Ishikawa Hospital Pharmacists Association

会の概要

会長挨拶      ■会則      ■役員一覧     

会長挨拶

 平成29年4月22日に開催された石川県病院薬剤師会総会において会長に選出されました金沢大学附属病院の崔です。就任にあたって一言ご挨拶申し上げます。  本会は、病院、診療所、介護保険施設に籍を有する薬剤師の倫理的および学術的水準を高め、質の高い薬物療法の確保を図ることにより国民の健康及び福祉の増進、医療薬学及び薬剤業務全般の向上発展に寄与し、会員相互の親睦と知識の交換を図ることを目的としています。前会長の柏原先生はじめ歴代の役員の先生方、会員各位が築いてこられた歴史を引き継ぎ、これをさらに発展させるよう尽力いたします。皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。  さて、団塊の世代が後期高齢者となる2025年が間もなくやってきます。医療は病院完結型から地域完結型に移行します。病院機能のより一層の分化と、機能分担の異なる病院間や薬局、介護施設等との連携もますます重要になっていきます。機能分化した病院間、病院薬局間の患者の移動を薬局・薬剤部の有機的な施設間連携で支える仕組みや、高い専門性を持った会員をさらに増やして自施設のみならず他施設にも良い影響を波及させるように取り組んでゆくとともに、新たな医療計画に呼応した形で石川県全域に適切に配置されるべき新たな人材の育成にも尽力してゆく所存です。新役員一同、会員の皆様の声に耳を傾け、潜在的なニーズの掘り起こしにも努めたいと思います。是非、お気軽に率直なご意見をお寄せいただければ幸いです。  会員の皆様の行事への積極的な参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

会長挨拶      ■会則      ■役員一覧     

会則

石川県病院薬剤師会会則      
第一章   名     称
第 一 条 本会は石川県病院薬剤師会とする。      

第二章   目的および事業
第 二 条 本会は病院、診療所、介護保険施設に籍を有する薬剤師の倫理的および学術的水準を高め、質の高い薬物療法の確保を図ることにより国民の健康及び福祉の増進、医療薬学および薬剤業務全般の向上発展に寄与し、会員相互の親睦と知識の交換を図ることを目的とする。
第 三 条 本会はその事業達成のため専門委員会を設けることができる。ただしこの委員会に関する規定は別に定める。      

第三章   会     員
第 四 条 本会は次の会員で組織する。      
(1) 正 会 員  石川県に所在する病院、診療所、介護保険施設に籍を有する薬剤師である者。正会員は本会が所定の手続きを経た後に、一般社団法人日本病院薬剤師会の正会員となる。     
(2) 名誉会員  本会に特に顕著な功績があり総会で承認された者  
(3) 特別会員A 転退職者で正会員の資格を失った者、および上記に該当しない薬剤師であって本会の目的に賛同した者のうち役員会で承認された者で、(社)日本病院薬剤師会の正会員となることを希望する者   
(4) 特別会員B 転退職者で正会員の資格を失った者、および上記に該当しない薬剤師であって本会の目的に賛同した者のうち役員会で承認された者で、(社)日本病院薬剤師会の正会員となることを希望しない者  
(5) 賛助会員  本会の趣旨に協賛する者 なお、賛助会員については、本会において正会員に認められる権利(本会と共催する研修会等の企画・運営、本会が行う研修会への参加、会員名簿・情報誌の配布、本会HPの会員専用ページへのアクセス等)を得るものとする。
(6) 日本病院薬剤師会の名誉会員および有功会員  役員会で承認され、本会会長が日本病院薬剤師会理事会に推薦し、同意を経て日本病院薬剤師会会長が委嘱した者      

第四章   役員および顧問
第 五 条 本会に次の役員を置く。      
(1) 会長 一名  
(2) 副会長 三名以内  
(3) 理事 二十五名以内(内、若干名を常任理事とする)    
(4) 監事 二名 第 六 条 会長は本会を代表して会務を総理する。
2  副会長は会長を補佐して会長の事故ある時は代理を行う。
3  常任理事は会長、副会長を補佐し会務を掌る。
4  理事は会務を分掌する。
5  監事は会務ならびに会計を監査する。
第 七 条 会長、副会長、監事および日本病院薬剤師会代議員を正会員の中から総会で選出する。  
2  理事は会長が正会員の中から指名する。   
3  常任理事は会長が理事の中から指名する。
4  役員の任期は二年とし、再任を妨げない。   
5  補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。
第 八 条 本会に顧問を置くことができる。顧問は役員会の承認を得て会長がこれを委嘱する。   
2  顧問の任期は委嘱した会長の任期と同一とする。   
3  顧問は会議に出席し諮問に答えることができる。      

第五章   会     議
第 九 条 本会の会議は総会および役員会とし正会員をもって構成する。定例総会は毎年四月又は五月に開催して会務および会計を報告する。   
2  臨時総会は会長が必要と認めた場合又は正会員の三分の一以上の請求があった場合に開催する。   
3  役員会は会長が必要と認めた場合又は役員の三分の一以上の請求があった場合に開催する。      

