『心の声』(アクセスごとに変わります)

いろんな医療者の気持ち

看護師を目指して学生しながら病院で助手をしてた時、
「車椅子押して」とあなたは言った。
私はあなたのためを思って
「車椅子自分でこいでくださいね」と声をかけたら
「それでも看護婦か!!」と怒鳴られましたね。
そのときから、優しさって何だろうと我に返りました。
今でもその答えは見つかっていません。
本当は車椅子押してあげたかったんです…。

そら。(20代・女性 看護学生)― 第5集より

What's news

【7/20】
短文の投稿を開始いたしました。
(市内の各病院へポスター、リーフレットを送付)

【10/23】
全ての短文投稿期間の締め切りとなりました。たくさんの投稿ありがとうございました。

インターネットから作品集(有料版)が買えます。

アマゾンから購入できます。

アクセスカウンター&RSS&お問い合わせ

下のアドレスをRSSリーダーに登録していただくと、このページの最新情報をご
覧いただけます。
http://plaza.umin.ac.jp/~kimochi/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?action=RSS

お問い合わせ

企画に関するお問い合わせはkimochiproject@yahoo.co.jpまで

〒889-1692
宮崎県宮崎市清武町木原5200番地 
宮崎大学医学部学生支援課気付
「気持ち企画」事務局