HOME本学会について総会議事録 > 第16回 総会議事録

第16回 総会議事録

日時

平成27年6月27日(土) 午後12時15分~13時15分

場所

日本赤十字看護大学 広尾ホール

出席

632名(会場出席者62名、委任状570名)

司会

川嶋 みどり副理事長

議長

高田 早苗学術集会長

議事録書名人

唐澤由美子(東京純心大学)、ソルステインソンみさえ(日本赤十字社医療センター)

配布資料

  1. 平成26年度理事会および評議員会報告(報告資料1-1・1-2)
  2. 平成26年度庶務報告(報告資料2)
  3. 平成26年度編集委員会報告(報告資料3)
  4. 平成26年度広報活動委員会報告(報告資料4)
  5. 平成26年度研究活動委員会報告(報告資料5)
  6. 平成26年度臨床看護実践開発事業委員会報告(報告資料6)
  7. 平成26年度国際活動委員会報告(報告資料7)
  8. 平成26年度災害看護活動委員会報告(報告資料8)
  9. 日本看護系学会協議会について(報告資料9)
  10. 看護系学会等社会保険連合について(報告資料10)
  11. 評議員選出に関する規程の改正について(報告資料11)
  12. 山上の光賞について(報告資料12)
  13. 平成26年度決算報告(審議資料1)
  14. 平成27年度事業活動計画(案)(審議資料2)
  15. 平成27年度予算(案)(審議資料3)
  16. 評議員および新役員の選挙結果と承認(審議資料4)

開会

 川嶋副理事長より、総会開催条件について以下の通り確認され、開会が宣言された。
 会員出席62名、委任状570名(計632名)で、会員の10分1の120名を越えており、会則24条より成立条件を満たしていることが報告された。
 議事録署名人の推薦がなされ、承認された。

理事長挨拶

 守田理事長より「平成26年度にて3年間の任期満了となり選挙が行われた。今年度は新役員にて活動がなされるためご支援願いたい。」と挨拶が述べられた。

報告

  1. 平成26年度理事会および評議員会報告(報告資料1-1・1-2)
    田中理事より、資料のとおり報告がなされた。 
  2. 平成26年度庶務報告(報告資料2)
    田中理事より、資料のとおり報告がなされた。
  3. 平成26年度編集委員会報告(報告資料3)
    本田理事より、黒田委員長に代わり、資料に基づき報告がなされた。
  4. 平成26年度広報活動委員会報告(報告資料4)
    守田理事長より、原委員長に代わり、資料に基づき報告がなされた。
  5. 平成26年度研究活動委員会報告(報告資料5)
    寺門理事より、阿保委員長に代わり、資料に基づき報告がなされた。
  6. 平成26年度臨床看護実践開発事業委員会報告(報告資料6)
    井部理事より、資料に基づき報告がなされた。
  7. 平成26年度国際活動委員会報告(報告資料7)
    河合理事より、資料に基づき報告がなされた。第2回赤十字・赤新月国際看護学会は、平成29年秋、スウェーデン赤十字看護大学にて開催予定であるとの訂正がなされた。
  8. 平成26年度災害看護活動委員会報告(報告資料8)
    浦田理事より、資料に基づき報告がなされた。
  9. 日本看護系学会協議会について(報告資料9)
    守田理事長より、資料に基づき報告がなされた。任意団体から一般社団法人に組織を変更することとなった。また、6月30日の総会にて新役員が選任されることとなっている。
  10. 看護系学会等社会保険連合について(報告資料10)
    川嶋副理事長より、資料に基づき報告がなされた。診療報酬制度についての学習会が今後開催される予定である。
  11. 評議員選出に関する規程の改正について(報告資料11)
    守田理事長より、資料に基づき報告がなされた。昨日の評議員会において審議を行い承認されたので、この規程は平成27年6月27日より施行される。
  12. 山上の光賞について(報告資料12)
    守田理事長より、保健医療分野において75歳以上で活躍されている人へ贈るもので、第1回山上の光賞:看護・保健部門において、川嶋みどり氏が受賞されたことが報告された。

以上、12項目の報告事項について、特に質問はなく承認された。

議事

  1. 平成26年度決算報告(審議資料1)
    佐々木理事より、資料に基づき報告がなされた。
    第17回学術集会への助成金・貸付金について、口座開設等のタイミングが遅れたため、今年度の支出とならなかった。来年度、第18回の学術集会と合わせて支出となる予定との報告がなされた。特に質問はなく、承認された。
  2. 平成26年度会計監査
    前田監事より、平成25年度一般会計報告、特別会計報告について監査を村松監事と前田監事で行い、適正に処理されていた旨報告がなされた。特に質問はなく、承認された。
  3. 平成27年度事業活動計画(案)(審議資料2)
    守田理事長より、資料に基づき提案がなされた。特に質問はなく、承認された。
  4. 平成27年度予算(案)(審議資料3)
    佐々木理事より、資料に基づき提案がなされた。特に質問はなく、承認された。
  5. 評議員および新役員の選挙結果と承認(審議資料4)
    下村選挙管理委員長より、資料に基づき報告がなされた。新評議員、新理事・監事について報告され、承認された。
  6. 理事長・副理事長の承認
    理事長として、高田早苗氏(日本赤十字看護大学)、副理事長として若林稲美氏(武蔵野赤十字病院)が推薦されたことが報告され、承認された。
    指名理事として江本リナ氏(日本赤十字看護大学)、田中孝美氏(日本赤十字看護大学)が推薦されたことが報告され、承認された。
  7. 第18回日本赤十字看護学会学術集会長の承認について
    浦田喜久子氏(日本赤十字九州国際看護大学)が推薦されたことが報告され、承認された。

研究奨励賞の授与

河合利修氏、島井哲志氏、尾山とし子氏、遠藤公久氏による「赤十字と心理社会的支援活動」へ研究奨励賞が授与された。

挨拶

  1. 次期理事長挨拶
    役員一同が壇上に上がり、高田早苗新理事長より挨拶がなされた。
  2. 第17回日本赤十字看護学会学術集会長挨拶
    河口てる子氏(日本赤十字北海道看護大学)が学術集会長となり、7月2―3日に「オホーツクから看護力の発信-今、求められる看護の開拓魂」をテーマに開催される旨案内がなされた。

閉会

川嶋副理事長より、閉会が宣言された。