IVF・ICSI(体外受精・顕微授精)

胚・精子・卵子を当科に保管中の患者さまへ(延長手続きのお願い)

胚・精子・卵子を当科に保管中の患者さまへ 胚・精子・卵子を当科に保管中の患者さまへ

体外受精・胚移植(IVF-ET)とは?

体外受精・胚移植(IVF-ET)とは、排卵近くまで発育した卵子を体外に取り出し(採卵)、精子と接触させ(媒精)、受精し分割した卵を子宮内に戻す不妊治療のことです。1978年にイギリスで初めて体外受精児が誕生して以来、全世界で急速に普及し、日本でも年間約40000人の赤ちゃんが体外受精により誕生しています。卵管が閉塞・癒着により機能していない場合(卵管因子)や、精子の数や運動率が不十分であり、人工授精では妊娠しない場合(男性因子)、また他の不妊治療(排卵誘発、人工授精など)で妊娠に至らない場合に体外受精を行います。これまでの報告では自然妊娠と比べて赤ちゃんに異常が起きる確率に大きな差はないとされています。

採卵は、通常静脈麻酔あるいは局所麻酔下に行います。腟内を消毒・洗浄後に、経腟超音波ガイド下に成熟した卵胞(卵子の入った袋)を針で穿刺して内容物を吸引します。回収された卵胞内容は直ちに顕微鏡下で観察し、卵子が見つかるとこれを清潔操作で培養液中に回収します。全ての卵胞を穿刺し終えると、出血の有無や全身状態をチェックしたうえで約2時間安静を保ち、麻酔からの回復を待ちます(局所麻酔の場合には短時間で)。特に問題がなければこの時点で退院となります。

一方、御主人にも採卵当日にお出で頂き、専用の採精室で精子を採取して頂きます。採取された精子は、精子濃度や運動率等を観察した後に、適正な処理(当科ではISolateで遠心・洗浄にswim-up 法を併用しています)を行ったうえで、媒精方法を決定します。なお、当科では、コンピュータ精子自動解析装置(CASA)を備えており、個々の精子の運動速度の解析が可能となっております。これまでの検討から、 CASAでの測定値が受精率と良い相関を示すことが分っており、これを利用してより客観的な尺度で媒精方法の決定が行えます。

通常の媒精あるいは顕微授精(後述)を行った卵子は、その翌日に受精の確認を行います。さらに2日間培養を継続した後に子宮内に胚移植(ET)を行います。

胚移植する個数は、患者さんの年齢・胚の状態・過去の体外受精の経過等を参考にし、通常1個を子宮内に戻します。

採卵後には黄体ホルモン補充療法を行い、ホルモンバランスの検索と副作用(卵巣過剰刺激症候群)チェックのため採卵の1週間後に外来受診をして頂き、その1週間後に妊娠の判定を行います。この際、通常の尿検査だけではなく、血液中のホルモン値の検査も併せて行っています。


採卵室


胚操作室


胚操作室

顕微授精(ICSI:intracytoplasmic sperm injection = 細胞質内精子注入)とは?

顕微授精とは、体外受精と同様に体外に取り出した卵に対し、顕微鏡で観察しつつ精子を直接注入する治療法です。顕微授精は1992年に始まった新しい治療法であり、児への安全性については通常の体外受精と変わらないという報告や、染色体異常あるいは外表奇形が少し増える傾向にある、といった報告もみられますが、まだ一定の見解は出ていないのが実状です。男児が生まれた場合、乏精子症による男性不妊が次世代へ伝播する可能性が考えられます。顕微授精の対象になるのは以下のような患者さんです。

  1. 体外受精では受精しないほどの、極度の精子減少症がある場合
  2. 体外受精において受精率が悪い場合、受精障害がある場合

当院では、処理前後の顕微鏡下での精子所見とコンピューターによる精子速度の測定値を過去のデータに照らし合わせて、受精率が低くなると予想された場合には顕微授精を行っております。また、一部の卵で顕微授精を行い、残りは通常の体外受精を行う場合もあります。

卵巣刺激の概要

IVF-ETに際しては、複数の卵が得られるように通常卵巣刺激を行って採卵に臨みます。その際の卵巣刺激法は、患者さん個人々々の卵巣の機能・予備能力に合わせて行います。採卵個数が多過ぎる場合は、採卵後に卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になることもあるので、5~10個の卵が得られるように適正な刺激を心掛けています。

卵巣刺激は卵胞を発育させる排卵誘発剤(hMG製剤など)を毎日投与することにより,自然周期であれば1個のみである卵胞を複数個発育させ、卵子を多数得ることを目的としています。ただし排卵誘発剤のみを投与すると、複数個の卵胞がある程度以上育った段階で採卵前に排卵してしまうことが危惧されるため,排卵しないように予防処置をとりながら卵を育てるようにしております(ブレーキをかけながらアクセルを踏むような状態を想像していただければよいかと思います)。

標準的にはGnRHアゴニストを用いたロング法、もしくは、GnRHアンタゴニストを用いる方法などを、患者さんの背景に合わせて用いております。

初期胚の凍結保存

複数個の受精卵が得られそのうち1個を胚移植した場合、余剰胚が生じる可能性があります。その際これを凍結保存して、次回以降の妊娠に備えることができます。従来は、プログラムフリーザという機械を使用する「緩慢凍結法」が主流でしたが、最近ではvitrification法を利用する「超急速凍結法」が広く用いられるようになってきています。また、凍結する胚のステージも、従来は前核期・細胞期のみであったのが、最近では胚盤胞期でも可能となっています。当科においても、何れの方法・何れの時期においても胚凍結に対応できます。

また、発育卵胞数が多く卵巣過剰刺激症候が危惧される時には、その周期は胚移植を行わず全ての胚を凍結し、翌周期以降に融解して胚移植を行う方法もあります。これを全胚凍結といい、手技的には同様であっても、先程の余剰胚に対する凍結とは行う目的が異なります。

ページトップへ