格
筆頭演者、共同演者は本会会員である事、現時点にて非会員の場合、発表当日入会頂きます。
演題審査
1. 口演発表を行うには審査があります。審査結果が電子メールにておつたえします。
2. 応募演題は、他の学会も含め未発表のものに限ります
3. 薬品名を記載する場合は、必ず一般名を記載してください。
4. 症例数や実験に用いた動物の数などは、演題登録時点で実際に行った数値を記載してください。
5. 一般演題の一例報告については原則認めません。ただし、症候学的、学術的な面などから深く検討されているのであれば、審議の上、採択することがあります。
6. 患者の個人情報に抵触する可能性のある内容は、患者あるいはその代理人から書面にて承諾を得てください。
7. 筆頭発表者、共同発表者ともに利益相反に関する情報を開示していただきます。

会誌掲載
口演発表を行った方は、本会会誌へ投稿頂きます。
査読のうえ会誌に掲載された場合には、日本小児科学会専門医受験申請、更新申請において単位として認められています。

     
演題申し込み方法 メールにてお申し込みください convention@inoman.jp
演題締め切り j平成29年7月末日
演題の採択について 日本東洋医学会の演題採否基準に準じますが、講演時間等を考慮して,発表演題を絞らせていただくことがあります。
   
 

学会員募集

 

     
主催:日本小児東洋医学会