教育セミナーのお知らせ

本研究会では消化器癌に対する教育セミナーを開催します。このセミナーでは胃癌、大腸癌について以下のようなテーマで各分野での第一人者の先生、お二人ずつに我が国における治療最前線を講演していただく予定です。演者、講演内容など詳細につきましては順次ホームページにアップする予定ですので、ご確認いただきますようお願い致します。

1.胃癌に対する化学療法最前線

胃癌に対する周術期化学療法と進行再発胃癌に対する化学療法について

2.胃癌に対する手術治療最前線

胃癌に対する外科解剖と腹腔鏡手術に関する最新の知見について

3.大腸癌に対する化学療法最前線

大腸癌に対する周術期化学療法と進行再発大腸癌に対する化学療法について

4.大腸癌に対する手術治療最前線

大腸外科に必要な骨盤解剖と腹腔鏡下手術の最新の知見について

座長及びご講演を予定している先生方は以下の通りです。
プログラムの詳細など、今後ホームページに掲載する予定です。

座長 演者1 演者2
胃癌に対する化学療法最前線 小寺泰弘先生
(名古屋大学)
山口研成先生
(癌研有明病院)
黒川幸典先生
(大阪大学)
胃癌に対する手術治療最前線 瀬戸泰之先生
(東京大学)
宇山一朗先生
(藤田保健衛生大学)
篠原尚先生
(兵庫医科大学)
大腸癌に対する化学療法最前線 竹之下誠一先生
(福島県立医科大学)
室圭先生
(愛知県立がんセンター)
加藤健志先生
(関西労災病院)
大腸癌に対する手術治療最前線 山口茂樹先生
(埼玉国際医療センター)
竹政伊知朗先生
(札幌医大)
絹笠祐介先生
(静岡がんセンター)