HOME委員会活動研究活動委員会研究助成について > 研究助成金科目一覧表

研究助成金科目一覧表

項番 科目 細目 概要
1 物品費 消耗品
備品
書籍・資料
物品を購入するための経費
  • Ÿ当該研究の遂行に必要な消耗品、備品、書籍・資料。
  • Ÿ領収書が必要となる。
  • Ÿ書籍を購入した場合は、書籍リストを決算報告書に添付する。
  • Ÿ研究助成終了時には、本助成で購入した10万円以上の備品は所属施設に寄付し、寄付受領書(様式5)を決算報告書に添付する。
2 旅費 資料収集
各種調査
研究打ち合わせ
研究成果発表
研究代表者、研究分担者、その他研究への協力をする者の出張のための経費(交通費、宿泊費)。
  • Ÿ当該研究の資料収集、各種調査、研究打ち合わせ、研究成果発表などの旅費として使用することができる。ただし、研究成果発表の旅費は発表者1名分に限る。
  • Ÿ旅費を使用した場合には、領収書もしくは「諸費計算書」を、航空券を利用した場合は、搭乗券の半券および航空運賃の領収書等を決算報告書に添付する。
3 謝金等 謝金
報酬
賃金
労働者派遣業者への支払い
研究への協力をする者に係る謝金、報酬、賃金、労働者派遣業者への支払いのための経費
  • Ÿ研究への協力は、資料整理、実験補助、翻訳・校閲、専門的知識の提供、アンケート配布・回収,研究資料収集等をさす。
  • Ÿ賃金は、原則として時給1,000円(税抜き)以内とし、就労時間を含めた領収書を添付する。
4 通信・運搬費 切手代
電話・FAX代
宅配料
通信、運搬等をするための経費
  • Ÿ当該研究の遂行に必要となる通信、運搬に使用することができる。
  • Ÿ領収書が必要となる。
  • Ÿ切手等については使用明細を記入する。
5 印刷費等 印刷費
複写費
現像・焼付費
印刷、複写、現像等をするための経費
  • Ÿ当該研究の遂行に必要となる質問紙等の印刷、資料の複写、写真の現像などに使用することができる。
  • Ÿ領収書が必要となる。
6 その他 会議費
レンタル費
修理費
研究成果発表費
所属機関の管理
委託費
上記のほか当該研究を遂行するための経費
  • Ÿ会議費として、会場借料、アルコール類を除く食事費用等に使用することができる。ただし、会議の日時、場所、出席者、議事からなる議事録を決算報告書に添付する。
  • Ÿレンタル・修理費として、コンピュータ、実験機器・器具などのレンタル費用および機器修理費用に使用することができる。
  • Ÿ研究成果発表費として、発表者1名に限って学会参加費に使用することができる。
  • Ÿ所属機関の管理委託費に使用することができる。
  • Ÿ領収書が必要となる。