熊本県腎不全看護研究会

ごあいさつ

透析施設協議会会長あいさつ

熊本県透析施設協議会
会長 有薗 健二

 平成29年より熊本県透析施設協議会会長を拝命しました有薗です。本会は、透析施設相互の連絡を密にし、透析医療の充実を図ることを目的として昭和63年に設立されました。現時点で、熊本県内の82透析施設が加入し、透析に関わる様々な情報を共有できるように努力しています。
 昨年の熊本地震においても、前会長の久木山先生の指揮のもとで、県内透析施設の被災状況、透析ができない施設の患者さんを他施設で透析を行うこと、透析に欠かせない水の供給などの情報伝達等を行い、結果的に震災による透析難民を生むことなく、透析が施行できたことは、今までの先輩諸先生方の努力の成果と思います。
 透析医療は、いろいろな職種のチーム医療で成り立っています。特に看護師および臨床工学技士の役割が大きいことは言うまでもありません。透析治療を受けておられる患者さんのQOLの向上及び適切な医療の提供をめざし、様々な取り組みを行いたいと思います。スタッフの勉強会や研究会の開催、今回の熊本震災をふりかえり災害対策の見直し(できたこと、できなかったことの見直し)、腎不全看護および臨床工学技士会とのさらなる連携などです。ぜひ、いろいろな機会に多くの建設的な意見を頂ければと考えています。今後とも、ご指導・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

代表世人話あいさつ

熊本県腎不全看護研究会
代表世話人 城間久美絵

 このたび熊本県腎不全看護研究会の代表世話人を拝命いたします、熊本赤十字病院の看護師、城間久美絵と申します。代表世話人就任に あたりまして御挨拶申し上げます。
 早いもので熊本県腎不全看護研究会は、発足より10年を超えること となりました。発足当初は組織の運営や、講演会開催等の企画運営に 先輩方が試行錯誤と大変な御努力を重ねてこられたとお聞きしており ます。お陰をもちまして、これまでに多くの講師の先生方の御講演や、 透析施設で勤務されているスタッフの方々からの事例発表など行うことができております。これら沢山の貴重な機会によって知識の向上と実技の上達が実現してまいりました。私達のこれまでのこの働きを今後も継続し、より発展できるよう力を尽くしてまいりたいと思っております。
 さて、熊本地震から2年が経ちました。当研究会は、震災時の困難を乗り越えてきた経験を活かし、熊本県透析施設協議会と熊本県臨床工学技士会と協働して、「災害ハンドブック」の作成を行いました。同ハンドブックを配布するまでに多くの皆様の協力をいただき、大変感謝申し上げます。今後もどのような災害が起こるか分かりませんが、患者様をはじめとした多くの方々のお役にたてるよう、これまで以上に貢献していきたいと考えております。
 最後に本研究会は、熊本県の透析医療の質向上と安心・安全な透析ができるよう、最新の看護の情報を発信していきたいと思っております。暖かい御支援をいただいております皆様方へ深く感謝を申し上げると共に、今後とも御協力、御指導を賜りますことをお願い申し上げます。

お問い合わせ

〒860-4193
熊本県熊本市近見5丁目3番1号
恩賜財団 済生会熊本病院
血液浄化センター内
TEL 096-351-8000(内線2300)
【直通】
TEL 096-351-8093
FAX 096-351-8785

↑ PAGE TOP