嚥下のアニメーション


 誤嚥は喉に送り込まれた、食塊が気管に誤って入る事ですが、この喉の領域は不随運動つまり反射ですから、自分の意志で動かすことの出来ない領域です。では、『気管に入る所の蓋(喉頭蓋)を閉じてください』と指示しても自分の意志で動かす事は出来ません。喉に良い状態で食物が送り込まれる事が重要です。
 しかしながら、口腔周囲筋(顎・頬・口唇・舌)は随意運動ですので、自分の意志で動かす事が出来ます。そして、この領域の運動能力が向上する事で食塊が喉を通過しやすい状態でスムースに喉に送り込まれる事から、気管に食塊が入りにくい状態になり誤嚥を防止します。

(社)柏歯科医師会 大石善也 ごっくんちょ研究会ホームページより