HOME会員のみなさまへ > 電子メールの使い方

電子メールの使い方

UMINのサーバを利用し、電子メールを行うことができます。
 各個人のメールアドレスは、「UMIN ID@umin.ac.jp」です。
 なお、電子メールを利用するときは、UMIN IDとパスワードが、必要になります。

では、手順を、画面の流れで説明します。

  1. 電子メールの起動と終了
  2. メールを出してみましょう
  3. 届いたメールを見てみましょう
 
  1. UMIN電子メールシステムでは、UMIN IDとパスワードを使用して保護を行っていますが、一度利用した後、ブラウザを終了しないでおいておくと、他の人があなたのメールを読むことができます。必ず使用後はブラウザを終了してください。
  2. UMIN電子メールシステムでは、必ずページ中のボタンをクリックして画面を移動してください。 特に、ブラウザのは使用しないように気をつけてください。
  3. 終了のボタンで終了しないで、ブラウザを終了してしまうと、電子メールプログラムは起動されたままとなり、一定時間後にタイムアウトして異常終了します。この場合、読んだはずのメールが未読になってしまいます。
  4. UMIN以外のメールサーバにメールを転送したい方は、こちらをご参照ください。

※ブラウザとは?
WWWサーバが保有する情報を検索して閲覧するためのアプリケーションの総称。 代表的なものとしてインターネットエクスプローラ、ファイアフォックスなどがあります。

 

電子メールの起動と終了

  1. 日本赤十字看護学会ホームページの画面を表示します。
    http://jrcsns.umin.ne.jp
  2. UMIN IDとパスワードを入力する画面が表示されます。
    UMIN IDとパスワードを入力してください。
  3. メニュー画面の表示
    ユーザ認証に成功すると、電子メールのメニュー画面が表示されます。
  4. 電子メールの終了
    電子メールを終了するには、以下の2通りの方法があります。
    • 「電子メールの利用を終了する」をクリックする。
    • 「終了」をクリックする。
  5. ブラウザの終了
    UMINの画面が表示されます。をクリックします。

メールを出してみましょう

  1. 「発信(メールを送る)」をクリックします。
  2. 件名(メールのタイトル)、宛先、本文を入力できるページが表示されます。
    • 件名 : メールのタイトル
    • 宛先 : メールを送りたい相手のUMIN ID
    例として、下記の画面のように入力します。
  3. メールの発信
    「発信」をクリックします。
    「保存発信」をクリックすると、発信したメールを保存しておくことができます。
    「保存発信」をクリックすると、下図の画面が表示された後、、「メールを発信しました」というメッセージの画面が表示されます。
    「outbox」というフォルダ(メールを保存しておく格納場所)を選択して 「選択」をクリックします。
  4. メールの発信が処理されると、「メールを発信しました」というメッセージが表示されます。 「了解」 クリックして発信の処理を終了します。

届いたメールを見てみましょう

  1. 「受信(届いたメールを読む)」をクリックします。
  2. 読みたいメールを選択します。
    メールを選択するには、件名か受信メールのリストの左にあるボタンをクリックします。
  3. メールの本文が表示されます。
  4. メールを保存します。
    既読メールは保存しないと削除されてしまいます。
    保存しておきたいメールは「保存」をクリックして保存しておきます。
  5. フォルダを選択します。
    「outbox」というフォルダ(メールを保存しておく格納場所)を選択して「選択」をクリックします。
  6. メールが保存されます。「了解」をクリックします。
    下図の画面が表示されます。

power point版