本サイトは「妊産婦の冷え症についての研究公開サイト」です。

科研費本サイトは、JSPS 科研費の助成を受けて行った研究を公開し、「冷え症に関する研究内容ならびに成果」を広く社会に公開することを目的としています。

日本冷え症看護/助産研究会を設立しました。ご入会をお待ちしています 。

横浜市立大学母性看護学研究会を設立しました。
http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~bosei/

「妊婦のアドヒアランスを推進する冷え症改善支援モデルの開発

「サスティナビリティの高い妊婦セルフケアプログラム
「冷え症改善パック」の有効性検証」

「妊婦の冷え症と異常分娩との因果効果の推定」
-アンメットメディカルニーズの解明-

 

topics

2015/09/20  研究業績は「Researchmap」をご参照ください。
2014/12/06  日本看護科学学会第13回学術論文優秀賞を受賞
2014/12/06  2014/11/21-22慶應義塾大学オープンリサーチフォーラムにてポスター発表しました
2013/11/27  Sachiyo Nakamura、Shigeko Horiuchi:Relationship Between Advanced Maternal Age, Hiesho (Sensitivity to Cold) and Abnormal Delivery in Japan. Open Nurs J. 2013; 7: 142-148.  doi: 10.2174/1874434601307010142
2013/11/27  中村幸代,堀内成子.妊婦の冷え症と異常分娩との関係性,日本助産学会誌2013,27(1),94-99.
2013/11  中村幸代,堀内成子,柳井晴夫.妊婦の冷え症と微弱陣痛・遷延分娩との因果効果の推定―傾向スコアによる交絡因子の調整―,日本看護科学会誌2013,33(4),1-10
2013/01  中村 幸代,堀内 成子,桃井 雅子:妊婦の冷え症と前期破水における因果効果の推定―傾向スコアによる交絡因子の調整(原著),日本助産学会誌,2(2),2012,190-200.
2012/05/25  中村幸代(著):看護を測る ─因子分析による質問紙調査の実際─妊婦の冷え症を測る、朝日書房、124-133、2012 執筆/発売中
2012/05/15  日本公衆衛生雑誌Vol.59(6)381-388で「【原著】傾向スコアによる交絡調整を用いた妊婦の冷え症と早産の関連性」の論文掲載
2012/05/01  第26回日本助産学会学術集会で「晩産化妊婦の冷え症と分娩時異常との関係性」の研究結果を発表
2012/05/01 平成23年度日本助産学会学術賞受賞
2012/01 ペリネイタルケア2012新春増刊号掲載
2011/09 朝日新聞掲載「冷え症の妊婦 早産リスク3倍②」
2011/08  朝日新聞掲載「冷え症の妊婦 早産リスク3倍①」

 

パンフレット&ポスター

見逃さないで!お腹の冷え!~手足の冷え(冷え症)と、お腹の冷えの関係~  冷え症とお産-冷え症だと、お産に影響があるの?-  知っていますか? 冷え症とお産の異常との関係