「癌と化学療法」雑誌投稿について

雑誌投稿について

本会においてご発表頂きました内容を「癌と化学療法」誌第44巻第12号(2017年11月増刊号)に審査の上、掲載致します。投稿は任意です。また本号掲載の際に、個人会員および施設会員の方は1論文50,000円(税別、別刷10部贈呈)、会員でない方は1論文70,000円(税別、別刷10部贈呈)の掲載料を申し受けます。掲載料入金を論文掲載の要件と致します。原稿受領後に請求書をご送付致しますのでお振込み下さいますようお願い致します。

以下の要領でご執筆の上チェックリストとともに、7月7日(消印有効)までに(株)癌と化学療法社 癌局編集部にご送付下さい。締切日以降は受付不可。なお、会場でも受付致しますがメールでの投稿はお受けできません。また、原稿受付は6月23日以降とし、事前受付は致しかねます。
審査は本号編集委員会(原則3名以上)によって行われ、論文内容・論文形式・図表等を対象とします。審査の結果、採用されない場合がございますので、予めご了承ください。なお、原稿の加筆・削除および一部書き直しをお願いすることがございます。

日本癌局所療法研究会 編集委員長 山口 佳之

執筆要項について

  • 1.1頁20字×20行の様式でCD、USB等に保存し、プリントアウトした原稿(原本1部)と
    コピー3(計4)部とともにご提出下さい(データはテキスト形式にしたものも併せて保存して下さい)。
    また、ご使用のコンピュータの機種(Mac等)およびソフト名を明記願います。
    なお、ご提出いただいた原稿は、CD、USB等を含め返却致しません。
  • 2.原稿総枚数は400字詰12枚以内を厳守して下さい。図表1点につき400字と計算、文献、400字以内の和文要旨、英文Summary(和文要旨の英訳・200 words程度)、著者名、所属名、Key words(2~3語程度の英文表記)を含みます。(組上がり3頁を超えた場合は文章等をカットして頂くか、組上がり1頁につき30,000円(税別)の超過料金を申し受けます)なお、癌と化学療法誌はPubMed等の収載対象誌です(掲載後の修正はPubMedのデータベースを含め不可能です)。
  • 3.図および表は説明を含め可能な限り英文として下さい。
  • 4.写真は原則として、モノクロ掲載となります(カラー掲載の場合は実費をご負担下さい)。
  • 5.文献の書き方は下記の例に従って下さい。
    著者名は3名まで記載し、題名、雑誌名、巻(号)、頁-頁、発行西暦年号を明記して下さい。
〔例〕
1)
松山 悟,北原賢二,平野達也・他: 胆管癌の術後肝転移再発に対しUFT単剤療法が著効した1例.癌と化学療法 31(1): 113-115, 2004.
2)
Urba SG, Orringer MB, Turrisi A, et al: Randomized trial of preoperative chemoradiation versus surgery alone in patients with locoregional esophageal carcinoma. J Clin Oncol 19(2): 305-313, 2001.

※別刷は10部を贈呈致します[(株)癌と化学療法社からの掲載雑誌の贈呈はございません]。
また、別刷は100部単位で作成致します。別刷の料金は1~100部まで33,000円(税別)となります。それ以上の部数については100部単位で作成致します。料金については下記出版社にお問い合わせ下さい。上記金額は、校正時注文分に限り適用させていただきます。

(株)癌と化学療法社 癌局編集部
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-2-3 リッシュビル2F
TEL:03-3278-0052 FAX:03-3281-0435
E-mail:ccp-gankyoku@eos.ocn.ne.jp