大会会長 開催日 会場 講演1 講演1演者 参加者 講演2 講演2演者 演題数 シンポジウムなど 司会者
1 田村峯雄 1974.03.17 扶桑会館 糸球体腎炎について 藤本輝夫       3    
2 前川正信 1974.08.18 大阪市立大学医学部
臨床第一講堂
          10    
3 前川正信 1974.10.11 大阪市立大学医学部
臨床第一講堂
               
4 前川正信 1975.03.16 大阪科学技術センター           13    
5 前川正信 1975.09.21 大阪市立大学医学部
基礎大講義室
1.腎不全におけるカルシウム
2.家庭透析の実施
1.森井浩世
2.柴田昌雄
      14    
6 前川正信 1976.03.21 ロイヤルNCB会館           14    
7 前川正信 1976.09.26 大阪市立大学医学部
基礎大講義室
社会的に見た人工腎臓 太田和宏       15    
8 前川正信 1977.03.27 大阪市立大学
田中記念館
          22    
9 前川正信 1977.09.18 大阪市立大学
田中記念館
透析患者の精神障害について 上枝一成       16    
10 前川正信 1978.03.12 大阪市立大学
田中記念館
          26    
11 塩田登志也 1978.09.10 大阪市立大学
田中記念館
          28    
12 前川正信 1979.03.18 大阪市立大学
田中記念館
          26    
13 阿部 裕 1979.09.09 大阪科学技術センター           40    
14 前川正信 1980.03.16 大阪市立大学
田中記念館
          36    
15 堀内 篤 1980.09.28 近畿大学医学部
臨床大講堂
          46    
16 前川正信 1981.03.15 大阪市立大学
田中記念館
肝炎ビールスに関する最近の話題 黒木哲夫       39    
17 宮崎 重 1981.09.13 大阪医科大学
臨床第一講堂
      透析患者の
術前・術中・術後管理
岸本武利 41    
18 前川正信 1982.03.14 大阪市立大学
田中記念館
          37    
19 堀内 篤 1982.09.19 近畿大学医学部
臨床大講堂
CAPDの現状と問題点 高橋 進       32    
20 園田孝夫 1983.03.13 大阪大学
松下講堂
          32    
21 前川正信 1983.09.18 大阪市立大学
田中記念館
          35    
22 阿部 裕 1984.03.18 大阪大学
松下講堂
          36    
23 飯田喜俊 1984.09.16 大阪YMCA会館
YMCAホール
      免疫抑制法の発展と
腎移植成績の向上
佐川史郎 37    
24 浜田勝生 1985.03.17 大阪YMCA会館 二次性副甲状腺機能亢進症 森井浩世
園田孝夫
      23 患者教育 今田聰雄
山川 眞
25 森井浩世 1985.09.22 大阪YMCA会館       透析患者における
合併症の問題点(会長講演)
森井浩世 34 透析患者における
感染症の病態と治療
飯田喜俊
岸本武利
26 栗田 孝 1986.03.16 大阪YMCA会館           44 透析と移植のあいだ 今田聰雄
秋山隆弘
27 山川 眞 1986.09.14 MIDシアター 多嚢胞化萎縮腎と腎癌発生 石川 勲       36 透析看護面よりみた
私達の施設の特徴
中山富子
28 白井大禄 1987.03.08 SABホール           41    
29 井上 隆 1987.09.20 大阪YMCA会館           60 糖尿病透析患者の問題点 白井大禄
西沢良記
30 岸本武利 1988.03.27 大阪市立大学
杉本学舎
          66 メーカーの立場からみた
透析療法
前川正信
31 今田聰雄 1988.09.18 難波別院御堂会館
(南御堂)
          62 透析療法・腎移植症例に
おける生活の質
-Quality of life:QOL-
の諸問題
飯田喜俊
井上 隆
32 西出 厳 1989.03.19 大阪市立大学
杉本学舎
着想と発想 土屋喜一       54 透析患者の栄養管理 山川 眞
浜田勝生
33 浜田勝生 1989.09.17 難波別院御堂会館
(南御堂)
