本文へスキップ

平成30年9月7日~8日

ガトーキングダムサッポロ
札幌市北区東茨戸132番地

第35回日本脳電磁図トポグラフィ研究会

ご挨拶

この度、第35回日本脳電磁図トポグラフィ研究会(JSBET)を札幌市郊外で開催することになりました。
本研究会は、脳機能、あるいは脳疾患に関して、脳波・脳磁図を用いて、その機能、病態を解明することを目的として1982年に設立されました。以来、脳波、脳磁図に限らず、脳機能画像(トポグラフィ)を広く対象とし、その方法論から診断に至るまでを幅広く議論してきました。このため研究会を構成する会員は、脳神経外科、神経内科、精神科、小児科、リハビリテーション科などの医師をはじめ、歯科医師、臨床検査技師、放射線技師、更に、検査技術を開発する工学者、コンピュータ技術者、機器を開発する企業関係者など、多くの職種に渡っております。近年の研究会は単一会場、オーラルのみの発表スタイルで、多彩な学術分野の専門家が一堂に会して毎回熱い議論を交わし、交流を深めています。
今回の研究会では、テーマを「Exchange interaction – 脳科学の交換相互作用」と致しました。脳波、脳磁図、PET、fMRI等で得られるトポグラフィは物理学、医工学から生理学、臨床医学までの幅広い学術分野から得られる成果の集合です。Exchange interaction(交換相互作用)は物理学用語ではありますが、多様なバックグラウンドを持つ研究者が一堂に会し、各々の知識や技術、方法論を交換し合い、脳機能画像の未来を語り合う本研究会のありかたを表現するのにふさわしい言葉だと思います。今回も研究内容を議論にさらすことで完成度を上げ、後日優れた論文として発表されることを期待しております。
本研究会は他の関連学会や研究会と合同開催されることがよくありますが、今回は久しぶりの単独開催です。開催場所は札幌市の中心から少し離れた風光明媚なリゾートエリアで、北海道の雰囲気を満喫していただけるものと思います。温泉やプールもあります。皆様とともに充実した時間を過ごせますことを楽しみにしております。


第35回日本脳電磁図トポグラフィ研究会 
会長 北海道大学 保健科学研究院 横澤宏一

                         

お知らせtopics

開催情報・発表者・出席者情報を更新しました。
各種情報を更新しました。



演題申し込み締切りを延長しました。


演題申し込みは、7月6日(金)まで延長しました。

新着情報news

2018年8月19日
開催情報・発表者・出席者情報を更新しました。
2018年7月7日
演題締切りを更に延長しました。
2018年6月28日
演題締切りを延長しました。
2018年5月27日
特別講演の演題名を記載しました。
2018年4月30日
開催内容、特別講演、教育講演、会費を決定しました。
2017年10月8日
開催概要など追加しました。
2017年9月19日
日程表を作成しました。
2017年8月20日
HPオープンしました。
2017年5月23日
会期・会場が決定しました。

第35回日本脳電磁図
トポグラフィ研究会

事務局
北海道大学医学部小児科
〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目
jsbet35@pop.med.hokudai.ac.jp
 TEL: 011-706-5954
 FAX: 011-706-7898

スマートフォン版