シンポジウム

以下のシンポジウムに参加するには,大会参加費が必要です。

大会実行委員会企画シンポジウム

「テストの実務家は項目反応理論をどう捉えているか」

8月28日(水) 13:00~15:00 於・経済学部カンファレンスホール

項目反応理論(IRT)は,テストを標準化する手法として,日本においても広く用いられるようになってきた。しかし,問題文非公開や同時刻全受験者一斉受験といった「日本的テスト文化」は,いまだに根強い。IRTを用いると,項目バンクを用いた項目管理や年複数回実施といった付加価値をテストにつけることができる一方で,日本的テスト文化にそぐわない,テスト問題を非公開にするなどの処置をとる必要が生じる。本シンポジウムではテストの実務(テスト・アドミニストレーションやテスト・ディベロップメントなど)に精通した者にとってIRTがどのように見えているのかを通じて,IRTの研究者とテストの実務家がどのように関わりあっていくのかについて討議する。

その他

日本テスト学会研究委員会企画シンポジウム他,2つのセッションを準備しています。

詳細は決まり次第,ホームページにて公開いたします。

一般研究発表

一般研究発表に参加するには,大会参加費が必要です。

懇親会

8月28日(水)18:50より,懇親会を行います。

懇親会会場:「グランピアット 山手通り店」

https://granpiatto.gorp.jp/

大会会場から徒歩5分です。


ホームページに戻る

copyright © 日本テスト学会 第17回大会 All rights reserved.