腎移植と輸血 岡田茂樹   排尿障害と腎障害 北川慶幸 73 パラメディカルから見た
これからの透析医療
浜田勝生
34 稲田満夫 1990.03.18 難波別院御堂会館
(南御堂)
      透析室勤務者の心得 桑原冨士子 67 高齢者(65歳以上)
透析における諸問題
西川光重
公文美佐子
35 保井明泰 1990.09.16 MIDシアター 歴史にみる病人の心 酒井シズ       86 快適生活と適正透析 飯田喜俊
白井大禄
36 折田義正 1991.03.17 大阪国際交流センター 慢性腎疾患の予後モデル 古川俊之 600     82 手術と透析 高光義博
石橋道男
37 西尾正一 1991.09.22 難波別院御堂会館
(南御堂)
    700 C型肝炎の現況 黒木哲夫 87 コメディカルからみた
透析療法における諸問題
中山富子
宮部藤十郎
38 前川正信 1992.03.22 大阪国際交流センター 透析患者の副甲状腺 黒川 清 900 透析療法学について
(会長講演)
前川正信 104    
39 小野山攻 1992.09.20 千里ライフ
サイエンスセンター
増血因子の応用と将来の展望 河北 誠 1080     94 糖尿病患者指導と
治療の問題点
今田聰雄
白井大禄
40 大野良興 1993.03.14 千里ライフ
サイエンスセンター
腎移植前後のケアーについて 岸本武利 1005     89    
41 三上裕司 1993.09.19 千里ライフ
サイエンスセンター
次世代の人工腎 斎藤 明 1139     99 至適透析の進め方 今田聰雄
42 今田聰雄 1994.03.13 千里ライフ
サイエンスセンター
透析療法の臨床効果
ー改善しない症状とその対策ー
飯田喜俊 1078     102    
43 小野秀太 1994.09.18 千里ライフ
サイエンスセンター
透析患者の性機能について 岩動孝一郎 1152     90 社会復帰が容易でない
透析患者の問題点と
その援助
柴原伸久
赤間由起子
44 森井浩世 1995.03.19 千里ライフ
サイエンスセンター
糖尿病性腎症患者の看護 監物友里 1104     84    
45 河野真彦 1995.09.10 千里ライフ
サイエンスセンター
長期透析患者における
整形外科的合併症
亀山 修 1188     99 透析室における
災害時の対策
西川光重
生水 晃
46 岸本武利 1996.03.17 千里ライフ
サイエンスセンター
透析患者のケアマネージメント 白澤政和 1233     96    
47 椿原美治 1996.09.08 千里ライフ
サイエンスセンター
透析看護への視座
-人間と生活をみつめて看護の視点-
金井一薫 1334 1.至適透析の基準
2.小児HUSの病態と治療
1.木村玄次郎
2.伊藤克己
107    
48 栗田 孝 1997.03.16 千里ライフ
サイエンスセンター
人と医療の危機管理
-阪神大震災からの教訓-
内藤秀宗 1305 腸管出血性大腸菌
O-157感染症とHUS
今田聰雄 104    
49 金 昌雄 1997.09.07 千里ライフ
サイエンスセンター
フランスにおける腎移植事情 石橋道男 1551 透析液水質管理および
On-line HDF
金 成泰 106    
50 西川光重  1998.03.15 千里ライフ
サイエンスセンター
至適透析とQOLの向上 飯田喜俊 1306 糖尿病透析患者の眼病変 宇山昌延 90    
51 福原吉典 1998.09.20 千里ライフ
サイエンスセンター
慢性透析患者の予後について考える 井関邦敏 1307 エイズ/HIV感染症診療の進歩 白阪琢磨 95 精神障害(痴呆も含む) を
呈する透析患者の対策
(合併症対策ワークショップ)
井家上 譲
田畑 勉
52 勝岡洋治  1999.03.07 千里ライフ
サイエンスセンター
腎性上皮小体機能亢進症の
病態と治療
冨永芳博 1334     85 副甲状腺機能亢進症の対策
(合併症対策ワークショップ)
冨永芳博
金 昌雄
53 田畑 勉 1999.09.26 千里ライフ
サイエンスセンター
透析骨症治療の進歩 秋澤忠男 1358 透析患者の
勃起障害の病因と治療
川西泰夫 96    
54 長谷川廣文 2000.03.12 千里ライフ
サイエンスセンター
21世紀に向けての透析療法について 前田憲志 1363     97    
55 高橋香司 2000.09.17 千里ライフ
サイエンスセンター
腎とビタミンD 清野佳紀 1393 虚血性心疾患と人工透析 田内 潤 83 透析患者の心疾患 田内 潤
