HOME ENGLISH
研究紹介    主要論文    メンバー     最近のできごと    HOME
Research             Publications             Members             Link             HOME
真鍋一郎 研究室
千葉大学大学院医学研究院長寿医学
私たちは生活習慣病の分子メカニズムの解明と、新しい治療法への展開を目指して研究を進めています。

生活習慣病の基盤病態としての慢性炎症を解き明かす

生活習慣病やがんには共通して、免疫細胞や炎症が鍵となる働きをしています。私たちは心臓病、メタボリックシンドローム、糖尿病、慢性腎臓病やがんについて、慢性炎症の役割について研究を進めてきました。これらの研究を通して、マクロファージを始めとする免疫細胞が、心臓などの臓器の恒常性を維持することも見いだしています。さらに、免疫系、神経系、代謝系、内分泌系のリンクによって体がストレスに適切に対処する一方で、ある臓器で始まった病態が他の臓器へも拡大・波及することも明らかにしてきました。このような複数システムの連携による恒常性の維持機構や、細胞代謝・エピジェネティクス・シグナルのクロストーク、これらの加齢に伴う変化に着目し、生活習慣病とがんの分子メカニズムを解明し、新しい治療法へと結びつけたいと考えています。
私たちの研究室では、分子生物学(ChIP-seq、RNA-seq、ATAC-seq等NGS解析を含む)、細胞生物学(フローサイトメトリー等)、疾患モデル動物(細胞特異的遺伝子改変マウス)、in vivoイメージングといった広範な技術を活用しています。



心臓ー脳ー腎臓の臓器間連携と組織マクロファージによる新しい心臓保護作用のメカニズムを明らかにしました。心不全や心腎連関の新たな理解と治療標的を報告しています。 → Nature Medicine

東京医科歯科大学大石由美子准教授グループの骨格筋細胞再生に関する論文が出版されました。私たちはNGS解析をサポートしました。 →
eLife

加齢に伴う慢性炎症とマクロファージに関するレビューが出版されました → Aging and Mechanisms of Disease

リンパ浮腫の新しい分子機序を明らかにした論文が出版されました → J Invest Dermatol
リンパ管傷害後にTh1/Th17とマクロファージの相互作用によって惹起される過剰なリンパ管新生が、その後のリンパ浮腫の病態形成に必須であることを明らかとしました。また、スタチンがこの細胞間相互作用を阻害し、リンパ浮腫を予防する作用を持つことを見いだしました。

特任助教/ポスドク、大学院生募集中

現在スタッフ1名、ポスドク1名と大学院生を募集しています。
組織マクロファージによる恒常性維持機構や、組織マクロファージのエピジェネティク制御機序に注目した研究を進めています。また、免疫系や神経系が介する多臓器・多システム間の連携機序についても研究を続けています。最近では心臓マクロファージが心臓保護作用を持つこと、心臓と腎臓の連携にマクロファージが必須であることを見いだしています。免疫学、エピジェネティクス、疾患生物学のバックグラウンドをお持ちで、新しい研究を切り開く意欲のある方を募集しています。

ご興味のある方は真鍋(manabe-tky@umin.ac.jp)までご連絡下さい。




〒260-8670
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
e-mail: manabe-tky@umin.ac.jp

All rights reserved by Ichiro Manabe, 2007-2017.