Yoshihiro Kanai's Website
Home

14.2.17 ホームページを新規に開設し,移動しました。新サイトはこちら

13.12.31 訳書「不安に悩まないためのワークブック −認知行動療法による解決法−」が出版されました。

13.10.26 INFORMATIONを更新しました。

13.8.27 訳書「認知行動療法という革命:創始者たちが語る歴史」が出版されました。

13.7.22 昨年,専修大学で行った講演が掲載された紀要が専修大学機関リポジトリで公開されました。

13.7.3 ABOUT ME(外部資金)を更新しました。

13.4.17 PUBLICATIONSの学術論文(国際誌,国内誌)を更新しました。

13.3.1 (財)仙台市健康福祉事業団の情報誌「げんき倶楽部 杜人」で社交不安障害が特集され,
      インタビュー記事が掲載されました。Date FM DJ 石垣のりこさんからのアドバイスはこちら

12.12.7 恩師 坂野雄二先生の還暦を記念して作成された本「60のケースから学ぶ認知行動療法」が刊行
      されました。

12.11.29 東北学院大学カウンセリングセンター便りに記事が掲載されました。記事はこちら

12.11.28 ABOUT MEを更新しました。

12.9.28 INFORMATIONを更新しました。

12.7.28 東北学院大学 by AERA(AERAムック大学シリーズ)が出版されました。

12.5.24 専修大学心理科学研究センター主催のシンポジウム(6月16日)で講演します。
       シンポジウム「不安,うつ,妄想に挑む心理学:臨床と基礎の融合を目指して
       演題「社交不安障害の認知行動療法に活かす基礎研究」

12.4.12 東北学院大学での金井ゼミが3年生12名でスタートしました。

12.4.3 ABOUT ME(職歴)を更新しました。

12.3.13 非常勤の仕事をする上で必要になった産業カウンセラーの資格を取得しました。

12.2.7 Biological Psychologyにアクセプトされた論文がオンラインで公開されました。
      "Early somatosensory event-related potentials reveal attentional bias for
        internal stimuli in social anxiety"

12.2.6 Psychological Reportsに掲載されたビデオフィードバックに関する論文がVerticalNewsで紹介
      されました。

12.1.14 事象関連電位を用いて対人不安の注意バイアスについて調べた論文がBiological
       Psychology
にアクセプトされました。

11.11.1 東北学院大学のホームページがリニューアルされました。

11.10.30 学会活動(ABOUT ME)を更新しました

11.9.28 対人不安に対するビデオフィードバックの治療効果を調べた論文がPsychological Reportsに
       掲載されました。
       "The effects of video and nonnegative social feedback on distorted appraisals
        of bodily sensations and social anxiety."

11.8. 5 「カウンセリング研究」に論文が掲載されました。
       岡島 義・金井嘉宏・福原佑佳子・岡島純子 「小中学生における社会不安障害の
       認知行動モデルの構築とサブタイプの検討」

11.6.10 エビデンス・ベイスト 心理療法シリーズ 社交不安障害 が出版されました。

11.4.28 所属が広島大学から東北学院大学に変わりました。
      それにともなって,ホームページのURLも変更しました。

11.1.17 金井と同じ研究室出身の石川信一先生(宮崎大学)と岡島義先生(神経研究所)の本が
       風間書房から出版されました。
        石川信一 児童の不安障害に対する認知行動療法
        岡島 義 社会不安障害患者の安全確保行動に関する研究−回避行動に関する新たな視点

11.1.5 「カウンセリング研究」に論文が掲載されました。
       論文タイトル:自閉症スペクトラム傾向を示す大学生の抑うつにソーシャル・サポートと
               被害念慮が及ぼす影響

10.12.8 名古屋で開催された日本行動療法学会第36回大会でポスター発表を行いました。
       金井嘉宏・青木(佐々木)晶子・杉浦義典・岩永 誠 (2010).
       情動調整能力が対人不安と認知の歪みに及ぼす影響 
       日本行動療法学会第36回大会発表論文集,370-371.

10.11.19 業績一覧(PUBLICATIONS)とINFORMATIONを更新しました。

10.9.28 昨年の感情心理学会においてワークショップを行ったメンバーで書いた論文が出版されました。
       佐々木淳・有光興記・金井嘉宏・守谷順 (2010). 社会不安障害の異常心理学と
       認知行動療法
 感情心理学研究,18,33-41.

10.7.23 心理学基礎実習マニュアル(北大路書房)が増刷されました。
      「大きさの恒常性」と「不安とストレス」を担当しています。

10.6.9 INFORMATIONをブログ形式にしました。これまでINFORMATIONに掲載されていた文献情報
       は,ブログの最初の投稿に掲載しています。

10.6.1  プロフィール(ABOUT ME)を更新しました。

10.4.16 Cognitive Therapy and Researchに論文が掲載されました。
       "Interpretation bias for ambiguous social behavior among individuals with
       high and low levels of social anxiety"


10.4.13 9月20日から大阪大学で開催される日本心理学会第74回大会でポスター発表をします。
       金井嘉宏・入戸野 宏・久保賢太・青木(佐々木)晶子・岩永 誠
       対人不安者の内的・外的刺激に対する注意バイアス −事象関連電位を用いた検討− 


10.3.26 「認知行動療法の技法と臨床」(日本評論社)が重版されることになりました。
       「第6章 行動的家族療法」と「第10章 社会不安障害」を担当しています。


10.3.15 「心理学研究」第80巻第6号に論文が掲載されました。
       金井嘉宏・佐々木晶子・岩永 誠・生和秀敏 (2010)
       社会不安のサブタイプと生理的反応に対する認知の歪みの関係 心理学研究,80,520-526.


10.2.9 大学院生の佐々木晶子さんの論文がpublishされました。
       Sasaki, S., Iwanaga, M., Kanai, Y., & Seiwa, H. (2010). Implicit and explicit
       associations in the fear structure of social anxiety.
       Perceptural and Motor Skills, 110, 19-32.


09.11.1 第35回日本行動療法学会において,事象関連電位を用いて
       社会不安者の注意について調べた実験の結果を発表しました。 

        金井嘉宏・入戸野 宏・久保賢太・佐々木晶子・岩永 誠 (2009).
        社会不安者が生理的反応と他者表情に示す脳電位反応 
        日本行動療法学会第35回大会発表論文集,550-551.













大学シンボルマーク