はじめに

生化学第一講座の研究対象は、生理活性脂質と細胞膜の受容体です。強力な炎症起炎物質として知られるロイコトリエンB4第一受容体BLT1の欠損マウスは、炎症反応、Th1/Th2型免疫反応のいずれにおいても減弱した反応を示しています。こうした受容体に関連した様々な免疫・炎症性疾患モデルの解析を行っていきたいと考えています。また新規GPCRのリガンドの探索、未知の細胞内シグナル伝達系路の解析、GPCRの細胞における挙動についても研究を展開します。 医化学教室では共に研究してくれる大学院生・共同研究者を随時募集しています。 研究に興味を持つ学部生も積極的に受け入れています。興味のある学生さんは気軽に連絡して下さい。


研究目標

ヒトで最大の遺伝子ファミリーを形成するGタンパク質共役型受容体(GPCR)は、最大の創薬の標的でもあります。多数のGPCRから、脂質性のメディエーターをリガンドとする受容体、白血球に発現し炎症・免疫反応に関連すると考えられる受容体を対象に、未同定のリガンドの探索、受容体活性化と細胞内シグナル伝達の分子メカニズムを明らかにします。さらに遺伝子欠損マウスの作成と病態モデルにおける表現型の解析を行うことで、GPCRとそのリガンドに関する基礎的な知見の蓄積をめざし、様々な疾患におけるこれら受容体の役割の解明と新規創薬の基盤を築くための基礎としたいと考えています。受容体生化学、細胞内シグナル伝達の解析、孤児受容体の新規リガンド探索 2. 受容体活性化の可視化:受容体はいつ、どこで活性化しているのか、ぜひこの目で見てみたいと思っています。 3. 生理活性脂質受容体、産生酵素の遺伝子欠損マウスの作成と疾患モデルにおける表現型の解析(免疫、炎症、発ガンモデルなど)、最近ではT細胞、樹状細胞における生理活性脂質の機能解析:特にこの数年間はロイコトリエンB4受容体(BLT1, BLT2)を中心に解析していきます。 4. 生理活性脂質代謝酵素の酵素学、活性制御、結合タンパク質の同定を始めています。


教育方針

大学院生には、各自最低一つのテーマを独立に担当してもらいます。論文の全てのデータは基本的には筆頭著者本人の手によって生み出されるべきものと考えています。そのためにスタッフをはじめ研究室内の協力体制は欠かしません。つまり、指導を受けながら全ての実験を自ら遂行する訳です。短報ではなく、フルペーパーの筆頭著者となることを目指します。この過程を経ることで、大学院卒業時には実験の立案、計画、準備、結果の解釈、学会発表、論文投稿までをこなせる研究者を育成できると考えています。

CBL2019@Tokyo

Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation and Related Diseases

 リポクオリティ (lipo-quality)

生命応答を制御する脂質マシナリー

基礎研究医養成のための順天堂型教育改革

High affinity FLAG Ab 2H8

教授の雑文のページ

教授著書