HOME委員会活動研究活動委員会研究助成について > 研究助成に関する規程

研究助成に関する規程

  1. 研究助成の目的

    日本赤十字看護学会(以下、「本学会」という)の事業の一環として、学会員の看護に関する研究を支援するために、研究費の一部を助成し、看護研究の推進と看護学の発展に寄与することを目的とする。

  2. 資金

    本学会の研究助成は、特別会計の資金の一部を基金として行う。
    会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとする。

  3. 助成の金額

    金額は年間60万円を総額としてこれにあて、研究1題について30万円を限度として交付する。助成額は対象研究課題の2年間(1年も可)の研究費用に充当するものである。

  4. 助成の対象

    個人または共同の看護学に関する研究を対象とする。

  5. 応募資格

    研究代表者は、申請時において本学会会員である期間が2年以上あり、かつ看護教育または看護実践に携わる者であること。
    共同研究者は、申請時に本学会会員であること。

  6. 助成の決定

    別に定める研究助成選考基準により、選考委員会で審査し、理事会で決定する。
    選考委員会の委員は、研究活動委員会の議を経て本学会理事長が委嘱する。

  7. 義務

    助成を受けた者は、以下の義務を負う。

    1. 研究成果を助成期間内もしくは助成終了後6カ月以内に本学会学術集会に発表し、さらに1年以内に本学会誌に投稿すること。
    2. 学会発表等の際には「本助成を受けた研究」である旨、記載すること。
    3. 助成期間終了時に「成果報告書」と「決算報告書」を別紙様式により学会事務局に提出すること。研究成果報告書は理事会で報告ののち、本学会誌に掲載される。

附則

この規程は、2004年6月4日から施行する。
この規程の改正は、2006年4月22日から施行する。
この規程の改正は、2017年4月1日から施行する。