第六章   経     費
第 十 条 本会の経費は会員の会費および雑収入をこれにあてる。    

第七章   会 計 年 度
第十一条 本会の会計年度は四月一日より翌年三月三十一日迄とする。  

第八章   補     則
第十二条 会則の改正は総会で行い、出席会員の三分の二以上の同意を要する。
第十三条 本会の事務局は役員会の決定した場所に置く。 第十四条 会費は総会で定める。 一度納入した会費は一切返却しない。ただし、本会の名誉会員および特別会員のうちの日本病院薬剤師会有功会員は会費の納入を要しない。

附則   会則
第十四条に定める会費は次の通りである。
(1)正会員および特別会員A 12,000円(年会費)
(2)特別会員B 6,000円(年会費)
(3)賛助会員 一口20,000円(年会費)

(平成3年4月27日改正)
(平成4年4月25日改正)
(平成5年5月24日改正)
(平成7年4月23日改正)
(平成9年4月26日改正)
(平成11年4月24日改正)
(平成13年4月21日改正)
(平成15年4月26日改正)
(平成17年4月23日改正)
(平成20年4月26日改正)
(平成24年4月21日改正)
(平成28年4月23日改正)
(平成30年4月21日改正)

会長挨拶      ■会則      ■役員一覧     

平成30年度 石川県病院薬剤師会役員

  
役 職 氏 名 所 属
会 長 崔 吉道 金沢大学附属病院
副会長 熊橋裕人 金沢脳神経外科病院院
地野幹子 KKR北陸病院
山田千代子 石川県立中央病院
監 事 河村嘉信 金沢循環器病院
丹羽 修 金沢医科大学病院
(常任理事)
庶務担当 中出順也 金沢大学附属病院
会計担当 増江俊子 金沢大学附属病院
学術委員長 森戸敏志 石川県済生会金沢病院
新カリ実習専門委員長 森戸敏志 石川県済生会金沢病院
教育研修委員長 久保 勝 加賀市医療センター
編集委員長 船戸元子 浅ノ川総合病院
中小病院委員長 田中 浩 金沢西病院
総務委員長 林 要 公立穴水総合病院
精神科病院委員長 中川将人 加賀こころの病院
ホームページ委員長 嶋田 努 金沢大学附属病院
がん治療委員長 高橋喜統 金沢医科大学病院
地域一体型委員長 大川浩子 金沢赤十字病院
感染制御委員長 西上 潤 JCHO金沢病院
(理事)
庶務理事 小野陽介 石川県立中央病院
理事 石田外樹 小松市民病院
熊走尚志 千木病院
河原昌美 金沢市民病院
水上徳博 公立能登総合病院
笹山 潔 浅ノ川総合病院
石田美由紀 やわたメディカルセンター
中山貴央 小松ソフィア病院
坪内清貴 金沢大学附属病院
菅 幸生 金沢大学
秋山哲平 金沢医療センター
高本美由喜 松任石川中央病院
中田 勝 能美市立病院
顧 問 院瀬見義弘
宮本謙一
西尾浩次
柏原宏暢
オブザーバー 小野陽介 石川県農林総合研究センター
日病薬代議員 地野幹子 KKR北陸病院
日病薬代議員 熊橋裕人 金沢脳神経外科病
予備代議委員 丹羽 修 金沢医科大学病院
学術委員会 氏 名 所 属
担当主管 山田千代子 石川県立中央病院
委員長 森戸敏志 石川県済生会金沢病院
副委員長 河原昌美 金沢市立病院
委員 今川静代 金沢医科大学病院
岡田久美 石川県済生会金沢病院
横井祐子 金沢大学附属病院
山田留美子 石川県立中央病院
山本康人 金沢医科大学病院
高本美由喜 公立松任石川中央病院
藤本直也 浅ノ川総合病院
石田外樹 小松市民病院
中出奈津子 やわたメディカルセンター
本田恭子 JCHO金沢病院
教育研修委員会 氏 名 所 属
担当主管 地野幹子 KKR北陸病院
委員長 久保 勝 加賀市医療センター
副委員長 西上 潤 JCHO金沢病院
委員 後藤義之 石川県済生会金沢病院
杉本智美 金沢循環器病院
佐藤大介 金沢赤十字病院
磯田和也 金沢大学附属病院
戸塚弘幸 金沢医科大学病院
北出紘規 芳珠記念病院
吉田幸司 金沢大学附属病院
平木祥子 金沢医科大学病院
戸水尚希 金沢医療センター
渡辺真梨奈 石川県立中央病院
編集委員会 氏 名 所 属
担当主管 熊橋裕人 金沢脳神経外科病院
委員長 船戸元子 浅ノ川総合病院
副委員長 熊走尚志 千木病院
