HOME本学会について総会議事録 > 総会議事録第5回

第5回 総会議事録

日時

平成16年6月4日(金)13:00~13:50

場所

東京国際交流館 第1会場 国際交流会議場

出席者

838 名(会場出席者111名、委任状727名)

配布資料

  1. 平成15年度日本赤十字看護学会理事会報告(報告資料 1-1)
  2. 第4回日本赤十字看護学会評議員会(報告資料 1-2)
  3. 平成15年度庶務報告(報告資料 2)
  4. 編集委員会からの報告(報告資料 3)
  5. 平成15年度ワークショップ報告(報告資料4)
  6. 広報委員会からの報告(報告資料 5)
  7. 平成15年度日本赤十字看護学会決算報告(案)
    日本赤十字看護学会平成15年度特別会計(学術集会基金)決算(案)(審議資料1・2)
  8. 平成16年度事業計画(案)(審議資料 3-1)
  9. 日本赤十字看護学会研究助成に関する規定(審議資料 3-2-1)
  10. 平成16年度研究助成募集要項(審議資料 3-2-2)
  11. 平成17年度研究助成募集要項(審議資料 3-2-3)
    ・平成16年度日本赤十字学会予算(案)
    ・日本赤十字看護学会平成16年度特別会計(学術集会基金)予算(案)(審議資料4)
  12. 日本赤十字投稿規程(審議資料5)

議長

森美智子第5回学術集会会長

進行

川嶋みどり副理事長

挨拶

樋口康子理事長

報告事項

  1. 平成15年度理事会及び評議員会報告(樋口理事長)-報告資料1-1、1-2
    理事会4回及び評議員会1回についての報告事項と審議事項の報告が行われた。
  2. 平成15年度庶務報告(濱田理事)-報告資料2
    平成15年度の会員の入会者数と脱会者数、並びに平成16年1月10日現在の正会員数と賛助会員数が地区別に報告された。また、6月3日現在、会員総数が1,843名であると報告された。
  3. 編集委員会報告(黒田理事)-報告資料3
    平成 15年度は新委員8名で活動を行い、学会誌第4巻第1号を発行したことが報告され、学会誌第5巻第1号発行に向けての投稿が広く呼びかけられた。また、本年度から専任査読委員制度を発足したことが報告された。
  4. 研究活動委員会報告(筒井理事)-報告資料4
    平成 15年度の神戸市看護大学におけるワークショップについて内容と成果が報告された。
  5. 広報委員会報告(川嶋理事)-報告資料5
    学会の情報交流支援を目的に学会ホームページの開設、「学会活動と情報交流支援」をテーマに学会ニュースレターを発刊したことが報告された。また、学術情報の有効活用をめざし、学会誌の電子化準備や会員認証システムの導入について検討をすすめていることが報告された。

審議事項

  1. 平成15年度決算報告(河口理事)-審議資料1・2
    資料に基づいて報告があり、承認された。
  2. 平成15年度会計監査(竹内監事)-審議資料1・2
    平成 15年度決算、特別会計決算について監査を行った結果、適正に処理されており、報告の内容に相違ない旨、報告があり、承認された。
  3. 平成16年度事業計画案(樋口理事長)-審議資料3-1
    資料に基づいて事業計画案が提案された。
    1. 研究活動事業(筒井理事)-審議資料3-2-1~3
      ワークショップでは、「アンケートの作成方法」について第 5回学術集会期中に実施予定であることが報告された。また、研究助成活動について計画が説明され、承認された。
    2. 広報活動事業(川嶋理事)
      ニュースレターの発行、ホームページ、学会誌の電子化に向けての準備、適正なホームページ運用の為のシステム検討についての計画が説明され、承認された。
  4. 平成16年度予算案(河口理事)-審議資料4
    平成16年度事業計画を受けて、平成16年度予算案、平成16年度特別会計(学術集会基金)予算案が提案された。活動計画が拡大してきており、単年度収支がほぼ同額で、長期的には繰越金の減少も見込まれるため、今後は、年会費の増額も視野にいれる必要があること、会員1000人を超える他の学会では、年会費が5,000円ではなく、8,000円から10,000円であることが説明された。
    承認:平成16年度予算案に対して異議なく承認された。
  5. 投稿規程の変更(黒田理事)-審議資料5
    学会誌の電子化に関連して投稿論文の著作権を学会に帰属すること、投稿手続き、編集委員会事務局について、改正が提案された。
    承認:異議なく承認された。
  6. 第7回日本赤十字看護学会学術集会会長の承認(樋口理事長)
    伊藤榮子氏(日本赤十字秋田短期大学 学科長)が選出され推薦する旨述べられた。
    承認:異議なく承認された。
    ※審議事項の承認は拍手で確認した

挨拶

  1. 第6回学術集会会長挨拶
    小島通代氏(日本赤十字九州国際看護大学 学長)より挨拶があり、以下の内容について報告された。
    会長小島通代氏(日本赤十字九州国際看護大学 学長)
    開催日平成16年6月10日(金)・11日(土)
    会場日本赤十字九州国際看護大学
    メインテーマ「21世紀の赤十字看護の方向性を考える」
    内容
     
    赤十字看護としてどのようにさまざまな変化に対応していくかを考える、全員参加型の学術集会にしたい旨、述べられた。

    記録:前田久美子(大森赤十字病院)、田中孝美(日本赤十字看護大学)