長谷川廣文
56 西沢良記 2001.03.11 大阪国際交流センター 透析患者における動脈硬化 島本和明 1225 脳卒中と人工透析 半田伸夫 84    
57 藤井正満 2001.09.30 千里ライフ
サイエンスセンター
透析患者の栄養障害,Update 高光義博 1247 膵腎同時移植の現状 石橋道男 89    
58 岸本武利 2002.03.24 大阪国際会議場     1376     97    
59 川村正喜 2002.09.29 千里ライフ
サイエンスセンター
「透析医療のQOL向上にむけて」
(退任記念講演)
岸本武利 1402     102 二次性副甲状腺機能亢進症に対する
マキサカルシトールの適応と問題点
(合併症対策ワークショップ)
武本佳昭
山内 淳
60 今井圓裕 2003.03.16 千里ライフ
サイエンスセンター
腎不全医療の現況と未来 秋葉 隆 1489     94 これだけは知っておきたい:Q&A
(特別企画-聴衆参加型企画-)
椿原美治
藤井正満
61 安田英煥 2003.09.21 千里ライフ
サイエンスセンター
チーム医療からみた
小児腎不全治療のポイント
服部元史 1522     122    
62 秋山隆弘 2004.03.14 千里ライフ
サイエンスセンター
献腎移植長期生着者に聞く
(特別プログラム)
大畑益子
水崎泰行
1609     127 ディベート
「PTX vs PEIT 」
この症例ならどちらを選ぶ?
奥野仙二
北村 洋
武本佳昭
土田健司
63 矢嶋息吹 2004.09.12 千里ライフ
サイエンスセンター
慢性ウイルス感染から
肝細胞癌へ:病理学的観点から
神代正道 1684     119    
64 西川光重 2005.03.13 千里ライフ
サイエンスセンター
透析療法指導看護師と
  透析看護認定看護師、
  二つの認定制度の違い
  -目的・内容・今後の課題-
宇田有希 1440 How to improve dialysis
  survival in 2005
Stanley
  Shaldon
99    
65 山内 淳 2005.09.18
千里ライフ
サイエンスセンター
増えつづける糖尿病性腎症
“その予防と治療”
吉川隆一 1841 次世代型人工腎臓治療として
期待されるもの
峰島三千男 127    
66 長谷川廣文 2006.03.26 大阪国際会議場 わが国の透析Vascular Access の
将来像を考える
天野 泉 1520 今、なぜ在宅透析なのか? 今田聰雄 109    
67 杉本俊門 2006.09.17 大阪国際会議場 日本と世界の透析療法の現況
武本佳昭 1517 腎移植後免疫抑制療法の進歩
−ステロイド限量の試みを中心に-
浅井利大 80    
68 井上 徹 2007.03.11 大阪国際会議場 患者中心の腎不全治療を考える 政金生人 1544 ISO基準を巡る透析液清浄化の動向
楢村友隆 94    
69 野田裕幸 2007.09.09 大阪国際会議場 透析膜の過去、現在、未来 斎藤 明 1584 心臓外科手術・補助人工心臓治療などに
おける特殊環境下の血液透析
見目恭一 88 透析医療における接遇の問題 金村正一
70 仲谷達也 2008.03.23 大阪国際会議場 サテライトから見た移植療法 松岡哲平 1534 21世紀の腎移植 内田潤次 92 ウィルス肝炎の治療-最近の進歩- 吉原治正
71 山川智之 2008.09.07 大阪国際会議場 透析医は患者および社会にどう立ち向かうか 大平整爾 1714 透析患者の薬物適正使用 平田純生 106 MRI用ガドリニウム造影剤合併症 対馬義人
72 西沢良記 2009.03.15 大阪国際会議場 患者から見る我が国の治療選択の現状と課題 佐中 孜 1510 透析患者の血管石灰化-影響因子と効果 石村栄治 104 透析患者における脳血管障害の診断と治療 豊田一則
73 和田 晃 2009.09.13 大阪国際会議場 安全な透析−透析室の感染対策 秋葉 隆 1802 透析患者の栄養管理 和佐勝史 100 これからの腎不全医療を考える 猪阪善隆
74 猪阪善隆 2010.03.14 大阪国際会議場 透析患者予後向上への方策 秋澤忠男 1644 慢性腎臓病と心血管合併症の
連関機序を考察する
柏原直樹 100 透析医療に携わるスタッフに
必要な視点
石橋由孝
75 岡村幹夫 2010.09.05 大阪国際会議場 チーム医療が機能する組織を作ろう 副島秀久 1761 慢性腎臓病(透析を含む)の診療における
チーム医療とは何か?
