2017.07NEW 日本赤十字看護学会誌の投稿方法が、2017年9月1日より電子査読システムへ変更になります。

********************  ********************  ********************  ********************  ********************

編集委員会では会員の皆様の研究成果をできるだけ早く発信できるよう“査読過程の迅速化”に取り組んでおります。本会誌への投稿を心よりお待ちしております!!

理 事 長:高田早苗  編集委員長:本田多美枝

日本赤十字看護学会では、会員の皆様が取り組まれている研究や実践活動を広く世の中に公表できるよう、日本赤十字看護学会誌を年間1号発刊しております。編集委員会では、できるだけ多くの論文が本会誌に掲載されるよう、投稿規程や査読ガイドラインの見直しを行うとともに、査読過程の迅速化に向けて取り組んでおります。しかし、投稿論文数はまだまだ少ない状況にあります。せっかく取り組んだ研究や実践報告をまだ投稿していない方、修士論文や博士論文の成果発表を予定している方など、ぜひ日本赤十字看護学会誌に投稿してください。多くの皆様からの投稿を、心よりお待ちしております。

【投稿論文を募集しています】

  1. 博士後期課程、修士課程を修了した方へ
    博士論文、修士論文の投稿をお待ちしています。
  2. 臨床や大学で研究に取り組んでいる方へ
    研究成果をまとめた論文の投稿をお待ちしています。
  3. 学部を卒業した方へ
    卒業論文の投稿をお待ちしています。

詳しくはこちらまで。