演題登録

一般演題、学会奨励賞、およびシンポジウムの一部を公募いたします。多数の皆様のご出題、ご参加をお待ちしております。

締切日:
  演題登録は2月8日(水)をもって終了いたしました。多数の演題をありがとうございました。

発表方法: PC(パソコン)による口演発表を予定しております。(発表言語:日本語または英語)



一  般  演 題

【応募資格】

総会の発表演者(共同演者も含む)は原則日本微小循環学会会員ですが、今回の学会に限り日本リンパ学会の会員の方の応募も受け付けます。どちらの学会も未入会の方は、学会ホームページ より本学会ご入会ください。また、日本リンパ学会の会員で、本学会未入会の方は必須ではありませんがこれを機会としてなるべく本学会にも入会して頂けると嬉しいです。

【演題申込方法】

下記よりワードファイルの抄録入力フォームをダウンロードし、ご応募ください。
応募先 jsmic42.toyama.2017@gmail.com
応募メール件名 JSMICRO2017 一般演題応募
添付書類 抄録入力フォーム→  (一般演題、学会奨励賞共通です。)
アイコンをダブルクリックして開くか、右クリックで「対象をファイルに保存」を
選んでダウンロード・保存して下さい。

英文半角350words 以内で、目的、方法、結果、結論の順に簡潔に抄録をまとめてください。

※症例報告を含む論文及び学会発表における患者さんのプライバシー保護について

患者さんのプライバシー保護のため、患者さんが特定される情報は抄録集に掲載できません。

抄録作成にあたって十分ご配慮ください。

【演題受領通知】

E-mailにて演題受領の返信をさせていただきますので、内容をご確認ください。

【演題採否通知】

演題採否は、2月上旬頃に演題応募時のE-mailアドレス宛てに通知いたします。



学 会 奨 励 賞

【授賞対象】

微小循環研究の進歩に寄与する優れた研究を発表し、将来が期待される若手研究者

【応募者資格】

本学会総会において一般演題を発表する本学会会員 (原則:総会当日40歳以下)

【選考】

学会総会開催期間内に応募者によるセッションを行う。

【表彰】

賞状および副賞を授与する。授賞式は総会中の懇親会にて行う。

【応募方法】

応募先 jsmic42.toyama.2017@gmail.com
応募メール件名 JSMICRO2017 学会奨励賞応募
添付書類
  • 抄録 (入力フォーム→  (一般演題、学会奨励賞共通です。)
  • アイコンをダブルクリックして開くか、右クリックで「対象をファイルに保存」を
  • 選んでダウンロード・保存して下さい。))英文半角350words 以内で、目的、方法、結果、結論の順に簡潔に抄録をまとめてください。
  • 抄録に加えて略歴と過去5年間の主要原著論文(英文、和文)のリスト(形式は自由)を添付してください。

※症例報告を含む論文及び学会発表における患者さんのプライバシー保護について

患者さんのプライバシー保護のため、患者さんが特定される情報は抄録集に掲載できません。

抄録作成にあたって十分ご配慮ください。

【演題受領通知】

E-mailにて演題受領の返信をさせていただきますので、内容をご確認ください。

【演題発表についての通知】

2月上旬頃に演題応募時のE-mailアドレス宛てに通知いたします。


シンポジウム演題(公募分)        

【応募内容および応募資格】

北里大学 馬嶋正隆先生が企画するシンポジウム(1)「炎症•がんと脈管反応」は司会が馬嶋正隆先生と北里大学 中村正彦先生、シンポジストが防衛医科大学 穂苅量太先生、北里大学 伊藤義也先生、慶応大学 久保田義顕先生、北里大学薬学部 中村正彦先生が指定されております。そのほかにシンポジスト1~2名程度を公募いたします。

慶応大学 鈴木秀和先生が企画するシンポジウム(2)「消化器と微小循環:消化管粘膜傷害、虚血、出血、消化管運動の面から」は司会が慶応大学 鈴木秀和先生と京都府立医科大学 内藤裕二先生、シンポジストは大阪市立大 渡辺俊雄先生、京都府立医科大学 高木智久先生、北里大学 中村正彦先生、ツムラ研究所 最上祥子先生が指定されております。そのほかにシンポジスト2名程度を公募いたします。

応募者は原則日本微小循環学会会員ですが、今回の学会に限り日本リンパ学会の会員の方の応募も受け付けます。どちらの学会も未入会の方は、学会ホームページ より本学会ご入会ください。また、日本リンパ学会の会員で、本学会未入会の方は必須ではありませんがこれを機会としてなるべく本学会にも入会して頂けると嬉しいです。

【演題申込方法】

下記よりワードファイルの抄録入力フォームをダウンロードし、ご応募ください。
応募先 jsmic42.toyama.2017@gmail.com
応募メール件名 JSMICRO2017 公募シンポジウム応募
添付書類 抄録入力フォーム→  (公募シンポジウム用です。)
アイコンをダブルクリックして開くか、右クリックで「対象をファイルに保存」を
選んでダウンロード・保存して下さい。

英文半角350words 以内で、目的、方法、結果、結論の順に簡潔に抄録をまとめてください。

【演題受領通知】

E-mailにて演題受領の返信をさせていただきますので、内容をご確認ください。

【演題採否通知】

演題採否は、2月上旬頃に演題応募時のE-mailアドレス宛てに通知いたします。



お問い合わせ

第42回日本微小循環学会 運営事務局

高岡市民病院検査部内

〒933-8550
富山県高岡市宝町4番1号 
Tel.0766-23-0204(内線 2256)/Fax.0766-23-9458
E-mail:jsmic42.toyama.2017@gmail.com

岡田英吉                                              back to




Copyright © 2016, The 42nd Annual Meeting of Japanese Society for Microcirculation. All rights reserved.
                                                    
HOME
リンク
宿泊案内
参加案内
会場案内
プログラム
開催概要
会長挨拶