-理念、現状、そして問題点-
海津嘉蔵 109    
76 西岡 伯 2011.03.13 大阪国際会議場 糖尿病、慢性腎不全と膵移植、腎移植
−透析も移植も長く保つには?−
杉谷 篤 1729 慢性腎臓病(CKD)に対する超音波検査 平井 都始子 92    
77 西川慶一郎 2011.09.11 大阪国際会議場 患者の予後改善を目指した腎代償療法の選択 山本裕康 2084 透析療法終末期における治療中止 岡田一義 96    
78 正木浩哉 2012.03.11 大阪国際会議場 血液透析患者における心血管合併症の評価と
治療に関するガイドライン
平方秀樹 1896 東日本大震災に学ぶ大阪の透析医療の
災害対策
山川智之 87    
79 坂 宗久 2012.09.09 大阪国際会議場 よりよい腎代替療法の選択を考える 西 愼一 1896 腎不全患者の高血圧治療 有馬秀二 99    
80 長谷川廣文 2013.03.17 大阪国際会議場 高齢者腎不全医療の現状と未来
 −チーム医療と病診連携−
中元秀友 1951 創傷管理とフットケア 市岡 滋 93    
81 間俊郎 2013.09.15 大阪国際会議場 透析患者の下肢閉塞性動脈硬化
 −早期発見と治療戦略
小林修三 2027 透析患者の栄養障害と患者指導 市川和子 98    
82 高原史郎 2014.03.02 大阪国際会議場 腎不全の総合医療をめざして 水口 潤 1765 腎不全医療の経済評価 田倉智之 82 大阪府下の結核症の現況 和田 晃
83 西出孝啓 2014.09.07 大阪国際会議場 リンから考える今後の透析医療 重松 隆 2027 免疫低下患者に生じる呼吸器感染症
〜人工透析患者を中心に
加藤元一 74    
84 武本佳昭 2015.03.15 大阪国際会議場 小児腎不全の現況と治療戦略 服部元史 2031 CKD治療の展望 柳田素子 80    
85 田端作好 2015.09.13 大阪国際会議場 iPS細胞研究の臨床への応用
〜腎臓領域を中心に〜
長船健二 2133 今後の医療財源と腎透析 坂口 力 90    
86 稲葉雅章 2016.03.06 大阪国際会議場 透析医療の現状と課題 秋澤忠男 2052 血管石灰化の病態と治療 新田 孝作 90 腎不全高齢者に対する医療提供の考え方 秋下雅弘
87 横山建二 2016.09.04 大阪国際会議場 慢性腎臓病・透析患者における認知機能障害と脳萎縮 鶴屋和彦 1920

透析患者の高齢化に伴う諸問題
−現状のままで克服できるのか?

日ノ下文彦 92 透析患者における末梢動脈疾患
〜診療報酬改定に見る意義
小林修三
88 東 治人 2017.03.05 大阪国際会議場 小児の急性腎不全の代表的疾患
−溶血性尿毒症症候群−
芦田 明 2000 透析患者における低栄養とフレイル 猪阪 善隆 104