委員 水上徳博 公立能登総合病院
中田 勝 能美市立病院
西川美香子 金沢医科大学病院
大門美和 浅ノ川総合病院
三坂 恒 金沢大学附属病院
山崎昌子 金沢大学附属病院
甲本俊介 JCHO金沢病院
清水真衣 金沢医科大学病院
室谷理沙 金沢医療センター
竹森麻美 石川県中央病院
中小病院委員会 氏 名 所 属
担当主管 地野幹子 KKR北陸病院
委員長 田中 浩 金沢西病院
副委員長 石田美由紀 やわたメディカルセンター
委員 熊走尚志 千木病院
谷山 徹 河北中央病院
向 一美 KKR北陸病院
石崎真由美 石川県済生会金沢病院
藤田 毅 公立つるぎ病院
仙崎好彦 公立羽咋病院
松波寿雄 金沢赤十字病院
西尾千草 能見市立病院
大田栄一 加賀市医療センター
奥山敦子 南ヶ丘病院
中曽根規子 金沢有松病院
総務委員会 氏 名 所 属
担当主管 崔 吉道 金沢大学附属病院
委員長 林 要 公立穴水総合病院
副委員長 中山貴央 小松ソフィア病院
委員 岡田豊人 七尾松原病院
谷本定子 金沢大学付属病院
若林広樹 小松市民病院
野上 敬 金沢脳神経外科病院
佐々木利佳 金沢医科大学病院
南出 愛里 金沢医科大学病院
島田 拓弥 金沢大学附属病院
岡田ちひろ 石川県立中央病院
精神科病院委員会 氏 名 所 属
担当主管 熊橋裕人 金沢脳神経外科病院
委員長 中川将人 加賀こころの病院
副委員長 坪内清貴 金沢大学付属病院
委員 太田幸代 公立能登総合病院
室木 研 公立能登総合病院
森 京子 石川県立中央病院
西嶋 滋 結城病院
東 睦 公立松任石川中央病院
清水善仁 金沢医科大学病院
澁澤 宗 浅ノ川総合病院
竹中克之 石川県立高松病院
ホームページ委員会 氏 名 所 属
担当主管 熊橋裕人 金沢脳神経外科病院
委員長 嶋田 努 金沢大学附属病院
副委員長 船戸元子 浅ノ川総合病院
委員 鷹見沙八佳 金沢医科大学病院
毛利香菜 金沢大学附属病院
角 紀一郎 石川県済生会金沢病院
柴山怜子 金沢赤十字病院
熊野文香 JCHO金沢病院
島岡純平 石川県立中央病院
がん治療委員会 氏 名 所 属
担当主管 山田千代子 石川県立中央病院
委員長 高橋喜統 金沢医科大学病院
副委員長 菅 幸生 金沢大学薬学系
委員 山口加代子 金沢医科大学病院
高林真貴子 金沢大学附属病院
塩本佑季子 金沢大学附属病院
熊谷 要 金沢赤十字病院
春木一伸 公立松任石川中央病院
瀧本真紀 能登総合病院
猿谷 淳 KKR北陸病院
高倉美穂 恵寿金沢病院
中出恵里奈 金沢医療センター
間瀬広樹 金沢医療センター
吉田宗広 浅ノ川総合病院
久保杏奈 石川県立中央病院
地域一体型(在宅・NST)委員会 氏 名 所 属
担当主管 地野幹子 金沢医科大学病院
委員長 大川浩子 金沢赤十字病院
副委員長 坪内清貴 金沢大学附属病院
委員 浅井泰詞 金沢大学付属病院
桶谷純子 金沢医科大学病院
佐々木 智 能美市立病院
浜井美輪子 金沢西病院
中川祐紀子 金沢大学附属病院
高瀬文超 金沢医科大学病院
山本 葵 金沢赤十字病院
寺 佳帆里 石川県立中央病院
感染制御委員会 氏 名 所 属
担当主管 熊橋裕人 金沢脳神経外科病院
委員長 西上 潤 JCHO金沢病院
副委員長 笹山 潔 浅ノ川総合病院
委員 中出順也 金沢大学附属病院
志村裕介 金沢大学附属病院
池田浩幸 城北病院
後藤義之 石川県済生会金沢病院
多賀允俊 金沢医科大学病院
西田祥啓 金沢医科大学病院
宇夛裕基 金沢市立病院
虎瀬和子 石川県立中央病院
三田麻友子 公立松任石川中央病院
水野宏昭 JCHO金沢病院
新カリ実習専門委員会 氏 名 所 属
担当主管 崔 吉道 金沢大学附属病院
委員長 森戸敏志 済生会金沢病院
副委員長 菅 幸生 金沢大学薬学系
委員

    


ページの上部へ

石川病薬ニュース

石川病薬ニュース第1号(昭和38年6月20日発行)

リンク




その他のリンク一覧

フォトギャラリー

メニュー

SIDE MENU

アクセスカウンタ

Your access is

since December '03
当サイトが有する全てのコンテンツおよびデータの無断複写・複製・転載は固くお断りします。