冷え症とは

冷え症の診断

 冷え症の有無を判断する際に、主観的情報である「自覚」をもって判断していいのかどうかは、論議されるところです。中村の行った疫学的研究によると、初冬の時期では、冷え症の自覚がある妊婦の前額部深部温と足底部深部温の温度較差は5.2℃で、冷え症の自覚がない妊婦は2.4℃であり、2群間に有意差が認められました。この結果は、初夏においても同様でした。

 以上のことから、冷え症の自覚がある妊婦は、前額部深部温と足底部深部温の温度較差は、冷え症の自覚がない妊婦に比べて有意に大きいことが分かりました。つまり、冷え症の自覚が、客観指標となる温度較差を反映していることから、妊婦自身の冷え症の自覚が、有効に冷え症の有無を判断できるといえます。

 

冷え症の定義

「中枢温と末梢温の温度較差がみられ、暖かい環境下でも末梢体温の回復が遅い病態であり、多くの場合、冷えの自覚を有している状態」

 中村幸代:冷え症の概念分析.日本看護科学学会誌 2010:30(1).62-71より

 

冷え症の概念モデル

冷え症の概念モデル

中村幸代.冷え症の概念分析.日本看護科学会誌2010:30(1),62-71.より

 

パンフレット&ポスター

見逃さないで!お腹の冷え!~手足の冷え(冷え症)と、お腹の冷えの関係~ 冷え症とお産-冷え症だと、お産に影響があるの?-  知っていますか? 冷え症とお産の異常との関係