第45回日本病理学会近畿支部学術集会のお知らせ

 

 検討症例は平成21年4月22日(水曜日)抄録締めきりで申し込み受け付けしています.配布用のHEスライド55セットと,臨床経過用紙を事務局までお送り下さい.小さい標本などで不可能な時は,HEスライド3セットでも構いません.インターネット公開用のマクロ,ミクロ写真(jpg.ファイル)および抄録(doc.ファイル)を事務局まで,電子メール(jspk-office@umin.ac.jp)あるいはCD-R(郵送)でお送り下さい.また, 発表当日お持ち頂くスライドファイルは, Power point 2003以前のヴァージョンで作成して頂く様, お願い致します.演題申し込み・御質問は,お気軽に事務局(jspk-office@umin.ac.jp)まで御連絡下さい.

 

日時:平成21年 5月23日(土)

場所:関西医科大学

世話人:螺良 愛郎 先生(関西医科大学)

テーマ:非腫瘍性リンパ節病変

モデレーター:中塚 伸一 先生(関西労災病院)

参加費:1,000円

 

      1140  外科病理症例検討

11401240  休憩(幹事会)

12401305  支部総会・学術賞授与

13051330 公募部門学術賞受賞講演

13301425  特別講演:「キャッスルマン病の病態と治療」

         西本 憲弘 先生(和歌山県立医科大学 免疫制御学・教授)

14251445  休憩

14451650  病理講習会:非腫瘍性リンパ節病変

1.はじめに 非腫瘍性リンパ節病変の概論                 中塚 伸一 先生(関西労災病院)

2.EBV関連リンパ増殖性疾患-非腫瘍性病変から腫瘍性病変へ-      

                                             平塚 拓也 先生(済生会野江病院)

3.キャッスルマン病の病理                           中塚 伸一 先生(関西労災病院)

4.Rosai-Dorfman                                    大澤 政彦 先生(大阪市立大学)

5.免疫不全関連リンパ増殖性疾患                   池田 純一郎 先生(大阪大学)

6.腫瘍性/非腫瘍性リンパ節病変の鑑別におけるclonality analysisの有用性            

                                                小原 正治 先生(大阪大学)

16501730 病理診断困難症例の解説

1.顔面,体幹に多発性紅斑を形成した1 

山内 先生(東大阪市立総合病院)

2.Peripheral T-cell lymphoma of Lennert typeの経過中にB-cellmonoclonalな増殖が認められた症例 

千原 先生(大阪大学)

 

<送付先>

663-8501  西宮市武庫川町1-1  兵庫医科大学 病理学機能病理部門内

    日本病理学会近畿支部事務局  Tel / FAX : 0798-45-6432 / 6431