HOME委員会活動研究活動委員会研究助成について > 2018年度研究助成募集要項

2018年度研究助成募集要項

  1. 助成の主旨

    日本赤十字看護学会は看護研究を推進し、看護の質の向上と看護学の発展に寄与するため、学会員による研究費用の一部を助成します。

  2. 助成の対象

    個人または共同による看護学に関する研究を対象とします。

  3. 応募資格

    研究代表者は、申請時において本学会会員であり、かつ看護教育ないし看護研究、もしくは看護実践に携わっていること。

  4. 助成金の金額

    研究1題について30万円を限度とします。

  5. 研究助成期間

    2018年4月1日から2020年3月31日までの2年間(以内)。

  6. 応募方法
    1. 学会指定の申請書に必要事項を記載し、2部(正副1部ずつ)を学会事務局宛に「研究助成申請書類在中」と朱書きし、書留もしくはレターパックにて送付して下さい。なお、申請書類は返却できません。
    2. 応募受付期間:2017年12月1日(金)~12月22日(金)(消印有効)
  7. 選考および助成の決定

    選考委員会において選考審査のうえ、理事会で決定します。2018年3月上旬までに応募者に文書にて結果を通知します。選考に関する問い合わせには応じられません。
    なお、研究助成を行った研究課題、研究代表者名、研究代表者の所属を本学会のホームページ等で公開します。

  8. 助成金の使途

    研究活動に必要な物品費、旅費、通信・運搬費、印刷費などを含みます。研究計画書には、詳細な研究費の使用計画を可能な範囲で具体的に記してください。

  9. 義務
    1. 助成を受けた方は、その研究成果を2022年9月(助成期間終了後3年以内)までに本学会学術集会に発表し、その後、本学会誌に投稿して下さい。なお、所定の期日までに研究成果を発表もしくは投稿できない場合には、その旨を学会事務局へ報告してください。場合によっては、研究助成金の返還を求める場合があります。
    2. 学会発表等の際には「本助成を受けた研究」である旨、記載して下さい。
    3. 助成期間終了時までに「研究成果報告書」と「決算報告書」を所定の様式に従って作成し、学会事務局宛てに提出してください。研究成果報告書は本学会誌に掲載いたします。

研究活動委員会事務局(日本赤十字看護学会事務局)

〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-3   日本赤十字看護大学内
   電話 03-5485-5777   Fax 03-5485-5777