HOME学術集会これまでの学術集会 > 第14回学術集会

第14回学術集会

メインテーマ
これからの災害看護-東日本大震災と赤十字救護活動-
会長講演
細越 幸子(日本赤十字秋田看護大学)
「明治三陸大津波と日赤看護婦養成との関連」
演題数
63
プログラム
基調講演
  • 「自然災害(地震・津波)と日本列島の状況について」
    • 野越 三雄(秋田大学地域創生センター)
国際赤十字誕生150 年記念特別講演
  • 「赤十字の理念とその発展」
    • 野々山 忠致
        (元国際赤十字赤新月社連盟財政委員会委員、元駐ノルウェー大使、元駐ヨルダン大使)
特別講演
  • 「石巻医療圏における東日本大震災への対応」
    • 石井 正
        (東北大学病院地域医療教育支援部、前石巻赤十字病院医療社会事業部)
教育講演
  • 「進化する災害看護教育」
    • 小原 真理子(日本赤十字看護大学)
シンポジウム
  • 「災害看護の人材育成」
公開シンポジウム
  • 「震災遺族―支援される立場、支援する立場、その両者から」
指定交流集会
  1. 「東日本大震災における日赤看護ケア班の活動」
  2. 「看護研究セミナー研究に取り組んだ成果を学会誌に投稿しよう!」
    • (日本赤十字看護学会研究活動委員会)
  3. 「避難所・仮設住宅における看護活動」
  4. 「学生ボランティア活動~惨状における被災者との絆~」
  5. 「災害救護における看護職の可能性」
    • (日本赤十字看護学会災害看護活動委員会)
  6. 「入浴を嫌がる認知症高齢者には何が起こっているのか」
    • (日本赤十字看護学会臨床看護実践開発事業委員会)
  7. 「紛争犠牲者の保護と赤十字」
    • (日本赤十字看護学会国際活動委員会)
ワークショップ
  • 「ナイチンゲールを臨床に」
ナーシング・サイエンス・カフェ
  • 「災害図上訓練(DIG)で考える防災と看護~守りましょう!大切な人を そして地域を~」